640KB-1.2MBハードウェア切換ボードについて


1MB FDD I/Fに接続された外付けFDDでは,通常2HD(1.2MB)メディアの読み書き(システムの起動を含む)しかできず,2DD(640KB,720KB)メディアの読み書きを行うためには,

(1) 製品に添付されていた専用のデバイスドライバを使用する(この方法に対応している外付けFDDには,データ読み書き時に2HD/2DDを自動判別して動作するタイプと,2HD/2DD切換スイッチを手動で操作する必要のあるタイプとがあります)
(2) フリーのデバイスドライバを使用する(外付け3.5インチFDDユニット ― フリー720KB/1.44MBドライバ動作試験結果を参照)
(3) 外付けFDDにDensity信号ラインを結線する(5インチFDD内部増設用ケーブルVFOありFDDの外付け化1MB FDD I/Fの製作を参照)

といった方法がありますが,さらに(4)として,

(4) 本体の拡張スロットに640KB-1.2MBハードウェア切換ボード(HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_26 640KB-1.2MBハードウェア切換ボード を参照)を増設し,外付けFDDのケース背面のミニジャックを,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックと接続する
 [640KB-1.2MBハードウェア切換ボードが添付されていた外付けFDDでは,ケース背面にミニジャックが用意されており(これは中身のドライブのDensity信号ピンと結線されています),これと640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックとを,両端にモノラルミニプラグのついたケーブル(両端にステレオミニプラグのついたケーブルでも構いません)で接続します.これは640KB-1.2MBハードウェア切換ボード上のミニジャックにこのボードにより生成された,内蔵FDDのものと等価なDensity信号が出ているためです]

という方法もあります.
※コンピュータリサーチ(CRC)は自社製の640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを「コントロールボード」,両端にモノラルミニプラグのついたケーブルを「コントロールケーブル」と呼称していました.

(4) の方法ではCバススロットが一基占有されてしまいますが,古い機種では,(1)−(3)の方法にはない,外付けFDDにセットされた2DDメディアからシステムを起動させられるという利点があります.なお,外付けFDDのDensity端子を,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックでなく,内蔵FDDのDensity端子と接続した場合にも2DDメディアからのシステム起動は可能です.
 PC-9801US/FAとPC-9821Ap2の一部では,システムセットアップメニューのFDDの設定[640K,1M,自動(640K),自動(1M)]の如何にかかわりなく,またPC-9821ApとPC-9821Ap2の一部では640Kと自動(640K)の設定で2DDメディアからのシステム起動が可能でした.しかしPC-9801BX3/BX4,PC-9821As3/Xsでは,設定内容により挙動は異なるものの,どの設定でも2DD起動はできませんでした(システム起動後のデータの読み書きは640K以外の設定で可能でした.なお640Kの設定では外付けFDD自体が認識されません).
 またPCIスロットを持つ機種では起動は不可能です.これは流星V200とXv13/W16で実際に確認しました.

 ※1. 筆者はメーカー不明なAC002とACCEL製のAPC-035では2DDメディアからのシステム起動が可能であることを確認していますが,どの640KB-1.2MBハードウェア切換ボードてもそうなのかは不明です.なおこれらのボードでは,ボード上にある白いコネクタを外すと2DDメディアからのシステム起動ができなくなります(この場合でも内蔵ドライブからシステムを起動した後の2DDメディアの読み書きはできます.ただしシステムセットアップメニューのFDDの設定が640Kの場合は外付けFDD事態が認識されなくなります).
 ※2. PC-9821ApとPC-9821Ap2では,システムセットアップメニューのFDDの項を上記と同じに設定すれば,ファイルスロットFDDでも,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードをCバススロットに装着するだけで2DDメディアからのシステム起動が可能でした(勿論システム起動後の2DDメディアの読み書きも可能でした).またPC-9801FA/FS/FXの頃に発売されたファイルスロットFDDであるα DATA製AD-F35FA(内蔵されているFDDはFD1138C)では,ファイルスロットFDD用44ピンコネクタに接続するカードエッジコネクタに加え,同じファイルスロットバックボード上の100ピンコネクタ(ここにはCバスの信号のほとんどが来ています)に接続する小基板(これには640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのものと同等のPALが載っています)を備えており,やはり2DDメディアからのシステム起動が可能となっています.
 ※4. 640KB-1.2MBハードウェア切換ボード使用時に外付けFDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動が可能な機種では,ファイルスロットFDD用のfslot2ddなどを組み込むことなしに2DDメディアをフォーマットすることが可能です.
 ※4. 640KB-1.2MBハードウェア切換ボードには,上のHAMLIN's PAGEに掲載されているものの他に,丸興工業のロゴのある製品(型番は不明)の存在を確認しています.
 ※5. Density信号を生成するだけの回路(2DDメディアからのシステム起動を可能にする回路ではありません)は,わぴこのほーむぺーじの日記 --> 鼻血(2008年9月 29日の記事) で公開されています.
 ※6. 640KB-1.2MBハードウェア切換ボードは,以前は中古市場でよく見かけ,正体不明のボード,あるいはいかにも商品価値の乏しそうなボードとしてジャンク屋の店頭などではタダ同然で入手できたものですが,最近はほとんど見かけなくなり,またPC-98関連商品の払底のためか,このボードの正体が広く知られるようになったためかわかりませんが,売られている場合にも結構な価格がつけられていることが多いようです.
 ※7. 640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを使用せずに,2モード切替の外付け(扱いの)FDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動を可能にするソフトウェアが開発されました[PC-9821およびDOS/VソフトウェアのページEXT2DDBT (IPLware)].対応機種は,PCIバスのない機種では恐らくAn以降(An/Ap3/As3/BX3/BA3およびこれらに相当するアーキテクチャの機種)およびPCIバス搭載のintel chipset機(初代Xa/Xt/Xf/St15/St20を除く)とRCC/Server Works chipset機(RvII26/RsII26)とのことです.

なおFD1155Dを内蔵(外部1MB FDD接続用コネクタ部分から信号を引き出しており,電気的には外付けFDDにDensity信号ラインを接続したものと等価)した筆者のPC-586RXでは,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを使用しなくても2DDメディアからのシステム起動が可能ですが,理由は不明です(PC-586RXに5インチFDDを内蔵を参照).