SCSI籠のカードエッジ基板のピンアサイン



PC-9801FA/FS/FXやMATE-AのHDD専用ベイやファイルスロットにSCSI HDDを内蔵させるにはいわゆるSCSI籠が用いられます[下はPC-9801FA-37のケースの内部の様子.アクセスLED用ケーブル(基板最下部の2ピンコネクタに接続)は欠けています].


このSCSI籠の基板はカードエッジを持つ単なる配線板です.下はPC-9801FA-37のカードエッジ基板G8LDBです.


G8LDBのカードエッジコネクタのピンアサインです.カードエッジコネクタのピン番号は,正立方向のSCSI籠において内蔵HDDを左,基板を右に見た場合,上から順に1, 3, 5・・・・・55, 57, 59,また逆に見た場合,上から2, 4, 6・・・・・56, 58, 60と定義します.なおカードエッジ基板の寸法については各社製SCSI籠・IDE籠のカードエッジ基板の形状と寸法を参照して下さい.


小高輝真 (1993). PC-9801FAに富士通M2624FA 520MバイトHDDを内蔵する 98パワーアップ改造名人 技術評論社 pp.169-175. によれば,49番ピンの信号名はFILINO(*)といい,これが(本体側で)GNDに接続されているとPC-9801FAの空冷ファンの風量が増加するということです.
 *CoralテクニカルシリーズNo.7 PC-9800データブック1 ――メモリカード・拡張カードスロット・ファイルスロット編―― コーラル(1992年刊) ではFILEINOという表記になっています(ファイルスロットSCSIコネクタのピンアサイン を参照).

SCSIコネクタの奇数番ピンは,NCである23番ピンを除いた他のピンはすべてGNDに接続されています.

一方,サードパーティ製品ではピンアサインが一部異なります.まずLogitec製LHA-S120HPでは,23と49がNCとなっています.また日本TEXA製TR-FA240では20, 22, 24, 28, 30, 34がGNDとなっています.上記の書籍の記事では,富士通M2624FAのSCSIコネクタの23, 24, 25, 27, 28がNC,1, 3, 5, 7, 9, 11, 13, 15, 17, 19, 20, 21, 22, 29, 30, 31, 33, 34, 35, 37, 39, 41, 43, 45, 47, 49がGNDとなっています.

この基板のカードエッジは,Cバスボードなどのものより端子の長さは短く幅が広くなっています(ただしLHA-S120HPでは,Cバスボードのものと同じ幅となっています).しかしピンの間隔はCバスボードのものと同じですので,不要なCバスボードからカードエッジ部分を切り出して加工すればこの基板と機能的に同等のものが作れるはずと考え,実際に試作してみました.試作品ですので基板のネジ留めは考慮しておらず,また半田づけした部分もむき出しのままとなっています.またPC-9801FA-37では電源ケーブルはカードエッジ基板の上側寄りに設置されていますが,この試作品では下寄りに設置しました.アクセスLED用のケーブルも取り付けておりません.結論ですが,このような乱暴な工作品でもPC-9821Ap2+PC-9821A-E10+IBM DPES-31080できちんと動作します.なお画像中のオレンジ色のものは単なるコードです.


Cバスボードのカードエッジ部にはデザインが何種類かありますので,基板上のパターンを利用できるものを選ぶと作業が楽です.下の画像の上二つのカードエッジでは,エッジのパターンから信号が基板上に引き出されているためケーブルの半田付けが容易です.一番下のようなカードエッジはこの種の工作用としてはおすすめできません.



Cバスボードを使っての工作の際には,基板上のパターンカットや追加配線が必要となります.また電源やGNDはカードエッジの端から直接引いてくるとよいと思います.なおCバス籠のバックボード(Cバスボードを挿すコネクタのついた基板)のエッジ部分も,カードエッジコネクタのパタンが全部揃っており,スルーホールもついています.なおCバスボードには多層基板のものがあるようですのでご注意下さい.

SCSI籠のカードエッジ基板はIDE籠のものと交換しても使えることが知られています.PC-9801FA-35/37などでは,内蔵されているドライブのネジ穴が現行の規格のものと異なるため,ドライブの換装にあたってはカードエッジ基板をIDE籠に移すことも行われていました.なおPC-9801FA-35/37ではカードエッジ基板がそのままでも2箇所だけならドライブをネジで固定できます(SCSI籠とIDE籠のカードエッジ基板の違い参照).


SCSI籠を使用せずにSCSI HDDを内蔵させる方法は2つあります.
 1つ目は,SC-98IIIP等のCバスSCSIボードに50ピンフラットケーブル接続用のコネクタを増設して利用する方法です.この場合HDDを設置する場所を工夫する必要があります.IDE籠があればそれを利用するのが簡単でしょう.この場合PC-9821A-E10などの専用SCSI I/Fは必要ありません.
 2つ目はPC-9821As3/Ap3のファイルベイモデル,およびこれらの機種のファイルスロットモデルでPC-9821A3-E01(ファイルベイアダプタ)を装着したもの限定となりますが,ファイルベイに装備されているのSCSIコネクタを利用するというものです.この場合は基本的にPC-9821A-E10などが必要となります.

下はPC-9821As3/C8Wのファイルベイバックボード(G8SPV A3・)で,これは5インチFDD電源ケーブル接続用コネクタがパターンのみである点を除けば,PC-9821A3-E01(ファイルベイアダプタ)と同等です.


 A = ファルベイ機器用電源ケーブル用コネクタ
 B = 5インチFDD用電源ケーブル用コネクタ(パターンのみ)
 C = ファルベイ機器用IDEケーブル用コネクタ
 D = 内蔵FDD用ケーブル接続用コネクタ
 E = ファルベイ機器用SCSIケーブル用コネクタ
 F = オーディオケーブル用コネクタ
※AとBは+5V/+12V出力ピンが通常のコネクタと逆になっています(+5Vと+12Vのピンが通常とは逆の内蔵機器用電源ケーブルを参照).


なおIDE籠のカードエッジ基板はバッファIC,集合抵抗,チップコンデンサが載った配線板であり,実際に結線の状態も調べてありますが,カードエッジ部分の作成が容易でないため資料は公開していません.IDE籠のカードエッジの端には他の箇所よりピンの間隔が狭くなっているところがあり(SCSI籠とIDE籠のカードエッジ基板の違い の画像ではカードエッジの右端の4本のピン),このためCバスボードのカードエッジ部分を単に削るなどしただけでは相当品を作成することはできません.