MATE-A等専用SCSI I/Fのコネクタピンアサインと
スルーボード化工作


PC-9801FA/FS/FXやMATE-Aの本体背面左のSCSIインターフェーススロットに装着するSCSI I/F(注1)のアンフェノールハーフピッチ120ピンコネクタ(注2)のピンアサインの情報は, まあぼの部屋 --> PC-98 Crafts --> 共通:SCSIスルーボード化! にあります(注3・4・5).またここには,ICM製IF-2560とCRC製CPC-FISAの完全スルーボード化(リソースを消費せずI/F存在信号もない)工作の記事もあります[Internet Archiveに保存された記事のため,一部の画像が失われてしまっていますが,内容を理解することは十分可能です(注6)].これらの情報を元に自分でSCSIスルーボードを作成することも可能でしょう.実際に作成した例もあります[Yahoo!ブログ,"ワイルドで現金な邪念の掃き溜め" の 自作スルーボード(その1)(その2)(その3) の記事を参照].またSMIT転送ボードの試作例もあります[Chibilly Page --> マイコンピュータ --> PC-9821Ap2 --> "SCSI専用スロットを活用しよう" の "詳しく見たい!"(筆者の環境では "詳し" しか表示されません) --> SCSI専用スロットにSMITを を参照.ただしInternet Archiveに保存された記事のため,画像が一部失われてしまっています].
 注1:これらのI/Fの外観はMATE-A等専用SCSI I/F一覧 を参照して下さい.
 注2:このコネクタには形状の異なるものがいくつかありますが,PC-9801FAのファイルスロットバックパネルで使用されているコネクタと基本的には同じものです(ちま??ちまさんの2022年4月29日のツイート を参照).また鴨川ネギさんの2020年2月28日3月2日のツイートで,エプソン98互換ノート/ラップトップ機の80ピン拡張バスコネクタ(アンフェノールハープピッチ80ピンメス)に接続するオスコネクタをカードエッジコネクタとして作成している同人ハードウェアが紹介されていますが,SCSIインターフェーススロットに装着するI/Fを自作する場合,そのオスコネクタも同様にカードエッジコネクタ(新たに作成するか,既存のものを加工するかは別にしても)で代用できるかもしれません.ついでに言えば,110ピン拡張バスに接続するオスコネクタについても同じことが考えられます.
 注3:"スルーボード" とは,Cバススロットに増設したSCSI I/F[転送モードはDMA,CPU(IO,FIFO,W-FIFO,GT,W-GT),バスマスタ(バススチール),SMITのいずれでも可]の外部コネクタからの信号ラインをSCSIインターフェーススロットに引き入れ,本体内部のSCSI機器に接続した後,デイジーチェイン用あるいはターミネータ接続用に,信号ラインをSCSIインターフェーススロット外部に引き出すためのI/F(実質的には単なる配線板)を指します.製品として市販されているものとしては,緑電子のMDC-FA001(注3.1),キャラベルのSK-M33,玄人志向の二種盛り合わせ(PK98-2SYUMORI:10-BASE TのLANボードとの複合I/F)を確認しています.
    注3.1:MDC-FA001の基板両面の大きな画像がaucfanに保存されています().基板上に実装されている部品は1kΩ抵抗2個と(多分一般的な)ダイオード1個のみで,いずれもリード線の一方が裏面の広いパターンと繋がっているように見えます.リード線のもう一方がどの信号ラインに接しているかは,120ピンコネクタとの位置関係から割り出すことができるでしょう.
 注4:スルーボードを使用せずにCバスSCSI I/FによりPC本体内部に増設したSCSI機器を動作させる方法としては,CバスSCSI I/F上に50ピンフラットケーブル接続用オスコネクタを増設するという方法や(しーど君の工作記 --> MENU --> 今宵銀河を廃にして --> SC-98IIIに内蔵コネクター取り付け などを参照),SCSI専用スロットの蓋を外して,そこからPC本体内部に引き込んだケーブルをSCSI機器に直接接続する方法などもあります(わくわくWANILAND --> PC-98改造記録 --> PC-9821Ae改造 などを参照).SCSI籠を必ずしも使用せずにPC-9801FA/FS/FXとMATE-AにSCSI HDDを内蔵させる方法 も参照して下さい.
 注5:CバスSCSI I/Fの種類によっては,SCSIインターフェーススロットのA30ピンをGNDに接続すると,データ転送速度が向上します(SCSIインターフェーススロットのA30ピン を参照).
 注6:筆者はこれらの記事がWWW上で公開されていた当時に記事を印刷したものを持ってはいますが,スキャンするなどした画像を本記事内で引用することは少し躊躇われます.

またPC-9821A-E10をリソースを消費する "疑似スルーボード" 化する方法については,琵琶湖スライムの寝床(Internet Archive内) --> 琵琶湖スライム電脳工房 --> PC98x1 ALL機種編, および, move-α --> 電脳 --> A-MATE --> A-E10 と 内蔵SCSI で SMIT! (SCSI スルー)  の記事(注1)がよくまとまっています(注2).PC-9821A-E10(他のMATE-A等専用SCSI I/Fでも同じ筈です)で内蔵機器側の信号のターミネーションがPC-9821A-E10上の集合抵抗により行われていることは,A-MATEr's BBS 過去ログ その38 で明らかにされています(注3).なお緑電子のMDC-FA001では,上記の通り,内蔵機器側の信号のターミネーションを,ブラケットに取り付けられている2つの外部SCSIコネクタの一方にターミネータを接続することで行います(文字通りの信号スルーボード).
 注1:画像も保存されているとの理由から,Internet Archive内のこの保存日の記事にリンクしていましたが,現在は画像が失われてしまっています.Internet Archiveに保存されている記事では時々こういうことが起こります.
 注2:PC-9801FA-02を疑似スルーボード化する手順が,小高輝真 (1993). PC-9801FAに富士通M2624FA 520MバイトHDDを内蔵する 98パワーアップ改造名人 技術評論社 pp.169-175. に記載されています.PC-9821A-E10の場合と同じですが,PC-9821A-E10の疑似スルーボード化の方法は,この記事などを元にしているのかもしれません.
 注3:SCSI信号は,PC本体内部で ①MATE-A等専用SCSI I/F --> ②HDDスロットに装着されたSCSI HDD --> ③ファイルスロットに装着されたSCSI機器 --> ④MATE-A等専用SCSI I/F(上のターミネータ) の順に流れます.つまり専用SCSI I/Fから出た信号がPC本体内部で折り返されて専用SCSI I/Fへと戻ってくる構造になっています(えーめいたーず掲示板過去ログその38 を参照).PC内部でのSCSIケーブルの実質的なケーブル長は機種によらず40cmで,この値はSCSI籠とファイルスロットSCSI機器の増設の状態に無関係です(本体ガイドブックの記述では,NEC製の内蔵用SCSI機器のケーブル長は,機器によらず0mとされています).なお外付けのSCSI機器を接続する場合も合わせ,各SCSI機器内部+SCSI機器間のケーブル長の上限は6mです.

またどるこむの過去ログ,[30889] FA-02のスルー化 には,PC-9801FA-02のスルーボード化工作に関する情報があります(注1).ただしこの工作を行ったPC-9801FA-02,および上記の "疑似スルーボード" 化したPC-9821A-E10では,上記の通りSCSI信号のターミネーションはPC-9801FA-02/PC-9821A-E10上のターミネータ(集合抵抗)により行われます(注2).SCSIインターフェーススロットから外部に信号ラインを引き出すことはできません.集合抵抗を撤去してケーブルを引き出せば可能なのかもしれませんが,工作の例は聞いたことがありません.
 注1:これとは別な工作を行ったもののようですが,スルーボード化したPC-9801FA-02の画像(小さなものですが)が,紫煙崇拝主義 壱源亭 --> Digital --> PC98改造で出会した苦労話 --> ⑪PC9821AnにてPK98-2SYUMORIを使ってみた。 に掲載されています.またスルーボード化されたPC-9801FA-02がヤフーオークションに出品されたこともあります(注1.1).あまり鮮明なものではありませんが,改造箇所の見当がつく人もいると思いますので,画像を下に示します.出品者IDが dragon_horse_wot,オークションIDが r396968846 のヤフーオークションの出品物(2020年5月1日に落札)の商品説明画像から切り出して半分に縮小しガンマ補正値を上げた後jpg形式に再変換した画像を引用します.


    注1.1:ヤフーオークションには,同じ出品者によりスルーボード化されたMDC-FA552が出品されたこともあります.こちらの出品物では,改造箇所の見当がつけられるような商品説明画像はありませんでしたが,このI/Fにもスルーボード化改造の実績があることになります(スルーボード化改造の基本的な方法については,本記事冒頭にある まあぼの部屋 へのリンク先を参照).
 注2:基板上のターミネータの関係で,(疑似)スルーボード化されたPC-9801FA-02を転送速度の高いCバスSCSI I/Fと接続して使用することは危険ではないかとの見解があります(えーめいたーず掲示板過去ログその6 を参照).確かにPC-9801FA-02には220Ωと330ΩΩがペアになった集合抵抗(331/221の表記のある "BI NS11-5-331/221J 228" という11本足の集合抵抗一対)が使用されており,信号ラインとの接続の仕方は確認していませんが,ターミネータはパッシブであると思われます.筆者の所有する他のMATE-A等専用SCSI I/Fでは,LHA-15FAでBI M11-5-221/331J 214,EIF-98FBとB55F-BMNでS 221-331-18Z IAMと書かれた11本足の集合抵抗ががそれぞれ一対,HA-FA02でRMLS9 331JとRMLS9 221Jと書かれた10本足の集合抵抗が1個ずつ使用されており,いずれもパッシブターミネータと思われます.また,IF-2560(MATE対応版)でBI M10-1-111G 239,IF-2560(MATE非対応版)ではBI M10-1-111G 216(または末尾221),HA-FA02WでBI M10-1-111J 430 と書かれた10本足の集合抵抗がそれぞれ一対使用されていますが,これらはアクティブターミネータの可能性があります(かかっくんさんよりご教示をいただきました).CPC-FISAは基板上に集合抵抗が見当たりません.恐らく自社製のカスタムチップ(CRC SC91001-096)がターミネータを内蔵しているのでしょう.PC-9801FA/FS/FX時代の製品と考えられ,その著しく低い性能なども考えるとターミネータはパッシブではないかと考えましたが,はっきりしません.なおPC-9821A-E10ではアクティブターミネータが使用されていることが確認されています.


なおPC-9821/Ceの本体背面にアンフェノールハーフピッチSCSIコネクタ(本来は外付けSCSI機器接続用)とCバスSCSIボードをケーブルで接続し,CバスSCSIボードで内蔵CD-ROMドライブを動作させることができます(どるこむの過去ログ,[7135] Ce内蔵CDROMドライブを、Cバスに挿したSCSIで使うのは安全か?evu's room --- べんちまぁくのevuだよ!! --- --> ねぇねぇ、おしえてっ!! --> 4> Q88 LogitecのハードディスクLHD-B240をお古のPC9821Ce model S2に繋げたい などを参照).これは一種のSCSIスルー動作と言えないこともないので,本記事の内容と直接の関係はありませんが,ここに書いておきます.


トップページ