98ノート用CRTパック,
98ノート/エプソン98互換ノート用
外部ディスプレイ接続ケーブル


嵌合面から見た場合の各コネクタのピン番号を下図の通りとします.


ミニDIN10ピンオスコネクタ,Dサブ15ピンメス(2列)コネクタ,同(3列)コネクタのピンアサインをそれぞれ下に示します.


ピンアサインは,Synthesized Malfunction --> PC-9821 RGB接続まとめ(2018年2月4日の記事)のPC-9821Lt本体のミニDIN10ピンメスコネクタの図に基づいています.本記事でのミニDIN10ピンオスコネクタのピン配置は,この図の上下を逆にし,さらに左右を反転させたものに一致します(ピン番号の対応は 8→1,9→2,10→3,4→4,5→5,6→6,7→7,1→8,2→9,3→10).なおこのコネクタの正式なピン番号の振り方は本記事のものと異なるようですが,本記事ではピン番号を上に示した通りとします.


ピンアサインはI・Oデータ製GA-98NB Series取扱説明書の記述に基づきます.但し括弧内はコンピュータテクニカ製マルチメディアパック98n MMP-98N取扱説明書の記述によります.またこちら花小金井3丁目 --> PC Hard & Software --> [ぴんあさいんのへや] によれば,AUDIOL,AUDIORの両ピンはPC-8801との互換のために予約されているものの,実際には使用されていないといいます.なお Electrelic --> コネクタ資料集 --> D-Subコネクタ --> DA-15 コネクタ--> 【コネクタ】 アナログRGB や JE1VUJ HOME PAGE --> PC98資料館 --> コネクタピンアサイン --> ディスプレイコネクタ / PC88資料館 --> コネクタピンアサイン にも資料があります.


ピンアサインはメルコ製WGN-DXシリーズユーザーズマニュアルの記述に基づきます.但し括弧内はI・Oデータ製GA-DRVシリーズ取扱説明書の記述によります.またこちら花小金井3丁目 --> PC Hard & Software --> [ぴんあさいんのへや] の資料では,4ピンがGND,5,6,7ピンが順にグランド(赤),グランド(緑),グランド(青),10ピンがグランド(SYNC:同期信号接地)であり,フレームがGNDに接続されているとのことです.なお Electrelic --> コネクタ資料集 --> D-Subコネクタ --> DE-15 コネクタ --> 【コネクタ】 VGA (DE-15) や JE1VUJ HOME PAGE --> PC98資料館 --> コネクタピンアサイン --> ディスプレイコネクタ にも資料があります.


■アンフェノールハーフ10ピンオス―Dサブ15ピン(2列)メス
 (PC-9801NS/E/ NS/T/NA/NS/R用CRTパック:PC-9801NS/E-14(U)同等品)




CRTパックのアンフェノールハーフ10ピンオスコネクタと接続される本体側のアンフェノールハーフ10ピンメスコネクタは,マザーボードと接続される10ピンメスミニコネクタと繋がっています(上図a).このケーブルをCRTパックに接続した状態(上図b)での,10ピンメスミニコネクタ - Dサブ15ピン(2列)コネクタ間の結線の状態です.


10ピンメスミニコネクタが接続されるマザーボード上の10ピンオスミニコネクタのピン番号は,10ピンメスミニコネクタのものと逆になります.CRTパックを使用せずにマザーボードからアナログ映像信号を取り出す場合には注意して下さい.なお,技術評論社編集部(編) (1993). ざべ特別公開講座 98パワーアップ改造名人 技術評論社 の159ページにも同様の結線図が掲載されていますが,その図での10ピンコネクタは10ピンオスミニコネクタですので,ピン番号は10ピンメスミニコネクタのものと逆になっています.またDサブ15ピン(2列)コネクタの10,11,12,13ピンはNCとなっています(2,4,6,8ピンはGND,10ピンはAudio L,11ピンはAudio R,12ピンはGND,13ピンはSwitch Audio/Video Signal).なお同書では,PC-9801N・NS・NVの本体内部から映像信号を取り出す方法も紹介されています[本田未智・岩崎 翔 (1993a). PC-9801NOTEシリーズのカラーCRT出力化改造 ~デジタルRGB出力化編~, pp.146-151./本田未智・岩崎 翔 (1993b). PC-9801NOTEシリーズのカラーCRT出力化改造 ~アナログRGB出力化編~, pp.152-158.].

上図aの部品のコネクタを替えたものを自作した例もあります(神鈴にけさんの2021年11月10日のツイート を参照).後にこのコネクタに接続するCRTパック(ケース部分はファーストバッテリパックのものを使用)も製作されました(神鈴にけさんの2021年11月21日のツイート を参照).


■ミニDIN10ピンオス―Dサブ15ピン(2列)メス
 (PC-9801NS/L/ NS/A,PC-9821Ne/Ne2/Ne3/Nd/Np/Ns/Nf/Nd2/Na7/Na9/Na12/Na13,PC-486NOTE AS/AU/AV/T,PC-586NOTE AT用外部ディスプレイ接続ケーブル:NEC製PC-9801NS/L-01,エプソン製PCCRC同等品)



コネクタ間で色信号ごとのGNDの対応が,Synthesized Malfunction --> PC-9821 RGB接続まとめ(2018年2月4日の記事)の資料から予想されるものと若干異なっていますが,グランド(赤)とグランド(緑)のピンの位置がこの記事の通りならば,GND信号の種類を意識した造りになってはいないのかもしれません.

東京ニーズ製の "型番不明ケーブル" の結線は,筆者が業界最大手の家電量販店の店頭で新品で購入した,同社製NAD-N15MFのパッケージに納められていた黒いケーブル(東京ニーズのロゴもあります)についてテスターで調べたもので,PC-9801NS/L-01などと同じであることは間違いありません.ところが,どういうわけか筆者のところでは,PC-9801NS/A,PC-486NOTE ASともに,このケーブルでは,外部ディスプレイに映像が出力されません.結線(ピン間の導通状態)には問題がありませんので,恐らくコネクタの端子の接触の問題であろうと思いますが,何度試しても映像が出力されません.
 この黒いケーブルは,新品の状態で,間違いなくNAD-N15MFのパッケージに納められていたものです.なぜなら,これは結線をテスターで調べる目的で購入し,調査時に初めてパッケージを開封したものだからです.後にNAD-N15MFの実物[商品説明画像がInternet Archiveに保存されている東京ニーズのウェブページに残っています(注)]を入手しましたが,このケーブルとは外観が全く異なっていました.なぜ別なケーブルがパッケージングされていたのかは不明です.
 注:この画像はどういうわけか表示される時とされない時があります.


一般的なVGAケーブルが使用できるようにするため,PC(PC-9821Na12)本体のミニDIN10ピンメスコネクタを撤去し,代わりにDサブ15ピン(3列)メスコネクタを取り付けた例があります(わんくんさんの2022年5月19日のツイート を参照).また本体のミニDIN10ピンメスコネクタをより入手の容易なミニDIN9ピンコネクタに交換し,それに合わせて外部ディスプレイ接続用ケーブルも作成した例もあります(わんくんさんの2022年9月12日のツイート を参照).

I/O拡張ユニットやドッキングステーション(CD)に装着されたCバスグラフィックアクセラレータボード(この例ではGA-98DRV/4)を98ノートから使用するケーブルを作成した例があります(Ben Johanny Offroskyさんの2021年6月25日のツイートを参照).Cバスグラフィックアクセラレータボードと98デスクトップ機を接続するケーブルの結線はPC-98用グラフィックアクセラレータボードのケーブル を参照.

ミニDIN10ピンオスコネクタの型番は調べていません(注).筆者はバラのピンを適当な枠に入れて模型用のパテで固めたもので代用したことがありますが(頻繁に抜き差しする使い方をする場合は,パテ程度では固定の強度が不足すると思います),エプソン98互換ノートでは,このコネクタに出力されている信号をRS-232CコネクタのNCピンに引き出し,Dサブ25ピンオスコネクタ等で代用することも可能でしょう.同様のアイディア(98ノート用のCRTパックに出力されている映像信号をRS-232CコネクタのNCピンに接続して取り出す)は,技術評論社編集部(編) (1993). ざべ特別公開講座 98パワーアップ改造名人 技術評論社 所収の 本田未智・岩崎 翔 (1993). PC-9801NOTEシリーズのカラーCRT出力化改造 ~デジタルRGB出力化編~, pp.146-151. にあります.RS-232Cコネクタのピンアサインはクロスケーブル(LANケーブル以外)の結線 のリンク先などを参照して下さい.
 注:ミニDINコネクタは9ピンまでのものには規格があるものの,それ以上のピン数のものは独自仕様となり,市販品の入手は容易でないといいます.しかし10ピンのものはセガサターンのAVケーブルでも使用されているため(注1・2・3),工作の際にはこれを取り外して再利用することが可能といいます.但し外枠の形状が異なり(注3),またケーブル内部の隙間が樹脂で充填されているため,再利用時にはこれらを何とかする必要があります[ブログはじめてしまいました 謎の趣味屋敷 ブログ版 --> PC-9821La10をヤフオクで手に入れた(2022年1月10日の記事)を参照].
   注1:セガサターンのAVケーブルには,ミニDINコネクタの反対側がコンポジット端子やS端子のケーブルとRGB21ピンコネクタのケーブルとがありますが,いずれもミニDIN10ピンコネクタのピンが全部揃っていないものも多いようです(SEGAの純正ケーブルであるHSS-0109でさえ,ミニDIN10ピンコネクタにはピンが7本しかありません).この場合,欠けているピンの位置に穴がないため,ピンを増やすことも困難ですので,工作の材料には向きません.ジャンク品などで入手される際にはすべてのピンが揃っているかよく確認する必要があります.
   注2:ケーブル付きのこの10ピンコネクタ(Black 10 pin Scart Video Cable TV lead For Sega Saturn NTSC and PAL version with C[Sega saturn ntscおよびpalバージョン用の黒の10ピンscartビデオケーブルtvリード (ce付き)])はAliExpressで扱いがあるようです(のびっこさんの2022年9月11日のツイート を参照).
   注3:セガサターンのAVケーブルの10ピンコネクタのピンアサインは,Tim's Projects 'n' Stuff --> Game Console RGB SCART Cable DiagramsFUJIMOの部屋 --> セガサターンのミニDIN10pinのピンアサインです。(2019年9月21日の記事)を参照.
   注3:PC-9821/9801スレッド Part93の40番の投稿も参照.


■ミニDIN10ピンオス―Dサブ15ピン(3列)メス
 (PC-9801NS/L/NS/A,PC-9821Ne/Ne2/Ne3/Nd/Np/Ns/Nf/Nd2/Na7/Na9/Na12/Na13,PC-486NOTE AS/AU/AV/AT,PC-586NOTE AT用外部ディスプレイ接続ケーブル:PC-9821N-K06同等品)



-------------------------------------------------------------------------------


エプソン98互換ノート・BOOKの一部では,ショートカットキー操作により画面表示先を切り替える必要があります:
   外部ディスプレイへの表示 [CTRL]+[GRPH]+[D]
   本体LCDへの表示 [CTRL]+[GRPH]+[L]

エプソン98互換ノート用の110ピン拡張バスにはアナログビデオ信号のピンが定義されていますが,外部ディスプレイ接続用コネクタ(ミニDIN10ピンメス)を備えているPC-486NOTE AS/AU/AV/AT,PC-586NOTE ATではアナログビデオ信号が出力されていないとの情報がある一方で,どるこむの過去ログ,SCSI HDDを繋げたい PC-486 NS2 によれば,エプソン総合カタログの1993年8月版に,PC-486NOTE ASでは110ピン拡張バスにRGB出力を含むとの記述があるとのことなのですが,筆者が八戸ファームウェアシステムのFM Station II FM2-Nに外部ディスプレイを接続して確認したところ,PC-486NOTE AS2ではやはり110ピン拡張バスへのビデオ信号の出力は確認されませんでした(注1).なお同様に外部ディスプレイ接続用コネクタを持つPC-9801NS/Aでも,110ピン拡張バスへのビデオ信号の出力は確認されませんでしたが,98ノートの110ピン拡張バスはアナログRGB関連の信号を持たないため,これは当然と言えます(注2).またPC-386NOTE AR専用として,本体の液晶ディスプレイモジュールを外して取り付ける外部ディスプレイ接続用アダプタ(CRT Adapter AR CRTA-04E)が八戸ファームウェアシステムから出ていました(注3).なお八戸ファームウェアシステムのFM Station II(FM2-N)の取扱説明書には,PC-386NOTE AEまたはARに本品を接続すると,外部ディスプレイ出力が可能とありますので,386NOTE ARでは110ピン拡張バスにアダプタを接続しても外部ディスプレイへの画面表示は可能です.
 注1:EPSON 98互換機 Part6の304番の投稿でも, PC-486NOTE ASでは110ピン拡張バス拡張コネクタにビデオ信号出力ピンを含まないとされています.筆者はエプソン総合カタログにあるという記述は誤記であろうと考えています.
 注2:110ピン拡張バスに取り付ける外部ディスプレイ接続用アダプタ(あるいはケーブル)としては,CRT Adapter EX CRTA-03E(八戸ファームウェアシステム)や NOTEKISS CRT-14(R&D)などがありました.下はCRT Adapter EX CRTA-03Eの画像です.ヤフーオークションで出品者IDが smile_me,オークションIDが l573650057(2020年1月28日に落札)の出品物の画像を加工(元画像から切り出して半分に縮小後jpg形式に再変換)したものを引用します.


    なおNMB-S/NMB-G(メルコ),CDBOX(I・Oデータ)(注2.1),FM Station II FM2-N(八戸ファームウェアシステム),マルチメディアパック98n MMP-98N/MMP-98N2(コンピュータテクニカ),WIN-note 98(キュービジョン)など,外部ディスプレイ接続用コネクタも備えた110ピン拡張バス用増設機器も多数存在しましたが,殆ど(少なくとも直上に名前を挙げた製品はすべて)はこれらの機器に内蔵されているグラフィックアクセラレータによるWindows画面の出力のみに対応しており,MS-DOSの画面などは表示できません.
    注2.1:PC-386NOTE ARの110ピン拡張バスコネクタに出力されているアナログRGB信号をCDBOXに接続する工作が,福田卓也さんの2021年4月10日のツイート(1234)で紹介されています.
 注3:CRT Adapter AR CRTA-04Eの画像が,健康と美容のために、食後に一杯の紅茶。さんの2021年12月8日のツイート に,分解画像とDAC部(?)の回路図が,ETHYLE~1.SYSさんの2020年9月9日のツイート に,また,エプソン98互換ノートの液晶ディスプレイモジュールのコネクタのピンアサインが,ETHYLE~1.SYSさんの2020年10月29日のツイート にそれぞれ掲載されています.

一部のエプソン98互換ノート・BOOKの80ピン拡張バスに取り付ける機器で外部ディスプレイ接続用コネクタを持つものには,CRTアダプタではAD-286N(ELECOM)やCRTA-01E(八戸ファームウェアシステム)が,FM音源ユニットではFM StationやFM Station II FM2-L(八戸ファームウェアシステム)がありました.下はAD-286NとCRTA-01Eの画像です.ヤフーオークションで出品者IDが bubcom80,オークションIDが t632610999(2019年2月27日に落札)の出品物の画像を加工(元画像から切り出して1/3に縮小しガンマ補正値を上げた後jpg形式に再変換)したもの(左)と,ヤフーオークションで出品者IDが kik0841s,オークションIDが h339174599(2018年9月22日に落札)の出品物の画像を加工(同上)したもの(右)をそれぞれ引用します.


また下はFM Stationの画像です.ヤフーオークションで出品者IDが hamayokotobe,オークションIDが e138148825(2014年10月8日に落札)の出品物の画像を加工(元画像から切り出して2/3に縮小しjpg形式に再変換)したものを引用します.


80ピン拡張バスに出力されているディスプレイ信号はディジタルRGB信号ですので,デジタルRGB(8pin)はアナログRGB(15pin)の夢を見た!(Yahoo!ブログ,"おいらの趣味(興味)"の2010年1月10日の記事)にある信号ラインの処理の仕方を参考にすれば,80ピン拡張バスに外部アナログディスプレイを接続できるケーブルが作製できのではないかと思います.この記事中の結線図のアナログRGB端子は15ピン3列のものであることに注意して下さい(詳しくはPC-98 tips集のディスプレイ関連の項を参照).また,No.046の部屋 --> 懐パソのオモヒデ EPSON に掲載されているプロセッサ1990年9月号(技術評論社発行)の記事 に,80ピン拡張バスに外部アナログディスプレイを接続するための回路が掲載されています.また下はユニバーサル基板を使用して自作された,PC-386NOTE Aの80ピン拡張バスとアナログディスプレイとのインターフェースです.ヤフーオークションで出品者IDが timspenrod,オークションIDが r85717706(2012年5月8日に落札)の出品物の画像を加工(元画像から切り出してガンマ補正値を上げた後jpg形式に再変換)したものを引用します.見る人が見れば結線の見当が付くかもしれないと思いますので掲載します.



なお筐体が灰色の98ノート(PC-9801N―PC-9821Na15/X14)では,外部ディスプレイ出力の水平同期周波数は24.8kHz固定であり,筐体が黒の98ノート(PC-9821Nr/Nw/Ls/La各シリーズ)では,外部ディスプレイ出力の水平同期周波数を24.8kHz([GRPH]+[1])と31.0kHz([GRPH]+[2])のいずれかに設定可能です(どるこむの過去ログ,[845] 水平走査線周波数について を参照).エプソン98互換ノート・BOOKでの外部ディスプレイ出力の水平同期周波数については,エプソン98互換機におけるビデオ出力水平同期信号周波数の設定方法 を参照して下さい.


トップページ