反転IDEケーブル


通常のIDEケーブルでは,両端のコネクタ(コネクタが3つある場合もありますが,ここでは両端の2つのコネクタだけを考えます)が同じ向きに取り付けられています(下図左).しかしPC-98の一部の機種のIDEケーブルでは,両端のコネクタが互いに表裏逆になるように取り付けられています(下図右,注1・2).本記事では,HAMLINさんがPC-98の内蔵FDDケーブルの特徴を解説するために導入された用語に倣い,前者をストレートIDEケーブル,後者を反転IDEケーブルと呼称します(HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_18 ストレートケーブルと反転ケーブル を参照).
 注1:反転IDEケーブルでは,IDE機器接続用のコネクタのピン番号の振り方は,通常のIDEケーブルのコネクタのものと同じです.反転しているのは,マザーボード接続用コネクタの方です.これは,反転IDEケーブルが使用されている機種では,マザーボードのIDEオスコネクタのピン番号の振り方が,通常のIDEオスコネクタのものを反転した形になっている(従ってピンアサインもそうなっている)ためです.
 注2:反転IDEケーブルでは,IDE機器接続用コネクタに突起のないタイプが使用されている場合があります.

反転IDEケーブルが使用されている機種で通常のストレートIDEケーブルを使用すると,マザーボードの信号コネクタのGNDピンがIDE機器の信号コネクタのGNDピンに正しく接続されない状態となるため,IDE機器を破壊する危険があります.実際にCFを破損したという事例が報告されています.


PC-98で使用されているIDEケーブルは殆どがストレートIDEケーブルですが(注1),一部の機種では反転IDEケーブルが使用されています.反転IDEケーブルが用いられていることが確認されている機種は,PC-9821Ce2/Cs2/Cx/Cx13であり(注2),他にMATE-A用のNEC製IDE籠でも反転IDEケーブルが使用されていることが明らかになっています.
 注1:Fellow,MATE-B,MATE-X,MATE-R,ValuestarではストレートIDEケーブルが使用されています.またファイルベイモデルないしファイルベイアダプタを取り付けたPC-9821Ap3/As3のファイルベイバックパネルに接続するケーブルもストレートIDEケーブルです.
 注2:他のCanBe(の一部)でも反転IDEケーブルが使用されている可能性がありますが,情報がありません.

下は左から順に,Ce2/Cs2のHDDユニット(PC-HD170C)のケーブル,Cx/S3に元々内蔵されていたのHDDユニット(容量540MB)のケーブル,NEC製のMATE-A用IDE籠(HD540A)のケーブルの画像です.HD540Aのケーブルは突起のない下側のコネクタがHDD接続用です(ケーブルが非常に短く,ケーブルを捻ることができないため,コネクタに突起がなくても逆差しの危険はありません).左は出品者IDが angel_symphony,オークションIDが q324178204 のヤフーオークションの出品物(2019年12月1日終了予定)の商品説明画像から切り出して半分に縮小後jpg形式に再変換した画像,また中央は出品者IDが hamayokotobe,オークションIDが s648511425 のヤフーオークションの出品物(2019年11月28日終了予定)の商品説明画像から切り出してjpg形式に再変換した画像をそれぞれ引用しました.


反転IDEケーブルがCe2のマザーボード上のコネクタに接続された状態の画像がPC-9800シリーズは電気林檎の夢を見るか --> 所有マシン・周辺機器類 --> PC-9821Ce2に,またCxのマザーボード上のコネクタに接続された状態の画像がCBRで風になる〜♪ --> PC-9821cx改 のレビュー(2017年9月6日の記事) にそれぞれ掲載されています.後者の画像では,HDDの文字がコネクタ部分に重なってしまっていますが,注意深く見ると,真ん中の "D" の文字の内側の穴の部分を通して,マザーボード上のメスコネクタの切り欠きにIDEケーブルのコネクタの突起がはまっている様子がわかるでしょう.

ジャンク屋の店頭やインターネットオークションなどでは,一つの製品が部品ごとにバラされて売られていることがありますが,そのような状態のMULTi/CanBe本体やHDDまわりの品,あるいはNEC製IDE籠などを入手する場合にはIDEケーブルにも注意が必要でしょう.


トップページ