FDDのドライブ番号の設定方法


いっちゃんさんより,FD1135Dが内蔵されたPC-9831-VW2をご恵贈いただきました.また試運転さんより情報ならびに画像をいただきました.

PC-98またはEPSON98互換機の内蔵FDD(または内蔵FDDとして使用可能なFDD)には多くの種類がありますが,ここでは代表的なもののドライブ番号に関するスイッチの設定方法について述べます(いくつかのFDDについては,すでにHAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_7 FDDの2台目設定方法 でまとめられています).なおマザーボードからのFDD選択信号であるドライブセレクト信号はDSと表記されますが,FDD自体,特にNEC製のもの(?)では,ドライブ番号はDXで示されることが多いようです(注).少しややこしいですが,ここではこれを慣習とみなして従うことにします.
 注:FD-55GFVなど,DX設定ジャンパスイッチ名がDXでなくDSと表記されているFDDも存在します.

DX=0 が内蔵一台目,DX=1が二台目の設定です(FDDを三台内蔵できるエプソン98互換デスクトップ機で用いられているMD3541GとMD5501SではDX=2の設定も示してあります).下の画像では緑色の矩形の部分がジャンパスイッチまたはスライドスイッチの位置を示します.これらの画像はDX=0に設定されているFDDのものを加工したものです.


■FD1135D
制御基板上に3本×2連ジャンパスイッチ(DX)があります.0側の2本のジャンパをショートでDX=0,1側の2本のジャンパをショートでDX=1となります.


FD1135Dのジャンパスイッチの設定は,3.5インチ化計画(注) --> PC-8801FH NEC FD1135D編,および エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98FDDドライブ設定表 --> FD1135D設定表 を参照して下さい.
 注:この資料でのDHGはDCGの誤記です.

■FD1137D
背面にスライドスイッチがあります.左から順にDX=0,DX=1となります.下図の下段の画像は試運転さんにいただいたものを加工しました.


PC-9801LV用のP/N 134-500519-007-0のFD1137C(黒ベゼル)でも同様です.ただしPC-98LT用のP/N 134-500519-008-0のFD1137Cではジャンパスイッチとなっています(FD1137Dの分解と修理を参照).

■FD1138D(34ピンコネクタ)
背面に2本×4連ジャンパスイッチがあります.左から順にDX=0,DX=1となります.なお,FD1138DにはPC-9801NL/Rに内蔵されている26ピン・3モード動作のもの(P/N 134-505195-188-0)もありますが[26ピンFD1138D(PC-9801NL/R内蔵FDD)とFD1138Tの信号の比較 を参照],こちらにはDX設定用のジャンパスイッチはありません.


■FD1138C/FD1138T/FD1148T
背面に2本×2連ジャンパスイッチがあります.左から順にDX=0,DX=1となります.FD1148Tには,FD1138T互換の26ピンコネクタのもの(P/N 134-506326-011-0)と,FD1231T互換の34ピンコネクタのもの(P/N 134-506326-901-0)とがありますが,ジャンパスイッチの設定は共通です.


MATE-AのHDDモデル(内蔵FDDが1台のモデル)に2台目のFD1138T/FD1148Tを増設した場合,本体のジャンパスイッチの設定を変更する必要があります(FD1138T 2台内蔵用ケーブル を参照).

■FD1231T
後部の基板上に2本×2連または3本ジャンパスイッチがあります.前者では0のシルク印刷のあるジャンパをショートでDX=0,DXのシルク印刷のあるジャンパをショートでDX=1となります.後者では0側の2本のジャンパをショートでDX=0,1側の2本のジャンパをショートでDX=1となります.


■MPF520-F
後部の基板上に3本ジャンパスイッチがあります.左側の2本のジャンパをショートでDX=0,右側の2本のジャンパをショートでDX=1となります.


■OSD/OSD-u
天板後部の開口部の奥の基板上に2本×5連ジャンパスイッチがあります.一番後ろのジャンパと前方に一つ飛んだジャンパはつねにショート.DX=0では前から2番目のジャンパをショート,DX=1では一番前のジャンパをショートさせます.


■OSDE-15G-U
背面にスライドスイッチがあります.右(0側)から順にDX=0,DX=1となります.筆者は実物を所有しておりませんので,上・中段に,まりもさんが2018年3月4日にリサイクル掲示板の BX4とかK08とか スレッド と2019年4月26日に同じく 汎用スレッド2019年4月 パート3 スレッド に投稿されたものを加工して引用し,下段に試運転さんにいただいた画像を加工したものを載せた画像を示します.


■MD3541G
後部の基板の右に3本×2連ジャンパスイッチがあります.S0のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=0,S1と書かれた2本のジャンパをショートでDX=1,S2と書かれた2本のジャンパをショートでDX=2となります.


■SMD-300(SMD340-301-00)
26ピンフィルムケーブルコネクタを持つSMD-300です.背面に4本×2段ジャンパスイッチがあります.筆者は実物を所有していませんが,WWW上でこれまで見てきた画像では,2台セットのものも含め,すべて2-3ショート(基板上にHと■のシルク印刷のある2本のジャンパをショート)となっていました.FD1139C/D同様,特定の信号ピンに入力されるDRIVE SELECT信号の種類によって当該FDDのドライブ番号が決まるにではないかと推測します.下にヤフーオークションで出品者IDが tactomtom,オークションIDが s607221047 の出品物(2018年9月28日終了)の商品説明画像から切り出してガンマ補正値を上げた後jpg形式に再変換した画像を引用します.


■SMD-300(SMD-340-302)
34ピンフラットケーブルコネクタを持つSMD-300です.背面に4本×2連ジャンパスイッチがあります.基板上に■と1のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=0,0と■のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=1となるのではないかと思います(注).


 注:筆者はSMD-340-302を1台しか持っておらず,PC-586RXに接続してテストした結果,上記の設定で動きましたが,実際は "DX=0設定"のままで内蔵FDDケーブル(注1)の2台目のFDD接続用コネクタ(ケーブルの先端のコネクタ)に接続するだけで,2台目のFDDとして動作するのかもしれません.下記のように,互換性のあるD353T3ではDX設定用のジャンパスイッチがない可能性があるからです.
   注1:2つのFDD接続用コネクタの間で10番ラインと12番ラインが交叉していますが,これらはそれぞれDS0信号ラインとDS1信号ラインと思われます.なお上のSMD340-301-00用のフィルムケーブルはストレート結線であり,交叉箇所はありません.

なお本FDDとイジェクトボタンの位置は異なるものの,信号上は互換性のあるエプソン98互換機用D353T3のDX設定方法については,筆者は実物を所有していないため不明です.ヤフーオークションの出品物の画像などを見る限りでは,DX設定用のスイッチなどは見当たらないように思えるのですが,データは十分ではありません.

■FD1155D/FD1157D
後部の基板上に2本×4連ジャンパスイッチがあります.0のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=0,1のシルク印刷のある2本のジャンパをショートでDX=1となります.


FD1155D,FD1157Dのジャンパスイッチの設定は,エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98FDDドライブ設定表 --> FD1155D設定表,FD1157D設定表,FD1157D設定表(2) などを参照して下さい.

■FD1158C/FD1158D
背面に2本×5連ジャンパスイッチがあります.左端の2本のジャンパ(基板裏に0のシルク印刷があります)をショートでDX=0,一つ右の2本のジャンパ(基板裏に1のシルク印刷があります)をショートでDX=1となります.
 なお右端のジャンパ(基板裏にVCのシルク印刷があるもの)はFDD内部のターミネータを有効にするためのものですが,これを抜いた状態で使用するとヘッドが暴走してメディアが読み取れなくなるといいますので(もしかしたら開発室 --> 色々な5インチFDDをAT互換機に付けてみる を参照.なお筆者の知る限り同様の報告はありませんが,リスクが大きすぎて追試が躊躇われることが理由の一つであろうと思います),絶対に抜かないで下さい.なお筆者が以前,ターミネータを無効にしたままのFD1165A(8インチFDD)やFD1155Dに誤って信号を送ってしまった際には,ヘッドの暴走は起きず,ターミネータを有効にした後での動作にも問題は見られませんでしたので,これはFD1158C/D特有の(?)問題ではないかと思いますが,デイジーチェイン接続されたFDDでPC本体のFDDケーブル接続用コネクタから一番遠い(ケーブルの終端に接続されている)ものの終端抵抗が無効になっているという状態自体が,異常かつ電気的に/信号伝達上非常に危険な状態ですので,FD1158C/D以外のFDDでも,ターミネータは不用意に無効にしないよう気をつけるべきです.
 ※自分用のメモとして,Internet Archiveに保存された旧URLでのもしかしたら開発室トップページへのリンクも記しておきます.


なおAp/As/AeのHDDモデル(内蔵FDDが1台のモデル)に2台目のFD1158Cを増設した場合,ファイルスロットバックパネル上のSW1の設定を変更する必要があります(FD1138T 2台内蔵用ケーブル を参照).なおPC-9821Af/M9Wでは,2台目のFD1158Cを増設しても認識されない可能性があります(大熊猫のぺぇじ --> HDDモデルなA-MATE数機種の2FDD化 を参照).

■MD5501S
左側面後方下部に3本×2連ジャンパスイッチがあります.上段の3本のうち,後ろ側の2本をショートでDX=0,前側の2本をショートでDX=1,また下段の3本のうち後ろ側の2本をショートでDX=2となります.


■SD-680L
後部の基板の左隅に2本×4連ジャンパスイッチがあります.一番後ろの2本をショートでDX=0,一つ前側の2本をショートでDX=1となります.


SD-680Lのジャンパスイッチの設定は,SD-680Lの設定 を参照して下さい.

■FD-55GFR
FD-55GFRには様々な型番のものがありますが,この画像は142-Uのものです.この型番のFD55GFRには後部の基板上に2本×4連ジャンパスイッチがあります.D0のシルク印刷のある2本をショートでDX=0,D1のシルク印刷のある2本をショートでDX=1となります.

FD-55GFRのジャンパスイッチの設定は,TEAC America, Inc. の旧ウェブページの FD-55GFRのデータシート[PDFファイル:同じものは Radio Shack Hardware Manual: Teac FD55GFR Floppy Drive (1996)(Teac) にもあり],Vintage Computing(DeRamp.com)のFD-55GFRのデータシート(PDFファイル)amaus.net/static/S100/(ウェブページの名称不明)のFD-55GFR-149UのデータGoogle グループ Need jumper settings for TEAC 1.2MB floppy drive FD-55GFR への回答 などを参照して下さい.
 またFD-55GFVのデータはDELLの旧サポートページにあり,FD-55BRのデータシート(PDFファイル)は Vintage Computing(DeRamp.com)にあります.FD-55GFR/GFVとFD-55BV/BRの信号の違いは,Framのレトロハードメンテナンス記録PC-88用FDDの調査まとめ(2018年1月21日の記事)コネクタ信号アサインの表に掲載されています.
 FD-155GF(-600)のジャンパスイッチの設定は,自作PCのススメ --> 5FDD --> FD155GFバージョン600用の仕様書(PDFファイル) に,またFD505(3.5インチFDDと5インチFDDのコンボドライブ)のジャンパスイッチの設定は,TEAC America, Inc. の旧ウェブページの FD505のデータシート(PDFファイル) にそれぞれ掲載されています.


Internet Archiveに保存された TEAC Retail Kit User's Guide Catalog と DELL DOCUMENTS: COMPONENTS, PERIPHERALS AND SOFTWARE の Storage --> Diskette Drive へのリンクもここに載せておきます.

また,8インチFDDであるFD1165Aのメンテナンスマニュアル(12)への直リンクも載せておきます(PDFファイル).


トップページ