TSUKUMO製外付けFDD用ケーブルの36ピンコネクタ


各社FDD修理いたします/FD1238T/FD-235GF というブログ(閉鎖されました)の2015年3月17日の記事,"TSUKUMOの98用外付けFDD 36ピン端子ピンアサイン" に,TSUKUMO製の外付けFDDの取扱説明書中で付属ケーブルの外付けFDD側の36ピンコネクタのピンアサインに関する記述のある箇所を撮影した画像が掲載されていました. この資料に基づき36ピンコネクタの各ピンの信号の推定を行いました.表中に記載された信号方向は外付けFDD側からみたものです.


14番ピンの "D2" と17番ピンの "D1" の二つの信号(いずれも外付けFDDからPC本体へと送られる信号)の正体が不明です.ドライブごとの何らかの独自信号と思われます.またいくつかの信号の方向には疑問があるようにも思われます.

PC本体の1MB FDD I/Fの50ピンコネクタはDensity信号ピンを持たないので,外付けFDD側のコネクタにHIGH(恐らくHigh Density)信号ピン(19番ピン)が用意されているということから,このケーブルとセットになっていた外付けFDDは,デバイスドライバによって少なくとも2モード動作させることが可能な製品であったと推測されます.しかしこのケーブルとセットになっていた外付けFDDが具体的にどのようなものであったかは,この資料だけからは十分明らかにできません.14番ピンと17番ピンは,例えばデバイスドライバによる3モード動作に必要な信号のピンかとも考えましたが,通常の360/300信号はFDDに入力する信号であるため,この推測には無理がありそうです.

PC本体の1MB FDD I/Fの50ピンコネクタの18・20・22番ピンはNCということになっていますが,14・17番ピンと18番ピンは,これら三つのピンを介して本体と接続されているのかもしれません.


トップページ