640KB-1.2MBハードウェア切換ボードについて


1MB FDD I/Fに接続された外付けFDDでは,通常2HD(1.2MB)メディアの読み書き(システムの起動を含む)しかできず,2DD(640KB,720KB)メディアの読み書きを行うためには,

 (1) 製品に添付されていた専用のデバイスドライバを使用する(この方法に対応している外付けFDDには,データ読み書き時に2HD/2DDを自動判別して動作するタイプと,2HD/2DD切換スイッチを手動で操作する必要のあるタイプとがあります)
 (2) フリーのデバイスドライバを使用する(外付け3.5インチFDDユニット ― フリー720KB/1.44MBドライバ動作試験結果を参照)
 (3) 外付けFDDにDensity信号ラインを結線する(5インチFDD内部増設用ケーブルVFOありFDDの外付け化1MB FDD I/Fの製作を参照.また下の "※5" も参照)

といった方法がありますが,さらに(4)として,

 (4) 本体の拡張スロットに640KB-1.2MBハードウェア切換ボード(HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_26 640KB-1.2MBハードウェア切換ボード を参照.なお本ボードは同記事では "640KB-1.2MB自動検出ボード" とも呼ばれています)を増設し,外付けFDDのケース背面のミニジャックを,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックと接続する
 [640KB-1.2MBハードウェア切換ボードが添付されていた外付けFDDでは,ケース背面にミニジャックが用意されており(これは中身のドライブのDensity信号ピンと結線されています),これと640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックとを,両端にモノラルミニプラグのついたケーブル(両端にステレオミニプラグのついたケーブルでも構いません)で接続します.これは640KB-1.2MBハードウェア切換ボード上のミニジャックに,このボードにより生成された内蔵FDDのものと等価なDensity信号が出ているためなのでしょう]

という方法もあります.
 ※コンピュータリサーチ(CRC)は,自社製の640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを "コントロールボード" ,両端にモノラルミニプラグのついたケーブルを "コントロールケーブル" と呼称していました.

(4) の方法ではCバススロットが一基占有されてしまいますが,古い機種では,(1)−(3)の方法にはない,外付けFDDにセットされた2DDメディアからシステムを起動させられるという利点があります.なお,外付けFDDのDensity端子を,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックでなく,内蔵FDDのDensity端子と接続した場合にも2DDメディアからのシステム起動は可能です(すなわち,外付けFDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動は,このボードが装着されているだけでは不十分で,このボードのミニジャックからの出力,あるいは内蔵FDDから分岐されたDensity信号が外付けFDDのDensity端子に供給されている必要があります).
 PC-9801US/FAとPC-9821Ap2の一部では,システムセットアップメニューのFDDの設定[640K,1M,自動(640K),自動(1M)]の如何にかかわりなく,またPC-9821ApとPC-9821Ap2の一部では640Kと自動(640K)の設定で2DDメディアからのシステム起動が可能でした.しかしPC-9801BX3/BX4,PC-9821As3/Xsでは,設定内容により挙動は異なるものの,どの設定でも2DD起動はできませんでした(システム起動後のデータの読み書きは640K以外の設定で可能でした.なお640Kの設定では外付けFDD自体が認識されません).
 またPCIスロットを持つ機種では起動は不可能です.これは流星V200とXv13/W16で実際に確認しました.

 ※1.筆者はメーカー不明なAC002とACCEL製のAPC-035では2DDメディアからのシステム起動が可能であることを確認していますが,どの640KB-1.2MBハードウェア切換ボードてもそうなのかは不明です.なおこれらのボードでは,ボード上にある白いコネクタを外すと2DDメディアからのシステム起動ができなくなります(この場合でも内蔵ドライブからシステムを起動した後での2DDメディアの読み書きはできます.ただしシステムセットアップメニューのFDDの設定が640Kの場合は外付けFDD事態が認識されなくなります).

 ※2.PC-9821ApとPC-9821Ap2では,システムセットアップメニューのFDDの項を上記のものと同じに設定すれば,ファイルスロットFDDでも,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードをCバススロットに装着するだけで2DDメディアからのシステム起動が可能でした(勿論システム起動後の2DDメディアの読み書きも可能でした).またPC-9801FA/FS/FXの頃に発売されたファイルスロットFDDであるα DATA製AD-F35FA(内蔵されているFDDはFD1138C)では,ファイルスロットFDD用44ピンコネクタに接続するカードエッジコネクタ(ファイルスロットFDD接続用コネクタのピンアサインPC-FD511Fの内部結線ファイルスロットバックボードのFDDケーブルコネクタ−ファイルスロットFDDコネクタ間結線 を参照)に加え,同じファイルスロットバックボード上の100ピンコネクタ(ここには外部バスマスタ用信号を除きCバスの信号と同じものが来ています.ファイルスロットのフロント拡張用コネクタのピンアサイン を参照)に接続する小基板(RD-0087:これには640KB-1.2MBハードウェア切換ボードに載っているPALと同等あるいは類似の機能を持つと思われるGALが載っています)を備えており,やはり2DDメディアからのシステム起動が可能となっています.下はこの小基板の画像です(筆者所有のものは現在行方不明なため,APさんよりいただいたものを加工しました).


 ※3.640KB-1.2MBハードウェア切換ボード使用時に外付けFDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動が可能な機種では,ファイルスロットFDD用のfslot2ddなどを組み込むことなしに2DDメディアをフォーマットすることが可能です.

 ※4.640KB-1.2MBハードウェア切換ボードには,上のHAMLIN's PAGEに掲載されているものの他に,丸興工業のロゴのある製品(型番は失念)が存在しました.
    追記:RD-0076というボードを確認しました.このボードに実装されているICは,GALが1個の他,74AC240Pと74LS38Pが各1個です.下にヤフーオークションで出品者IDが trgetter,オークションIDが o329284433(2019年11月7日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像を回転したものから切り出して1/3に縮小したものと半分に縮小したものとを併置しjpg形式に再変換)した画像を引用します.


    このRD-0076はどの外付けFDDユニットに付属していたものかは不明です(RDの文字列から推すとR&Dの製品かα DATAの製品かもしれません)が,筆者が以前使用していた丸興工業のロゴのある640KB-1.2MBハードウェア切換ボードの場合,セットになっていた外付けFDDユニット内部のVFO基板にもやはり丸興工業のロゴがありました.

    なおHAMLIN's PAGEに掲載されている640KB-1.2MBハードウェア切換ボード(注)のうち,コンピュータリサーチ製のCPC-FDCCとCPC-FDW REV.Aの2枚は画像がありません.両者の画像を下に示します.CPC-FDCC(画像左)ではヤフーオークションで出品者IDが trgetter,オークションIDが b409461282(2019年8月27日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを,またCPC-FDW(画像右)ではヤフーオークションで出品者IDが mn3452000,オークションIDが v552172251(2018年5月12日に落札)の出品物の説明に使用されていたものをそれぞれ加工(元画像を回転したものから切り出して半分に縮小したものを併置しガンマ補正値を上げてjpg形式に再変換)した画像を引用します.CPC-FDCCに実装されているICは,GAL,74ACT540P,74LS38が各1個です.CPC-FDWに実装されているICは,GALが1個で,それ以外のICが2個(それぞれ14ピンと20ピンのもの.前者はTTL IC)なのはかろうじて確認できますが,元画像が不鮮明であり,またWWW上の本ボードの他の画像からも型番が読み取れないため,それ以上のことは不明です.


    注:メーカー不明のAPC-078Bと型番と基板上の構成が酷似しているAPC-078は,GNDラインが貧弱なためCPC-FDCCなどと比べるとノイズが多いとの報告があります(偽なすかさんの2018年11月5日のツイートを参照).

 ※5.2HD/2DDモード間でI/Oポートの切り替えを行い,Density信号を生成する回路(2DDメディアからのシステム起動も可能にする回路ではありません)は,わぴこのほーむぺーじの日記 --> 鼻血(2008年9月29日の記事・回路図の拡大画像はこちら) で公開されています.

 ※6.640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを使用せずに,2モード切替の外付け(扱いの)FDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動を可能にするフリーソフトウェアが開発されました[PC-9821およびDOS/VソフトウェアのページEXT2DDBT (IPLware)].対応機種は,PCIバスのない機種ではAp/As/Ae/An/Ap3/As3/BX3/BA3(およびこれらに相当するアーキテクチャの機種)およびPCIバス搭載のintel chipset機(初代Xa/Xt/Xf/St15/St20を除く)とRCC/Server Works chipset機(RvII26/RsII26)とのことです.

 ※7.640KB-1.2MBハードウェア切換ボードは,以前は中古市場でよく見かけ,正体不明のボード,あるいは見るからに商品価値の乏しそうなボードとして,ジャンク屋の店頭などでは無料あるいはタダ同然の価格で入手できたものですが,最近は滅多に見かけなくなり,またPC-98関連商品の払底のためか,このボードの正体が広く知られるようになったためなのか明らかではありませんが,インターネットオークションなどで販売されている場合にも結構な価格がつけられていることが多いようです.

 ※8.本ボードは一部のユーザー間でふざけて "のっぺらボード" と呼ばれており,筆者もリサイクル掲示板上で盛んに連発してきましたが,この呼び名の由来を少し調べたところ,命名者は恥ずかしながらどうも筆者であった可能性が出てきました.どるこむのPC-98掲示板・98マニアックス掲示板・エプソン98掲示板の全過去ログ(筆者はパソコンゲーム掲示板とDreamcast掲示板のもの以外,現存するどるこむの全過去ログをダウンロードして手元に置いています)を "のっぺらボード" の文字列を対象にサーチしても,[2077] スルーボードしたい のようなものを除いて一件もヒットしませんでした.このことから,どるこむが運営されていた頃には,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードをこう呼ぶことは,一般のPC-98ユーザーの間では全く行われていなかったことが強く示唆されます.一方,リサイクル掲示板の過去ログを同様にサーチしたところ,同掲示板におけるこの語の初出は,2002年4月28日のHAMLINさんの投稿であり,次が一ヶ月後の2002年5月22日の筆者の投稿でした.そして実は,リサイクル掲示板上で "のっぺらボード" の語が640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを指すものとして初めて使用されたのは後者においてでした.HAMLINさんは,MGA-1064SGを搭載したPC-9821用の専用グラフィックボードであるG8XZTやG8YWBを指してこの語を使用されていました.しかしその際,"通称「のっぺらボード」" という言い方をされています.つまり,2002年4月の時点で,ブラケットに外部コネクタ等のない,従って本体に装着された状態のものを外部から見るとブラケットが "のっぺらぼう状態" のボード,あるいは類似のボードをこのように呼ぶことは広く行われていたのでしょう.口の悪い筆者は,以前は640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを,基板上の部品が極端に少なく,ブラケットにも中央にミニジャックが一つ取り付けられているだけという何とも言いようのない造りであるところから,"脱力ボード" などと呼んでいましたが,HAMLINさんの投稿にあったこの語が,ブラケットと基板上の大半を何もない空間が占めるこのボードの異様な雰囲気にマッチしているように思われたため,こういった下らないことにはすこぶる手の早い筆者は早速その呼び名を拝借したものとみえます(このあたりのことは全く記憶にありませんが,いかにも筆者のやりそうなことではあります).その後リサイクル掲示板などでは,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを指すものとしてのっぺらボードの語が当たり前のように使われるようになりました.それが掲示版外にも広まったのかもしれません.


なおFD1155Dを内蔵(外部1MB FDD接続用コネクタ部分から信号を引き出しており,電気的には外付けFDDにDensity信号ラインを接続したものと等価)した筆者のPC-586RXでは,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを使用しなくても2DDメディアからのシステム起動が可能ですが,理由は調べていません(PC-586RXに5インチFDDを内蔵を参照).


トップページ