5インチFDD内部増設用ケーブル


3.5インチFDD[FD1138T/26ピンFD1148T, FD1231T/MPF520-F/OSD/OSD-u(E26J)/34ピンFD1148T]を1台または2台,および5インチFDD(FD1158C)を1台内蔵したPC-98に5インチFDDを内部増設するためのケーブルの結線図です.コネクタ間の長さは機種に合わFて決めて下さい.以後本記事では,FD1138Tと26ピンFD1148TをまとめてFD138Tと,また FD1231T,MPF520-F,OSD,OSD-u(E26J),34ピンFD1148TをまとめてFD1231Tと表記します.

結線図にはコネクタ各ピンの信号名を記載していません(信号名を含む結線図も用意してあります.コネクタのピンアサインと信号名については,HAMLIN's PAGE --> FDD関係 の他,FD1231TとVFOなし5インチFDDの信号の異同FD1138T 2台内蔵用ケーブルFD1138TをFD1231TまたはVFOなし5インチFDDで代替30ピン−34ピン変換ケーブル(ファイルベイアダプタ付属ケーブル同等品)VFOなし異種FDD内蔵用ケーブル 等の記事も参照して下さい).またFDDのターミネーションに関してはFDDの信号レベルとターミネータの値を参照して下さい.

ピンが描かれているコネクタは嵌合面,描かれていないコネクタは配線面がそれぞれ示されています.またコネクタの嵌合面の_| ̄|_状の線画の突起は,メスコネクタでは切り欠きの方向を,またオスコネクタでは突起の方向をそれぞれ示します.

5インチFDDのコネクタは,FD1158D等に接続するための34ピンフラットケーブル接続用メスコネクタで図示していますが(コネクタの種類とピン番号 の "34ピンコネクタ@"),これをFD1155Dなどの34ピンカードエッジメスコネクタとすることもできます(コネクタのピン番号と信号の関係は両者で共通. コネクタの種類とピン番号 の記事を参照).なお "FD1158Cを1台内蔵した機種にVFOなし5インチFDDを内部増設するケーブル" を除き,下に示す各ケーブルは,入手が最も容易と思われるFD1155D(VFOを無効にしたものも含む)を含むいくつかの5インチFDDで動作することを確認してあります.
 ※FD1155Dのジャンパスイッチの設定方法については エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98FDDドライブ設定表 などをご覧下さい.

26/30/34ピンのフラットケーブル圧着(圧接)用コネクタは,国内外の様々なメーカーの現行品があります.ここでは,ヒロセ電機(HRS)の製品の型番を記します.新品で購入する際の参考にして下さい.
  (1) フラットケーブル圧着(圧接)用26/30/34ピンMILメスコネクタ("ソケット")
     HIF3B-26D-2.54R(26ピン)/HIF3B-30D-2.54R(30ピン)/HIF3B-34D-2.54R(34ピン)
     HIF3BA-26D-2.54R(26ピン)/HIF3BA-30D-2.54R(30ピン)/HIF3BA-34D-2.54R(34ピン)
  (2) 同オスコネクタ["プラグ",ロック(mold clamp)*付き]
     HIF3BA-26PD-2.54R-MC(26ピン)/HIF3BA-30PD-2.54R-MC(30ピン)/HIF3BA-34PD-2.54R-MC(34ピン)
   *両脇から内側に折り込むレバーのような部品

また,8ピン/12ピンミニコネクタの型番や調達方法については26/30ピンコネクタと8/12ピンミニコネクタの作り方を参照して下さい.

-----------------------------------------------------------------------------------

■VFOなし3.5インチFDD(FD1138T,FD1231T)を混在内蔵させるケーブルについては,VFOなし異種FDD内蔵用ケーブル をご覧下さい.

■VFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル類には,VFOあり5インチFDDの代わりにVFOあり3.5インチFDD(FD1135D,FD1137D,FD1138D)を接続して使用することもできます.

■VFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル類を使用した場合,5インチFDDの増設形態は内部増設でありながら,PC本体からの扱いは外付けFDDとなります.従って,
(1) そのままでは5インチFDDにセットされた2DDメディアからのシステムブートはできません.
5インチFDD内部増設用ケーブルの対象機種では,筆者が実機で確認し得た限りでは,PC-9821Ap2のみが,本体の拡張スロットに640KB-1.2MBハードウェア切換ボード(HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_26 640KB-1.2MBハードウェア切換ボード と640KB-1.2MBハードウェア切換ボードについてを参照)を増設することで2DDメディアからのシステム起動が可能でした.この場合,外付けFDDのDensity端子は,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードのミニジャックか,内蔵FDDのDensity端子と接続します.
 ※640KB-1.2MBハードウェア切換ボードを使用せずに2モード切替の外付け扱いのFDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動を可能にするソフトウェアが,PC-9821およびDOS/VソフトウェアのページEXT2DDBT (IPLware) で公開されています.対応機種は,PCIバスのない機種ではAp/As/Ae/An/Ap3/As3/BX3/BA3(およびこれらに相当するアーキテクチャの機種)およびPCIバス搭載のintel chipset機(初代Xa/Xt/Xf/St15/St20を除く)とRCC/Server Works chipset機(RvII26/RsII26)とのことです.
 ※※VFOなし5インチFDDを内増させるケーブル類では,640KB−1.2MBハードウェア切換ボードを増設することなく5インチFDDにセットされた2DDメディアからのシステム起動が可能です.

(2) 2DDメディアをフォーマットする場合,format /u ではフォーマットの対象として2DDメディアが選択できず,2HDメディアとして強制的にフォーマットされてしまいます.しかしファイルスロットFDD用のfslot2ddを組み込むことにより,format /9 (/u) で2DDメディアとしてフォーマットすることが可能となります[exrn640.sys(TR9612f.LZH)を使用することもできるようですが,筆者は試していません].
DOS7.0(Windows95)やDOS7.1(Windows98SE)でフォーマットする場合は,Density信号が接続されていれば,fslot2ddを組み込むことなしに,format /6 (/u) または format /9 (/u) で2DDメディアのフォーマットができます(Density信号が接続されたFD1158Dにセットされた2DDメディアはそのままDOS7.1でフォーマットできるとの情報はなおPさんよりいただきました).Density信号が接続されていなければ,トラック0が不良ですと表示されフォーマットできません.またWindows95/98上でフォーマットする場合も,Density信号が接続されていれば2DDメディア(640kB/720kB)が対象として選択できます.
 ※Naopy Hobby Land --> enter --> PC --> 我が青春の九拾八式 によれば,(青札V200に外付けされた)Density信号が接続されたFD1155Dではそのままでは(DOS7.1で)2DDメディアのフォーマットができないとのことですが,筆者は青札V200/Xs/Ap3/Ap2/FAの各機種に外付けされたFD1155D/FD1158D/FD1137D/FD1138Dののいずれでも,Density信号が接続されていればfslot2ddなどを組み込むことなしにDOS7.0/DOS7.1で2DDメディアのフォーマットができることを確認しています.

(3) システムセットアップメニュー画面で内蔵FDDを#3・#4,外付けFDDを#1・#2に設定すると,外付け5インチFDDのドライブ番号が内蔵FDDのものより若い数字になります.

■VFOあり5インチFDDのRead Data信号ピンは,内蔵FDDのRead Data信号ピンでなく,8ピン/12ピンミニコネクタの方のRead Data信号ピンと結線します.これは上記のようにVFOあり5インチFDDが外付けFDD扱いとなるためです.1MB FDD I/Fで外付けFDDのRead Data信号ピンが8ピン/12ピンミニコネクタのRead Data信号ピンと結線されるのも同じ理由によります(1MB FDD I/Fの製作を参照).
Read Data信号はVFOのない内蔵FDDのものと外付け扱いのVFOありFDDのものとで異なります.内蔵FDDがRead Data信号(Raw Data:データビットとクロックビットが合成された信号."データ" はこの状態でFDに記録されています)をそのまま出力するの対して,外付け扱いのFDDからは,VFO(データセパレータ)によりRaw Dataから分離されたデータビットのみがRead Data信号として出力されます[藤井 敦 (1988). フロッピ・ディスク・システムの基礎 トランジスタ技術SPECIAL No.11 特集 フロッピ・ディスク・インターフェースのすべて ――需要の急増するFDDシステムの基礎から応用―― CQ出版社, pp.2-31.].これがマザーボードの8ピン/12ピンミニコネクタを通じてPCのFDCに伝えられます.

■"FD1231T内蔵機種にVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル(PC-9821-K08相当ケーブル)" の結線は,HAMLIN's PAGEのHAMLINさんが実物で調査されたものです.HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_10 PC-9821-K08ケーブルとその接続 では,K08CABLE.PDF と K08CBL_2.PDF の2種類の結線図が公開されていますが,本記事で公開するものは後者に基づくものです(理由は 5インチFDD内部増設用ケーブルにおけるVFOあり5インチFDDのDS0信号ピンの接続先 を参照).なおHAMLINさんによれば,前者は一部の機種で動作しない可能性があるとのことですが,筆者は両者ともBX4 (G8VBD),Xa10 (G8TTY),V13 (G8WVD),Xc13 (G8XZR),V200 (G8YVZ) で動作することを確認しています.

 ※以下余談:K08CABLE.PDF の元となったPC-9821-K08の結線図は,2003年6月3日にinfoseek時代の「エマティなリサイクル」の「研究発表会用掲示板」において初めて公開されましたが,公開後すぐにそれを見ながら筆者がケーブルの切れ端を寄せ集めて試作したケーブルが下の上段の画像のものです.ただしこれはPC-9821-K08の忠実なコピーではなく,PC-9821-K08相当ケーブルとFD1231T 2台内蔵用ケーブル の(2)タイプのケーブルとを一体化させたもので(本記事での "FD1231T内蔵機種にFD1231T 2台とVFOあり5インチFDD 1台を内蔵させるケーブル" に該当),5インチFDDコネクタにはピンコネクタ(MILコネクタ)とカードエッジ型の両方を取り付けています.あくまで実験用に作成したものなので,絶縁には熱収縮チューブなどでなくビニールテープを使っており,また当時色々と試していた形跡がありありと残っています.簡単に配線を変更できるため,部品の再利用目的での分解を行わずに今まで残してあったものです(テストで使ようなことももうないとは思いますが).K08CBL_2.PDF の公開直後にも,早速これの配線を変えてテストを行った記憶があります.
  また下段の画像のケーブルは,PC-9801B3-K01の実物を見ながら,それのコピーとして[本記事の "ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3以外のFD1138T内蔵機種にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9801B3-K01相当ケーブル)" に該当],上のケーブルよりかなり前の時期に実験用に作成したものです.これも絶縁はビニールテープで簡単に済ませており,30ピンメスコネクタは34ピンメスコネクタを加工して作成し,5インチFDDコネクタにはカードエッジ型のものを使っています.このケーブルにも色々試した形跡が残っています.30ピンオスコネクタのピンが1本別になっていますが,これは故障したIDE HDDの40ピン信号コネクタを加工したため,最初から欠けていた20ピン(いわゆるキーピン)を補完するためのものです(30ピンオスコネクタの台座には,この補完ピンを横からはめ込むための溝が彫ってあります).なおPC-9821A3-K03相当ケーブルの試作品は,きちんとしたケーブルを作成するために部品を再利用したため残っていません.


■FD1231Tを2台内蔵させた上でVFOあり5インチFDDを内蔵させるケーブル類("FD1231T内蔵機種にFD1231T 2台とVFOあり5インチFDD 1台を内蔵させるケーブル" と "FD1231T内蔵機種にFD1231T 2台とVFOあり5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル")では,2台のFD1231Tを内蔵させるケーブルの部分は,FD1231T 2台内蔵用ケーブル に挙げてある2種類のケーブルのうち,結線がより簡単な(2)タイプのものにしています.5インチFDD側で360/300信号ラインをカットする必要があることに注意すれば,これを(1)タイプのケーブルに変更することもできます.

■"ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3以外のFD1138T内蔵機種にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9801B3-K01相当ケーブル)" の結線は,筆者がPC-9801B3-K01の実物で調査したものです.これはHAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_28 PC-9801B3-K01 のものと同じ結線になっています.

■"FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOなし5インチFDD 1台を内蔵させるケーブル" の作成にあたっては,まりもさんのご指導を賜りました.
 このケーブルの3番ピンについては下も参照して下さい.また33ピンの信号線は必ずしも切断する必要はないと考えています("FD1231T内蔵機種にVFOなし5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル" でも同じ:DISK CHANGE信号,HEAD LOAD信号,DRIVE SELECT 2信号について を参照).
 このケーブルと "FD1138Tを1台内蔵した機種にVFOなし5インチFDDを1台内部増設するケーブル",および "FD1231T内蔵機種にVFOなし5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル" では,FD-55GFRとSD-680Lでも動作を確認しました.SD-680LではDensity信号の論理反転を行わなければ1.25MBメディアのみ使用できましたが,Density信号の論理反転作業は行った方がよいでしょう(Density信号の経路にインバータを挟むだけです.インバータの向きに注意).なおFD-55GFRのカードエッジコネクタは,FD1155Dなど他の多くの5インチFDDのものと表裏逆に取り付けられていますのでご注意下さい.またSD-680Lの側面のネジ穴の位置(高さ)は他の5インチFDDと異なることにもご注意下さい(筆者はこのケーブルを用いてPC-9821Xv13/W16にSD-680Lを内蔵する際,SD-680Lのネジ穴の位置に合わせて5インチベイの側面に穿孔しました).
これら三種類のケーブルを用いた場合,PC-98本体のDISK BIOSやOSは5インチFDDを1.44MB対応のFDDと誤認識します.マザーボード上のFDDケーブルコネクタの360/300 1ピン(FD1231T内蔵機種では3番ピン,FD1138T内蔵機種では17番ピン)をGNDに接続すると,内蔵2台目のFDDは2モードFDDとして認識されます."FD1231T 1台+VFOなし5インチFDD 1台接続用ケーブル" と "VFOなし5インチFDD 2台内蔵用ケーブル" の場合,VFOを内蔵していない5インチFDDでは3番ピンがGNDですので,3番の信号線を結線すると5インチFDDはきちんと5インチFDDとして認識されます.しかしVFOを無効にしたFD1155Dでは,3番ピンはGNDではありませんので,3.5インチFDDと誤認識されます.この場合,マザーボード上のFDDケーブルコネクタの3番ピンをGNDに接続すると5インチFDDとして認識されます.また "FD1138Tを1台内蔵した機種にVFOなし5インチFDDを1台内部増設するケーブル" の場合は,(MATE-Aを除き)30ピンメスコネクタの17番ピンをGNDに接続すると,VFOを内蔵していない5インチFDD,VFOを無効にしたFD1155Dともに5インチFDDとして認識されます.
 しかしNEC純正品であるPC-9801B3-K01・PC-9821-K08,またファイルベイアダプタPC-9821A3-E01に含まれる30ピン−34ピン変換ケーブルのいずれも,マザーボードからの360/300信号は5インチFDD側ではどこにも接続されていません(NCの状態).3モードFDD内蔵機種では,本体起動時の360/300信号ピンの接続先(GND/NC)により,接続されているFDDが2モードか3モードかを判別しますので(MATE-AのI/Oポート04BEh を参照),複数のFDDが接続されている場合,これの接続先としてNCとGNDが併存していると,実質GNDに接続されることになり,内蔵されているFD1138TないしFD1231Tの動作に支障が出る(2モード動作しかしなくなる)ためでしょう.結局このラインは結線しないのが "正しい" ということになります.
 ※ファイルベイアダプタであるPC-9821A3-E01に含まれる30ピン−34ピン変換ケーブルでも,バックボード側の360/300信号ピンが内蔵FDDに接続されていません.このためファイルベイアダプタを装着したAp3/M2とAs3/M2では,内蔵FD1158Cが3モードFDDとして誤認識(NECの立場では「仕様」ということなのでしょうが)されてしまいます.手元に保存してあったPC-98関連掲示板のログを調べると,この現象は既にえーめいたーず掲示板やスピたま掲示板等でも報告されていました.

■ "FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOなし5インチFDD・VFOあり5インチFDD 各1台を内蔵させるケーブル" のFDDの構成は,まりもさんのアイディアを頂戴しました.

■VFOあり5インチFDDを2台内蔵させるための二種類のケーブル("FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOあり5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル" と "FD1231T内蔵機種にFD1231T 2台とVFOあり5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル"),および,VFOなし5インチFDDとVFOあり5インチFDDを1台ずつ内蔵させるためのケーブル("FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOなし5インチFDD・VFOあり5インチFDD 各台を内蔵させるケーブル" :このケーブルに接続されたVFOなし5インチFDDは,PC-98本体のDISK BIOSやOSにより1.44MB対応のFDDと誤認識されます.理由は直上の二つの段落を参照)は,FD1231Tを内蔵したタワー機(例えばPC-9821Xv13/W16やPC-9821V200/M7等はFD1231Tを1台内蔵した上に5インチベイを3つ備えています)用にと考えてみたものです.なおFD1138Tを内蔵した唯一のタワー機であるPC-9821Xt/C10Wでは5インチベイが一つしかなく,5インチFDDを2台内蔵させることができませんので,FD1138T内蔵機種にVFOあり/なしの5インチFDD 2台を内蔵させるケーブルの結線図は用意していませんが,作成自体は可能です.
ファイルベイまたはファイルスロットを備えたデスクトップ機に,3.5インチFDD2台と5インチFDD2台を内蔵させることは可能です.この場合,5インチFDDを2台内蔵した機種のファイルベイまたはファイルスロットに,3.5インチFDDを2台設置することになります.5インチFDDにはFD1158Cでなく,FD1158Dを使用します.また3.5インチFDDは,フロントベゼルの付いたFD1139C(PC-9801NS/Tのものなど.ただしフロントベゼルは黒),またはFD1139Cのフロントベゼルを取り付けたFD1139Tが最も好都合でしょう.というのは,ランドコンピュータのファイルスロット用FDDに,LDK-3WFという,FD1139Cを2台内蔵した製品があり,この製品,あるいはこれのフレームとフロントパネル部分が入手できれば,それなりに見映えをよくできるからです(ファイルベイの場合には,LDK-3WFの固定の仕方を工夫する必要があります).ヤフーオークションの出品物の画像を加工(縮小して切り出した後,併置して画質を落としてJPG画像に再変換)したものを下に引用します.上段は出品者IDがcrackcojp,オークションIDがp470359534のもの(2015年6月5日に落札)で,下段は出品者IDがtoshiaa0430,オークションIDがo262489049のもの(2018年9月18日に落札)で,PC-9801FS2に内蔵された状態のものです.
LDK-3WFはファイルスロット内蔵型のユニットですが,ファイルスロットFDD接続用コネクタに接続するのでなく,内蔵FDDケーブルに接続するようになっています.フロントパネルにドライブ毎に5"と3.5"のアクセスランプがあることからも分かるように,内蔵ドライブ毎に元々の5インチFDDとLDK-3WFの3.5インチFDDとを切り替えて使用するようになっています(従って同時に使用可能な内蔵FDDは2台までであり,4台同時使用できるわけではありません.なお3.5インチFDDでは扱えるメディアも1.25MBのものだけで,2DDメディアは使用できないと聞いたことがありますが,未確認です).上の下段の画像のFSでは,1台目のFDDとして5インチFDDが,2台目の画像として3.5インチFDDが選択された状態となっています.
 LDK-3WFのフレームとフロントパネル部分を利用して3.5インチFDDを内蔵する場合,内蔵FDDケーブルにフィルムケーブルを接続して3.5インチFDDを2台接続します.この工作にはFD1139C・FD1139Tについて の記事を参照して下さい(FD1139C <--> FD1139T間の相互改造方法については2モードFDDの3モード化改造 を参照して下さい).また5インチFDD2台は,本記事のVFOありFDDを2台内蔵するケーブル群から本体機種に合ったものを選んで作成したケーブルに接続します(外付けFDD扱いになります).
 なお筆者はこの工作を実際には行っておりません.興味のある方は参考にして下さい.


■"ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9821A3-K03相当ケーブル)" はPC-9821A3-K03の実物の結線を調べたものではありませんが,これまでに作成したものは問題なく動作しています.また実機での動作確認はしておりませんが,このケーブルはファイルスロットを改造してファイルベイ化したPC-9821Ap2/As2/Anでも使用できるはずです.このケーブルでも5インチFDD側では360/300信号をNCとしてありますので,5インチFDDは3モードFDDと誤認識されますが,それで正常です.
NEC製のファイルスロット5インチFDDユニットであるPC-FD511Fの内蔵ドライブはFD1158Dですので,このケーブルを使用してFD1158Dをファイルスロットに増設することも不可能ではありませんが,その場合にはフロントベゼルの問題があります.すなわち,同じくFD1158Dを使用したNEC製のファイルベイ用増設5インチFDDユニットであるPC-FD511Dのフロントベゼルは,ファイルスロット開口部より大きいため流用できません.また一部の外付けFDDで使用されているFD1158Cのフロントベゼルも流用には向かない形をしています.またTEAC製FD155GFもファイルスロットに収めることはできますが,VFO回路を外付けする必要があるのと,やはりフロントベゼルがファイルスロット開口部と合わないため,このケーブルを使用してファイルスロットに増設するのには向きません.
このケーブルの作成にあたってはmida_clさん,aochanさん,tshさんにご指導いただき,HAMLINさんとまささんにより公開されている資料を参照させていただきました.
 このケーブルはインバータIC[オープンコレクタタイプのTTL ICである74(LS)05やシュミットトリガタイプの74(LS)14がよいでしょう]を必要とします.インバータICの電源をMATE-Aの電源コネクタから供給する場合,電源コネクタの+5Vと+12Vのピンの位置が通常のものとは逆になっている場合(+5Vと+12Vのピンが通常とは逆の内蔵機器用電源ケーブル参照)がありますのでご注意下さい.不安がある場合にはテスターで確認して下さい.
PC-9801B3-K01・PC-9821-K08とも,121WAREの商品説明記事に現物の画像があります(WWW上には他にもいくつかあるようです)が,PC-9821A3-K03の画像はWWW上にはありませんでした[以前ヤフーオークションに出品されたことがありますが(オークションIDはm43765676で,PC-9821A3-K03とPC-FD511Dのセットとして出品され,2007年9月23日に落札されています.なおこの出品についてはmida_clさんに教えていただきました.この出品を知らなければ,本ケーブルの完成は大きく遅れていたでしょう),画像が小さくて粗く,結線を細部まで解析できませんでした.しかしインバータと思われるものがケーブルの途中にぶら下がっていることは確認でき,それがとどめとなって本ケーブルの結線が確定できました.またその後楽天市場(?)にも出品されたことがありますが,そちらでは商品画像がありませんでした].またPC-9821Ap3/As3 98MATE GUIDE BOOKの148ページ中程に "ファイルベイアダプタ用5インチフロッピィディスクインターフェースケーブルセットに添付されているケーブル" の線画が掲載されていますが,大雑把なものであり,かつ肝心の12ピンコネクタに接続されているケーブルの途中が省略されています(結線を推測する際にはこの図も参考にしましたが).しかし2018年10月7日になって,淀川警備保障のインデックスPC-9801B3-K01またはそれ相当のケーブルの記事の中で,PC-9821A3-K03の画像(記事ではPC-9801B3-K01とされていますが,こう断定してよいでしょう)が公開されました.この画像には,ファイルベイバックボードの上辺りに,黒いテープかチューブ状のものにくるまれた細長い部品から12ピンコネクタと繋がるケーブルがのびている様子が映っていますが,この細長い部品の中身はインバータICと考えて間違いないでしょう.
 12ピンコネクタと繋がっているケーブルは7本のようですが,これは画像から判断して,12ピン(GND)へのラインが結線されていないためと思われます.これは,このケーブルに本来接続されるFDDユニットがFD1158Dを使用したPC-FD511Dであり,FD1158Dでは27ピンがGNDピンでない(VFOあり2モードFDDのGNDピン を参照)ためを思われます.FD1158D側に空いているGNDピンがないために,12ピンコネクタの一方のGNDピンの結線先を設けなかったものと推測します.HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_15 FDD_I/Fの8pinコネクターの信号 によれば,8ピンミニコネクタ(12ピンミニコネクタでも同じ筈です)のREAD DATA信号ピンの両脇がGNDピンとなっているのは,READ DATA信号でのノイズの影響を防ぐ目的("シグナルグランド")からとのことであり,FD1155Dをテストに使用した筆者の "ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9821A3-K03相当ケーブル)"・"ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にFD1138Tを1台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル"・"ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にFD1138Tを2台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル" の3つのケーブルでは,12ピンミニコネクタの12ピンを5インチFDDの27ピンに結線し,また下の結線図でもそう示しています.
FD1158Dでは17ピンがDRIVE SELECTED信号ピンではなくGNDピンとなっていますので(VFOあり2モードFDDのGNDピン を参照),FD1158Dを接続するために "ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9821A3-K03相当ケーブル)"・"ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にFD1138Tを1台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル"・"ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にFD1138Tを2台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル" の3つのケーブルを作成する場合には,12ピンミニコネクタのGNDピンを,FD1158Dの27ピンでなく17ピン(あるいは他のGNDピン)に結線するか(結線図では17ピンが30ピンコネクタの25ピン,または26ピンコネクタの21ピンと結線されていますが,このラインは結線しておいても構いませんし,結線しなくても構いません),NC(どこにも結線しない)として下さい[なお,PC-9801B3-K01・PC-9821-K08とも,本来はFD1158D(PC-FD511D)を接続するためのケーブルであり,FD1158Dの27ピンが内蔵FDDのGNDピンに結線されていますので,上記の3つのケーブルも,本資料に示した通りの結線でFD1158Dに接続して(シグナルグランドの件は別にして)問題はないのではないかと思います].

■本体に5インチFDDを内蔵する場所がないため(CD-ROMを取り外してフロントパネルも加工するのなら内蔵できるのかもしれませんが),MULTi/CanBe(1MB FDD I/FにPC-9821C2-E02/PC-9821CX2-E02およびその同等品が対応する機種)用の5インチFDD内部増設用ケーブルの結線図は用意していません(筆者はMULTi/CanBeを所有していないため,ケーブルの作成は行っていませんが,作成自体は可能なはずです.理由は1MB FDD I/Fの製作他機種用1MB FDD I/Fの転用,およびCITIZEN製OSDE-15G-Uについてを参照).

■本記事では,3.5インチFDD 1台とVFOなし5インチFDD 1台とを混在内蔵させるケーブル類の結線図を,3.5インチFDDが1台目(内蔵ドライブ番号が若い方のFDD)となる場合で示しています.VFOなし5インチFDDを内蔵1台目,3.5インチFDDを2台目とするケーブルも作成することは可能です(一部のものは実際に作成もしています).この場合,FDDのDX(ドライブ番号)の設定と,DS(Drive Select)信号の対応に気をつけて下さい(FD1138T内蔵機種の場合にはVFOなし異種FDD内蔵用ケーブルの "FD1138T内蔵機種にFD1138Tと5インチFDDとを内蔵させるためのケーブル" も参照)."FD1158Cを1台内蔵した機種にVFOなし5インチFDDを内部増設するケーブル" も,同様にVFOなし5インチFDDを内蔵1台目とすることは可能です.なおFDDのターミネーションについてはFDDの信号レベルとターミネータの値の記事を参照して下さい.

------------------ FD1231T内蔵機種用 ------------------

■FD1231T内蔵機種にVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル(PC-9821-K08相当ケーブル)

■FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOあり5インチFDD 1台を内蔵させるケーブル(1)(2)
 (3.5インチFDD = 1台目,5インチFDD = 2台目)
※(1)は5インチFDDをFD1231Tと同じ側のケーブルに,(2)はマザーボード接続用コネクタを挟んだ反対側のケーブルにそれぞれ接続するケーブルです.取り回しがしやすい方のケーブルを選択して下さい.

■FD1231T内蔵機種にFD1231T 2台とVFOあり5インチFDD 1台を内蔵させるケーブル(1)(2)
 (3.5インチFDD = 1・2台目,5インチFDD = 3台目)
※(1)は5インチFDDを1台目のFD1231T側のケーブルに,(2)は2台目のFD1231T側のケーブルにそれぞれ接続するケーブルです.取り回しがしやすい方のケーブルを選択して下さい(Xa10やV12などの,2台のFD1231Tが縦並びに配置されるデスクトップ機では,(2)のタイプのケーブルの方が取り回しが楽かもしれません).

■FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOあり5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル(1)(2)
 (3.5インチFDD = 1台目,5インチFDD = 2・3台目)
※(1)は5インチFDDをFD1231Tと同じ側のケーブルに,(2)はマザーボード接続用コネクタを挟んだ反対側のケーブルにそれぞれ接続するケーブルです.取り回しがしやすい方のケーブルを選択して下さい.

■FD1231T内蔵機種にFD1231T 2台とVFOあり5インチFDD 2台を内蔵させるケーブル
 (3.5インチFDD = 1・2台目,5インチFDD = 3・4台目)

■FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOなし5インチFDD 1台を内蔵させるケーブル(1)(2)
 (3.5インチFDD = 1台目,5インチFDD = 2台目)
※(1)は5インチFDDをFD1231Tと同じ側のケーブルに,(2)はマザーボード接続用コネクタを挟んだ反対側のケーブルにそれぞれ接続するケーブルです.取り回しがしやすい方のケーブルを選択して下さい.

■FD1231T内蔵機種にVFOなし5インチFDDのみを2台内蔵させるケーブル
 (5インチFDD = 1・2台目)
※この種のケーブルはFD1158DなどのVFOが有効になっているFDDでも使用できるかもしれませんが(どるこむの過去ログ [27368] 内蔵5インチFDD を参照),その場合でも使用はおすすめしません.

■FD1231T内蔵機種にFD1231T 1台とVFOなし5インチFDD・VFOあり5インチFDD 各1台を内蔵させるケーブル(1)(2)
 (3.5インチFDD = 1台目,VFOなし5インチFDD = 2台目,VFOあり5インチFDD = 3台目)
※(1)は5インチFDDをFD1231Tと同じ側のケーブルに,(2)はマザーボード接続用コネクタを挟んだ反対側のケーブルにそれぞれ接続するケーブルです.取り回しがしやすい方のケーブルを選択して下さい.

------------------ FD1138T内蔵機種用 ------------------

■FD1138Tを1台内蔵した機種(MATE-AはファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3のみを含む)にVFOなし5インチFDDを1台内部増設するケーブル(1)(2)
 (3.5インチFDD = 1台目,5インチFDD = 2台目)
※(1)は(元々の)FD1138T 1台内蔵用ケーブルに継ぎ足すタイプで,(2)は全体を1本のケーブルにまとめたタイプです.作成しやすい方のケーブルを選択して下さい.

■ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3以外のFD1138T内蔵機種にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9801B3-K01相当ケーブル)
※FD1138Tを1台内蔵した機種にFD1158D以外の5インチFDDを内部増設するのであれば,このケーブルでなく.上の「FD1138Tを1台内蔵した機種(ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3を含む)にVFOなし5インチFDDを1台内部増設するケーブル」を作成する方が簡単です(当該ケーブルはFD1158Dでも使えるかもしれませんが,その場合でも当該ケーブルの使用はおすすめしません).

■ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3以外のFD1138T内蔵機種にFD1138Tを1台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル
 (3.5インチFDD = 1台目,5インチFDD = 2台目)

■ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3以外のFD1138T内蔵機種にFD1138Tを2台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル
 (3.5インチFDD = 1・2台目,5インチFDD = 3台目)

以下の3種類のケーブル結線図では,12ピンミニコネクタのGNDピン(12ピン)が5インチFDDの27ピンに接続されていますが,このピンはFD1158D(3.5インチFDDであるFD1137Dと34ピンFD1138Dも)ではGNDではありませんので,これらのケーブルを作成してFD1158Dを内蔵させる場合には,12ピンミニコネクタのGNDピンを,FD1158Dの27ピンでなく17ピン(あるいは他のGNDピン)に結線するか(結線図では17ピンが30ピンコネクタの25ピン,または26ピンコネクタの21ピンと結線されていますが,このラインは結線しておいても構いませんし,結線しなくても構いません),NC(どこにも結線しない)として下さい(本文を参照).

■ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル(PC-9821A3-K03相当ケーブル)

■ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にFD1138Tを1台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル
 (3.5インチFDD = 1台目,5インチFDD = 2台目)

■ファイルベイモデルのPC-9821Ap3/As3にFD1138Tを2台とVFOあり5インチFDDを1台内部増設するケーブル
 (3.5インチFDD = 1・2台目,5インチFDD = 3台目)

------------------ FD1158C内蔵機種用 ------------------

■FD1158Cを1台内蔵した機種にVFOなし5インチFDDを内部増設するケーブル(結線図はなし.結線は下記を参照)
 (元々の5インチFDD = 1台目,増設した5インチFDD = 2台目)
  向きを揃えたコネクタ3個が圧着されたケーブルです.VFOなし5インチFDDをファイルベイに装着する場合には,真ん中のコネクタをマザーボードとの接続用コネクタとするのがよいでしょう(コネクタの向きについてはこの図を参照).なおこのケーブルはPC-9821Ap2/M2などの,FD1158Cを最初から2台内蔵している機種のFDDケーブル と実質的に同じ結線です.
 ※このケーブルは出荷時にFD1158Cを1台しか内蔵していない機種での動作試験は行えていません.出荷時にFD1158Cを1台しか内蔵していない機種にはマザーボードのFDDケーブル接続用コネクタにDS1信号が出力されていないものがあるらしく(大熊猫のぺぇじ --> HDDモデルなA-MATE数機種の2FDD化 の記事によればPC-9821Af/M9Wがこれに該当するようですが,同じくFDDのパネル部がフロントパネルと一体化している機種でもPC-9821As/M7はこれに該当しないようです),そのような機種ではこのケーブルは使用できません.

■FD1158Cを1台内蔵した機種にVFOあり5インチFDDを内部増設するケーブル
 (元々の5インチFDD = 1台目,増設した5インチFDD = 2台目)


トップページ