FDDのドライブ番号の設定方法


PC-98またはEPSON98互換機の内蔵FDD(または内蔵FDDとして使用可能なFDD)には多くの種類がありますが,ここでは代表的なもののドライブ番号設定スイッチについて述べます.

DS=0 が内蔵一台目,DS=1 が二台目,DS=2 が三台目のFDDの設定です.下の画像では緑色の矩形の部分がジャンパスイッチまたはスライドスイッチの位置を示します.なおこれらの画像はDS=0に設定されているFDDのものを加工したものです.


■FD1137D
背面にスライドスイッチがあります.左から順にDS=0,DS=1となります.


■FD1138D(34ピンコネクタ)
背面に2本×4連ジャンパスイッチがあります.左から順にDS=0,DS=1となります.


■FD1138C/FD1138T/FD1148T(26ピンコネクタ)
背面に2本×2連ジャンパスイッチがあります.左から順にDS=0,DS=1となります.


■FD1231T
後部の基板上に2本×2連または3本ジャンパスイッチがあります.前者では0のシルク印刷のあるジャンパをショートでDS=0,DXのシルク印刷のあるジャンパをショートでDS=1となります.後者では0側の2本のジャンパをショートでDS=0,1側の2本のジャンパをショートでDS=1となります.


■MPF520-F
後部の基板上に3本ジャンパスイッチがあります.左側の2本のジャンパをショートでDS=0,右側の2本のジャンパをショートでDS=1となります.


■OSD/OSD-u
天板後部の開口部の奥の基板上に2本×5連ジャンパスイッチがあります.一番後ろのジャンパと前方に一つ飛んだジャンパはつねにショート.DS=0では前から2番目のジャンパをショート,DS=1では一番前のジャンパをショートさせます.


■MD3541G
後部の基板の右に3本×2連ジャンパスイッチがあります.S0のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDS=0,S1と書かれた2本のジャンパをショートでDS=1,S2と書かれた2本のジャンパをショートでDS=3となります.


■SMD-300(SMD-340-302)
背面に4本×2連ジャンパスイッチがあります.基板上に■と1のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDS=0,0と■のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDS=1となります.


■FD1155D/FD1157D
後部の基板上に2本×4連ジャンパスイッチがあります.0のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDS=0,1のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDS=1となります.


■FD1158C/FD1158D
背面に2本×5連ジャンパスイッチがあります.左端の2本のジャンパ(基板裏に0のシルク印刷があります)をショートでDS=0,一つ右の2本のジャンパ(基板裏に1のシルク印刷があります)をショートでDS=1となります.なお右端のジャンパ(基板裏にVCのシルク印刷があるもの)はFDD内部のターミネータを有効にするためのものですが,これを抜いた状態で使用するとヘッドが暴走してメディアが読み取れなくなるといいますので(もしかしたら開発室 --> 色々な5インチFDDをAT互換機に付けてみる を参照),絶対に抜かないで下さい.


■MD5501S
左側面後方下部に3本×2連ジャンパスイッチがあります.上段の3本のうち,後ろ側の2本をショートでDS=0,前側の2本をショートでDS=1,また下段の3本のうち後ろ側の2本をショートでDS=2となります.


■SD-680L
後部の基板の左隅に2本×4連ジャンパスイッチがあります.一番後ろの2本をショートでDS=0,一つ前側の2本をショートでDS=1となります.


■FD-55GFR
FD-55GFRには様々な型番のものがありますが,この画像は142-Uのものです.この型番のFD55GFRには後部の基板上に2本×4連ジャンパスイッチがあります.D0のシルク印刷のある2本をショートでDS=0,D1のシルク印刷のある2本をショートでDS=1となります.