CITIZEN製OSDE-15G-Uについて


試運転さん,かかっくんさん,まりもさんに情報をいただきました.

PC-9821Ce2/Cs2/Cx(現物を確認してはいませんが,恐らくCbとCfも)の内蔵3.5インチFDDであるCITIZEN製OSDE-15G-U(注1)は,FD1231Tと,@DX設定はジャンパスイッチでなくスライドスイッチにより行う(FDDのドライブ番号の設定方法 を参照),A信号コネクタ部分の切り欠きが上向きでなく下向きである(ただしFDDケーブルのコネクタは突起が上になるように接続します),Bアクセスランプ(LED)の色と位置が異なる,といった違いがありますが(注2),C信号コネクタのピンアサインも一部異なり,PC−9821 FDDのページ --> 資料室 --> 特殊なFDD…98Multiの一部機種内蔵のFDD によれば,3番ピンがGNDとなっています(注3)

Ce2用の内蔵FDDケーブルでも,1台目FDD接続用コネクタの3番ピンが抜かれています.またPC-9821C2-E01に付属しているケーブルでは,1台目FDD接続用コネクタと2台目FDD接続用コネクタの間で1番ラインがカットされ,3番ラインが2台目FDD接続用コネクタの1番ピンに接続されています.従ってOSDE-15G-Uを内蔵している機種では,Cバスバックボード上の内蔵FDDケーブル接続用コネクタの1番ピンと3番ピンの信号は,順に360/300 0信号と360/300 1信号と推定されます.

以上から,OSDE-15G-Uの信号は,3番ピンがGNDであることを除いてFD1231Tと同じと断定してよいでしょう.

実際に,3番ピンをマザーボードと接続せずにFD1231Tの代替FDDとして使用できているとの報告があります(リサイクル掲示板2018年2月過去ログ の 汎用スレッド2019年4月 パート1 を参照).またどるこむの過去ログ, [20453] FDDについて・・・ および Xa7のFDD にはPC-9821Xa12で使用できているとの報告がありますが,これは内蔵FDDが1台の場合でしょう.この場合,マザーボードの内蔵FDDケーブル接続用コネクタの3番ピン(360/300 DRV 1信号)がGNDに接続されますが,オープンコレクタ出力である上,内蔵FDDが1台のみの場合にはこの信号は出力されないでしょうから,問題は出ないのでしょう.また前者の過去ログには,(本体機種は不明ですが,スレッドの内容から本来FD1231Tを内蔵しているMATE-X等でしょう)OSDE-15G-Uを1台目のFDDとした場合,2台目のFDDとして接続されたOSDE-15G-UないしFD1231Tがメディアを認識しなくなるとの報告もあります.これは,マザーボードの内蔵FDDケーブル接続用コネクタの3番ピンが1台目のOSDE-15G-Uの3番ピン(GND)に接続されるため,2台目のFDDの1番ピンに360/300 1信号が入力せず,2台目のFDDが正常動作しなくなるためでしょう.


 注1:OSDE-15G-UにはトップカバーのラベルにOSDE-15G-Uの文字列がありますが,OSD-uとあるもののうち,トップカバーの背面側のシール(信号コネクタの上に位置)にE15Gの文字列があるもの[イジェクトボタンはOSDE-15G-Uと同様楕円型(小判型)]も同等品として使用できます(OSDE-15G-Uの背面側のシールにもE15Gとあります).なおトップカバーのラベルにOSD-uとあるFDDには,他に,PC-98用FD1231Tと互換性のあるE26Jと,PC/AT互換機用のFDDであるE04JおよびE24Kが存在することが確認されています(HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_1 PC-9821・9801・PC98-NX・PC/AT互換機用3.5インチFDDの互換性一覧表 を参照).
 注2:HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_1 PC-9821・9801・PC98-NX・PC/AT互換機用3.5インチFDDの互換性一覧表 によれば,イジェクトボタンの位置とその形状も異なるとのことですが,まりもさんによる実物の画像とパソコンコンビニエンスMURAOKAの商品画像に基づいて判断する限り(リサイクル掲示板2018年2月過去ログ の BX4とかK08とか スレッドを参照),OSDE-15G-Uは,楕円ボタンのOSD-uとイジェクトボタンの位置と形状が等しく,角ボタンのFD1231Tとイジェクトボタン固定用の金具の穴の位置と形状が等しく,またイジェクトボタンの右端の位置がFD1231Tの角ボタンの右端の位置と等しいように見えます.


 注3:MULTi/CanBe用のNEC製1MB FDD I/Fには,PC-9821C2-E02(1994年1月27日発売)とPC-9821CX2-E02(1995年6月22日発売)の二種類があります.121WAREの商品説明では,前者の対応機種については記載がなく,後者の対応機種はPC-9821Cx2のみが挙げられていますが,Logitec製1MB FDD I/FであるLFA-19の対応機種は,ユーザーズマニュアル(1998年10月改訂版)によれば,"Dタイプ" の本体では,PC-9821Ce2/Cs2/Cx/Cf,およびPC-9821Cx2/Cx3/Cx13となっています.Ce2/Cs2/Cx/CfのFDDはOSDE-15G-Uであり(Cfについては現物を未確認です),Cx2/Cx3/Cx13のFDDはFD1231Tということから,PC-9821C2-E02の対応機種はCe2/Cs2/Cx/Cf,またPC-9821CX2-E02対応機種はCx2/Cx3/Cx13と考えられます.
 しかし両I/F間にどのような差異があるか,筆者には全く見当がつきません.
 OSDE-15G-U内蔵機種,FD1231T内蔵機種とも,Cバスバックボード上のFDDケーブルコネクタの1ピンは360/300 0信号で,3ピンは360/300 1信号で同じはずです.またLFA-19の "Dタイプ" 用ケーブルは,どちらのFDDを内蔵した機種でも共通で,かつ全結線となっています.従って両I/Fで34ピンコネクタ,および12ピンコネクタまわりに違いがあるとは考えられません.
 またOSDE-15G-Uでは3ピンがGND,FD1231Tでは3ピンがNCという違いがありますが,この違いには,FDDに直接接続するコネクタ部分で対処できますので(内蔵FDDが1台の場合,3ピンに信号ラインが繋がらないようにすれば,両FDDとも同じケーブルで使用できるはずです),I/F上の34ピンコネクタに何らかの違いを設ける必要はありません.
 またHAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_9 PC-9821/9801シリーズ用フロッピィディスクドライブインターフェイスボードとその付属品について に掲載されている両I/Fの画像を調整して重ね合わせると,I/F上の34ピンおよび12ピンコネクタの位置はまず同じと見てよいことがわかります.従って,Ce2/Cs2/Cx/CfとCx2/Cx3/Cx13で,内蔵FDDケーブルの長さに(あるとしても)大きな差があるとも考えられません.さらに上記の FDD_9 PC-9821/9801シリーズ用フロッピィディスクドライブインターフェイスボードとその付属品について の記事によれば,PC-9821C2-E02,PC-9821CX2-E02とも,34ピン・12ピンケーブルとも長さは60mmとなっています(これらの値はコネクタ部分の長さを含んだものと考えられます).またLogitec製のLFA-19の34ピンケーブルは60mmで,12ピンケーブルは65mmです.従ってケーブルの長さが二種類のI/Fで異なっているわけでもないと判断できます.
 なお両I/Fでは12ピンコネクタ付近のパターンが若干違っていますが,これもI/Fが二種類必要となることの理由とは考えられません.

なお本FDDに制御基板上の面実装型の電解コンデンサは2個(16V-22μF,25V-33μF)であり,交換時には,取り付け方を工夫すればラジアルリード型(基板貫通型)のものも使用可能とのことです.


トップページ