FDDのドライブ番号の設定方法


いっちゃんさんより,FD1135Dが内蔵されたPC-9831-VW2をご恵贈いただきました.また試運転さんより情報ならびに画像をいただきました.

PC-98またはEPSON98互換機の内蔵FDD(または内蔵FDDとして使用可能なFDD)には多くの種類がありますが,ここでは代表的なもののドライブ番号に関するスイッチの設定方法について述べます(いくつかのFDDについては,すでにHAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_7 FDDの2台目設定方法 でまとめられています).なおマザーボードからのFDD選択信号であるドライブセレクト信号はDSと表記されますが,FDD自体,特にNEC製のもの(?)では,ドライブ番号はDXで示されることが多いようです(注).少しややこしいですが,ここではこれを慣習とみなして従うことにします.
 注:FD-55GFVなど,DX設定ジャンパスイッチ名がDXでなくDSと表記されているFDDも存在します.

DX=0 が内蔵一台目,DX=1が二台目の設定です(FDDを三台内蔵できるエプソン98互換デスクトップ機で用いられているMD3541GとMD5501SではDX=2の設定も示してあります).下の画像では緑色の矩形の部分がジャンパスイッチまたはスライドスイッチの位置を示します.これらの画像はDX=0に設定されているFDDのものを加工したものです.


■FD1135D
制御基板上に3本×2連ジャンパスイッチ(DX)があります.0側の2本のジャンパをショートでDX=0,1側の2本のジャンパをショートでDX=1となります.


 ※FD1135Dのジャンパスイッチの設定は,3.5インチ化計画(注) --> PC−8801FH NEC FD1135D編,および エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98FDDドライブ設定表 --> FD1135D設定表 を参照して下さい.
 注:この資料でのDHGはDCGの誤記.

■FD1137D
背面にスライドスイッチがあります.左から順にDX=0,DX=1となります.下図の下段の画像は試運転さんにいただいたものを加工しました.


■FD1138D(34ピンコネクタ)
背面に2本×4連ジャンパスイッチがあります.左から順にDX=0,DX=1となります.


■FD1138C/FD1138T/FD1148T(26ピンコネクタ)
背面に2本×2連ジャンパスイッチがあります.左から順にDX=0,DX=1となります.


■FD1231T
後部の基板上に2本×2連または3本ジャンパスイッチがあります.前者では0のシルク印刷のあるジャンパをショートでDX=0,DXのシルク印刷のあるジャンパをショートでDX=1となります.後者では0側の2本のジャンパをショートでDX=0,1側の2本のジャンパをショートでDX=1となります.


■MPF520-F
後部の基板上に3本ジャンパスイッチがあります.左側の2本のジャンパをショートでDX=0,右側の2本のジャンパをショートでDX=1となります.


■OSD/OSD-u
天板後部の開口部の奥の基板上に2本×5連ジャンパスイッチがあります.一番後ろのジャンパと前方に一つ飛んだジャンパはつねにショート.DX=0では前から2番目のジャンパをショート,DX=1では一番前のジャンパをショートさせます.


■OSDE-15G-U
背面にスライドスイッチがあります.右(0側)から順にDX=0,DX=1となります.筆者は現物を所有しておりませんので,上・中段に,まりもさんが2018年3月4日にリサイクル掲示板の BX4とかK08とか スレッド と2019年4月26日に同じく 汎用スレッド2019年4月 パート3 スレッド に投稿されたものを加工して引用し,下段に試運転さんにいただいた画像を加工したものを載せた画像を下に示します.


■MD3541G
後部の基板の右に3本×2連ジャンパスイッチがあります.S0のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=0,S1と書かれた2本のジャンパをショートでDX=1,S2と書かれた2本のジャンパをショートでDX=2となります.


■SMD-300(SMD-340-302)
背面に4本×2連ジャンパスイッチがあります.基板上に■と1のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=0,0と■のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=1となります.


■FD1155D/FD1157D
後部の基板上に2本×4連ジャンパスイッチがあります.0のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=0,1のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=1となります.


 ※FD1155D,FD1157Dのジャンパスイッチの設定は,エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98FDDドライブ設定表 --> FD1155D設定表,FD1157D設定表,FD1157D設定表(2) などを参照して下さい.

■FD1158C/FD1158D
背面に2本×5連ジャンパスイッチがあります.左端の2本のジャンパ(基板裏に0のシルク印刷があります)をショートでDX=0,一つ右の2本のジャンパ(基板裏に1のシルク印刷があります)をショートでDX=1となります.
 なお右端のジャンパ(基板裏にVCのシルク印刷があるもの)はFDD内部のターミネータを有効にするためのものですが,これを抜いた状態で使用するとヘッドが暴走してメディアが読み取れなくなるといいますので(もしかしたら開発室 --> 色々な5インチFDDをAT互換機に付けてみる を参照),絶対に抜かないで下さい.なお筆者が以前,ターミネータを無効にしたままのFD1165A(8インチFDD)やFD1155Dのにに誤って信号を送ってしまった際には,ヘッドの暴走は起きず,ターミネータを有効にした後での動作にも問題は見られませんでしたので,これはFD1158C/D特有の(?)問題ではないかと思いますが,デイジーチェイン接続されたFDDの終端抵抗が無効になっているという状態自体が異常ですので,FD1158C/D以外のFDDでも,ターミネータは不用意に無効にしないよう気をつけるべきです.
 ※自分用のメモとして,Internet Archiveに保存された旧URLでのもしかしたら開発室トップページへのリンクも記しておきます.


■MD5501S
左側面後方下部に3本×2連ジャンパスイッチがあります.上段の3本のうち,後ろ側の2本をショートでDX=0,前側の2本をショートでDX=1,また下段の3本のうち後ろ側の2本をショートでDX=2となります.


■SD-680L
後部の基板の左隅に2本×4連ジャンパスイッチがあります.一番後ろの2本をショートでDX=0,一つ前側の2本をショートでDX=1となります.


 ※SD-680Lのジャンパスイッチの設定は,SD-680Lの設定 を参照して下さい.

■FD-55GFR
FD-55GFRには様々な型番のものがありますが,この画像は142-Uのものです.この型番のFD55GFRには後部の基板上に2本×4連ジャンパスイッチがあります.D0のシルク印刷のある2本をショートでDX=0,D1のシルク印刷のある2本をショートでDX=1となります.

 ※FD-55GFRのジャンパスイッチの設定は,TEAC America, Inc. の旧ウェブページの FD-55GFRのデータシート(PDFファイル)Vintage Computing(DeRamp.com)のFD-55GFRのデータシート(PDFファイル)Google グループ Need jumper settings for TEAC 1.2MB floppy drive FD-55GFR への回答DELLの旧サポートページの(FD-55GFRでなく)FD-55GFVのデータ などを参照して下さい.
  またFD-55BRのデータシート(PDFファイル)も Vintage Computing(DeRamp.com)にあります.またFD-55GFR/GFVとFD-55BV/BRの信号の違いは,Framのレトロハードメンテナンス記録PC-88用FDDの調査まとめ(2018年1月21日の記事)コネクタ信号アサインの表に掲載されています.
  またFD-155GF(-600)のジャンパスイッチの設定は,自作PCのススメ --> 5FDD --> FD155GFバージョン600用の仕様書(PDFファイル) に,またFD505(3.5インチFDDと5インチFDDのコンボドライブ)のジャンパスイッチの設定は,TEAC America, Inc. の旧ウェブページの FD505のデータシート(PDFファイル) にそれぞれ掲載されています.


Internet Archiveに保存された TEAC Retail Kit User's Guide Catalog と DELL DOCUMENTS: COMPONENTS, PERIPHERALS AND SOFTWARE の Storage --> Diskette Drive へのリンクもここに載せておきます.


トップページ