VFOありFDDの外付け化

aochanさんとぶぅぶぅさんのご協力を賜りました.

PC-98用の外付けFDDは入手が容易でなくなってしまっています.ここではVFOを内蔵したFDDをPC-98用の外付け2モードFDDとして使用するための方法について説明します.

VFOを内蔵した3.5インチFDDにはFD1135D,FD1137D,FD1138Dなどが,また5インチFDにはFD1155D,FD1157D,FD1158Dがあります.これらのいくつかはPC-98の内蔵FDDとして採用されていました.
これらのFDDの信号コネクタはいずれも34ピンで,ピンアサインは同一です.ただしGNDピンについてはわずかに異なる場合があります(VFOあり2モードFDDのGNDピン参照).

■外付けケース
3.5インチFDDなら,SCSI接続の外付けMOやZIPのケースが流用できます.代表的な3.5インチFDDであるFD1137Dの消費電力は+5V,2.5Wであり,これらの機器に内蔵されている電源ユニット,あるいは付属のACアダプタの供給電力の点でも問題ありません.外付け機器用の50ピンコネクタのSCSIケーブルはストレート結線であり,外付けFDDケーブルとしても 使用できるため,ケースのコネクタはフルピッチのものでもハーフピッチのものでもかまいません.コネクタが25ピンのものや37ピンのものも使用することは可能ですが,接続ケーブルの作成も必要となることから,新たに入手してまで使用するのは避けた方がよいでしょう.

5インチFDDでは,SCSI接続の外付けCD-ROMやCD-Rのケースが利用できます(SCSI接続でないものでも,別にコネクタ部分を取り付けるなどすれば利用可能です).代表的な5インチFDDであるFD1155Dの消費電力は,+12Vが3W,+5Vが2Wですので,電源容量の点でも問題はないでしょう.
(電源ユニットを内蔵しているケースでは,電源ユニットから発生するノイズのためにFDDのヘッドの動作が阻害される場合があるとの報告があります(筆者自身は経験がありません).ACアダプタを使用する製品のケースではこの種の不具合はないでしょう.)

ただしいずれの場合も,奥行きの短いドライブやフロントベゼルのないドライブが使用されている製品のケースを流用したり,フロントベゼルがないFDD(注)を使用した場合には,完成品の見栄えは良くありません.外付けFDDの自作は,見栄え・工作の手間と実用性を天秤に掛けた上で行って下さい.
(注:FD1155Dのフロントベゼルの作製に関する詳細な記事が,試運転の資料館 --> 電算機部 --> 5.25 型 FDD のフロントベゼルを製作してみる に掲載されています.)

■結線
一般的な1MB FDD I/Fの外部50ピンコネクタに接続する場合の信号線の結線の仕方です.この結線で2HD(1.2MB)メディアの読み書きが可能となります.

以下,1MB FDD I/Fの外部50ピンコネクタのピン - FDDのピン の順です.カッコ内は信号名です.コネクタのピン番号の割り当ては,「コネクタの種類とピン番号」に示す通りとします.またFDDのピンアサインは,HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_10 PC-9821-K08ケーブルとその接続 に記載されているFD1158Dのものに従っています.なお外付けケースのコネクタのピンアサインは,1MB FDD I/Fのものを左右反転した形になりますので,結線時にはご注意下さい.


1MB FDD I/Fの21ピン (Two Side Disk) ,またFDDの16ピン (Motor On) と17ピン (Drive Selected) はそれぞれGNDに接続します.
1MB FDD I/Fの外部50ピンコネクタでは26-50ピンが,またFDDの34ピンコネクタでは1, 5, 9, 13, 15, 19, 21, 23, 25, 27, 29, 31, 33ピンがそれぞれGNDです(VFOあり2モードFDDのGNDピンを参照).上の表でのGND同士の結線の仕方は一例です.

メーカー不明の PC Line Max II 3.5 INCH 2DD /HD FDD という外付け3.5インチFDD(FD1137D使用)と IDOL JAPANのFD-501という外付け5インチFDD(FD1157D使用)も基本的にこれと同じ結線となっています.

FDDが1台の場合はDSを0に,また2台の場合は1台目のDSを0,2台目のDSを1にそれぞれ設定します.

50ピン以外のコネクタを介して接続する場合(この場合は接続ケーブルも作成する必要があります)には,1MB FDD I/FあるいはPC本体内部のFDDコネクタの信号と外付けFDDの信号とを対応させ,またTwo Side Disk・Motor On・Drive Selectedの各信号をGNDに接続します.

■2モード動作化
FDDの2ピンはDensity信号ピンであり,ここにPC本体側のDensity信号を接続すれば,2HD/2DD自動切り替えの2モードFDDとすることができます.1MB FDD I/Fの外部50ピンコネクタにはDensity信号が出力されていませんので,内蔵FDDケーブルから分岐させて外部に引き出す必要があります.FD1138Tでは11ピン,FD1231Tでは2ピンがそれぞれDensity信号ピンです.

α DATAのADF-1MやIDOL JAPANのFDD-1Mなどの1MB FDD I/Fでは,外部50ピンコネクタの脇のミニジャックにDensity信号が引き出されており(Density信号はミニプラグの先端部で受けます),同じくミニジャックを持つ外付けFDD(ミニジャックはケース内部でFDDのDensity端子に接続されています)とオーディオ用モノラルミニプラグ付ケーブルと同等のケーブルで接続するようになっています.このようにDensity信号ラインを他の信号ラインと別に引き出すこともできますが,1MB FDD I/FのNCピンを利用して引き出すこともできます.
ただしこの工作では,2DDメディアからのシステムブートはできません.2DDメディアからシステムを立ち上げるには,本体の拡張スロットにACCELのAPC-035などの640KB-1.2MBハードウェア切換ボード(HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_26 640KB-1.2MBハードウェア切換ボード を参照)を増設する必要があります.この場合,外付けFDDのDensity端子は,640KB−1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックか,内蔵FDDのDensity端子と接続します.