SCSI籠を必ずしも使用せずに
SCSI HDDを内蔵させる方法


SCSI籠を必ずしも使用せずに,PC-9801FA/FS/FXとMATE-AにSCSI HDDを内蔵させる方法はいくつか考えられますが,ここではそのうち二つについて述べます.


■CバスSCSIボードを使用する場合
一つ目は,SC-98IIIP等のCバスSCSIボードに50ピンフラットケーブル接続用のオスコネクタを増設して(注1)利用する方法です(ここ を参照).この場合には,PC-9821A-E10などの専用SCSI I/Fは必要ありません.フラットケーブルの通し方を工夫すれば,HDDはHDD専用ベイやファイルスロット内部(注2)に取り付けられます(ファイルスロットFDDユニットの製作NEC製PCカードスロット増設アダプタ も参照).なおこの場合,HDDのターミネータを有効にしておく必要があります(注3・4).
 注1:CバスSCSIボードの外部コネクタに接続したSCSIケーブルをPC本体に引き入れ,50ピンフラットケーブルに変換することも可能ですが,この場合は引き入れる場所を工夫する必要があります.例えばSC-98IIIP等であれば,ブラケット(Cバスボード背面の金属板)にあるセカンドバスボードの外部コネクタ用に用意されている開口部が利用できます.他に,SCSIボードのブラケット自体を取り外し,空いたCバススロット開口部から引き入れる,SCSIボードを上から二段目のスロットに装着し,最上段のスロットの開口部から引き入れる,SCSI専用スロット開口部から引き入れる(SCSI専用スロットと電源ユニットの間の金属板を取り外す必要があります)といった方法も可能です.工作の見映えを重視する場合には,各々の開口部に,50ピンフラットケーブルが接続されている(あるいはそれに接続できる50ピンオスコネクタを持つケーブルが接続されている)アンフェノールハーフ/フルピッチ50ピンコネクタ(注1.1)を取り付け,それとCバスSCSI I/Fの外部コネクタとを外付け用SCSIケーブルで接続するなどすればよいでしょう.
   注1.1:メーカーや型番は確認していませんが,こういった製品も市販されていました.但し現在における入手性については不明です.
 注2:3.5インチFDDモデル・5インチFDDモデルとも,ファイルスロットの天井とファイルスロットバックボード上部との間の隙間から,50ピンフラットケーブルをファイルスロット内部に通すことが可能です(Afについては不明).但しPC本体を分解し,ファイルスロットのあるフレームからファイルスロットバックパネルを一旦取り外す必要がある場合があります.
 注3:50ピンフラットケーブルの先端のコネクタに取り付けるタイプのターミネータを使用してもよいのですが,現在は入手しにくく,入手できたとしても,多くの場合かなり価格の高いものになるだろうと思います.
 注4:HDD専用ベイのSCSI HDDに接続した後,50ピンフラットケーブルをさらにファイルスロット内部に引き入れて別なSCSI機器に接続するということも,全く不可能ではないと思いますが,筆者は試していません(注4.1).この場合はファイルスロット内部等に設置したSCSI機器のターミネータを有効にします.
   注4.1:わくわくWANILAND --> PC-98改造記録 --> PC-9821Ae改造 で,ファイルスロットを加工してSCSI CD-ROMドライブを内蔵する工作が報告されていますが,HDD専用ベイに内蔵されているHDDはIDE接続のものであり,CバスSCSI I/Fに接続されているSCSI機器はCD-ROMドライブだけです.

この方法でHDD専用ベイにSCSI HDDを取り付けてみました.HDDの固定用金具としては,SCSI籠やIDE籠のシャーシを利用するのが簡単です.今回はSCSI籠であるPC-9801FA-37を使いました.この場合,HDD用の電源をカードエッジ基板以外,例えばCバスバックボードの裏(注1)などから取れば,カードエッジ基板は不要です(注2).
 注1:Cバス端子のB21・B22が+12V,A49・A50・B49・B50が+5V,A1・A11・A21・A31・A41・B1・B11・B21・B31・B41がGNDです.またPC-9821Ap3/As3のファイルベイモデル,またファイルベイアダプタを装着したAp3/As3などでは,5インチFDD電源ケーブル接続用コネクタからHDD用の電源が取れます(を参照).
 注2:電源供給用にカードエッジ基板を新たに作成してもよいでしょう.この場合,端子が60本揃っている必要はなく,電源端子とGND端子(FILEINO端子もあったほうがよいでしょう)があれば十分ですが,LEDカソード端子(アクセスランプ用の端子.HDDのLED接続用コネクタと結線する必要あり)もあった方がよいでしょう.GND端子は1個だけでなく,複数個にして下さい.何らかの基板から切り出す場合には,不必要な端子はパターンカットするか,端子自体を削り取るとよいでしょう.

今回はカードエッジ基板からHDDの電源を取ることにしたため,カードエッジ基板がついたままのSCSI籠を使いました.カードエッジ基板のSCSIケーブルは使用せず,HDDには別に用意した50ピンフラットSCSIケーブル(特性不明の50ピンフラットケーブルでなく,きちんとしたSCSIケーブル)を接続します.SCSI籠は蓋の部分を取り外します.フラットケーブルを取り付けた状態です.


CバスSCSI I/FにはSC-98IIIPを使用しました.SCSI I/Fにフラットケーブルを接続し,PC本体に組み込んだ様子です.


画像左はAp/U2の場合です.この機種(AsとAeでも同じでしょう)では,フラットケーブルをCバスボックスの天井とCバスバックボード上部との隙間からしかCバスボックスの外に出すことができません.また画像中央はAs3/C8Wの場合であり,PC-9821A2-E02用に用意されているCバスボックス天井の小さな開口部からしか,フラットケーブルをCバスボックスの外に引き出せません(Ap2/As2/An/Ap3でも同じ).またいずれの場合もSCSI I/FはCバス最上段のスロットに装着しなければ,フラットケーブルをCバスボックスの外に引き出すことができません.またAs2等では垂直方向のスペースの関係で,SCSI I/Fに増設する50ピンオスコネクタには,ピンが上向きでなく横向きとなったL字型のコネクタを選択しなければ,ケーブルとI/Fの取り付けに非常に難渋することになってしまいます.また画像右はFA/U2ですが,この機種(FSとFXでも同じでしょう)では,MATE-Aに比べてCバスボックスからのフラットケーブルの引き出しが行いやすい構造をしています.なお今回は,継続して使用するつもりもなかったため,フラットケーブルとしてメルコ製のPCI SCSI I/FであるIFC-USLPに同梱されていた90cmのものを使いましたが,この工作を行う上では明らかに長すぎます.フラットケーブルを新規に入手する場合には,もっと短いもので十分です.なお今回はフラットケーブルの一部を折り重ねましたが,このようにするとノイズの影響が大きくなるとも言います(PC-9821/9801スレッド Part80の801-806番の投稿を参照).

SCSIフラットケーブルは50本ものケーブルが横並びに融着されているため,しなやかに曲げたり丸めたりすることが難しく,あまり扱いやすいものではありません.取り付けの際にはこの点に注意して下さい.またPC本体のフレームは切断面の縁が処理されておらず,鋭いままであり,ケーブルの被覆を傷つけやすいため,これを防ぐための養生が必要です.また作業時にはこの縁で手を切ったりしないように(割に深く切れることがあります)十分気を付けて下さい.


■Ap3/As3のファイルベイモデルの場合
二つ目は,PC-9821Ap3/As3のファイルベイモデル,およびこれらの機種のファイルスロットモデルでPC-9821A3-E01(ファイルベイアダプタ)を装着したもの限定となりますが,ファイルベイに装備されているのSCSIコネクタを利用するというものです.この場合は基本的にPC-9821A-E10などが必要となります.

下はPC-9821As3/C8Wのファイルベイバックボード(G8SPV A3・)で,これは5インチFDD電源ケーブル接続用コネクタがパターンのみである点を除けば,PC-9821A3-E01(ファイルベイアダプタ)と同等です.


 A = ファルベイ機器用電源ケーブル用コネクタ
 B = 5インチFDD用電源ケーブル用コネクタ(パターンのみ)
 C = ファルベイ機器用IDEケーブル用コネクタ
 D = 内蔵FDD用ケーブル接続用コネクタ
 E = ファルベイ機器用SCSIケーブル用コネクタ
 F = オーディオケーブル用コネクタ
※AとBは+5V/+12V出力ピンが通常のコネクタと逆になっています(+5Vと+12Vのピンが通常とは逆の内蔵機器用電源ケーブルを参照).


なおIDE籠のカードエッジ基板はバッファIC,集合抵抗,チップコンデンサが載った配線板であり,実際に結線の状態も調べてありますが,カードエッジ部分の作成が容易でないため資料は公開していません.IDE籠のカードエッジの端には他の箇所よりピンの間隔が狭くなっているところがあり(SCSI籠とIDE籠のカードエッジ基板の違い の画像ではカードエッジの右端の4本のピン),このためCバスボードのカードエッジ部分を単に削るなどしただけでは相当品を作成することはできません.

トップページ