98ノート/エプソン98互換機ノート用2.5インチHDDパック


98ノートとエプソン98互換機ノート用の2.5インチHDDパックについてまとめました.
K. Takataさん,真空管猫さん,爆竹銃さん に情報をいただきました.


■98ノート用HDDパック
98ノート用HDDパックは,NECの他,メルコ,I・Oデータ,ICM,ELECOM,Logitec,日本TEXA,加賀電子,緑電子,コンピュータリサーチ,TEAC,コニック,松下インターテクノなどから出ていました.

パックを介在させることなく本体に直接HDDを内蔵できる機種は以下の通りです.
【HDD上限540MB】PC-9801NS,NL/R,NL/A
【HDD上限4.3GB】PC-9821Ld,Lt,Lt2,La7,La10,La13,Ls12,Ls150/S14 modelC/D
【HDD上限4.3GB超】PC-9821La13/S14Rを除く1997年5月以降発売のすべての機種(この記述はK.Takata's Web Page --> PC-9821 Note 改造の手引き --> PC-9821 Note 改造 Q and A --> HDD 編 に拠っています)

(1) ノートPC
@21mm厚枠型
【HDD上限540MB】PC-9801NS/E,NS/T,NC,NA,NA/C,NS/R,NX/C,NS/A,PC-9821Neに対応
【HDD上限4.3GB】PC-89821Nd,Nd2,Ne2,Ne3,Nm,Ns,Np,Nfに対応
・針金製の取っ手とHDDパックを本体に固定するための耳状のネジ留め部分がある.PC-9801N-26(増設用2.5インチ固定ディスクドライブ実装ユニット.HDDパックのコネクタと固定枠,固定用ネジのセット)と同じサイズ.


・NA以前の機種では,BIOSによる制限のためNEC純正HDDパックの容量までしかフォーマット・領域確保ができない(NSでは20MBまで,NS/E,NC,NS/Lでは40MBまで,NS/Tでは80MBまで).これらの機種で540MB未満のHDDを全領域使用するには,サードパーティ製HDDパック付属のフォーマッタを使用するか,この種のBIOS制限のない機種でフォーマット・領域確保を行ったHDDを用いる.(この記述は地球と海とバリアフリーを考える web site --> パソコン活用とバリアフリーを考える --> PC-98 Fan Forum - Annex --> 98ノートQ&A --> 【記憶装置】 に拠っています)

ANS/L用14mm薄枠型
【HDD上限540MB】PC-9801NS/Lに対応(PC-9801NS/L-35(40MB)では他にNS/R, NX/C,PC-9821Neが正式に対応)
・耳状のネジ留め部分がない.
下はCaravelle製AV-080NSLの画像(爆竹銃さんよりいただいた画像を加工しました).


・コネクタの高さやガイドレールの位置がわずかに異なるものの,HDD固定用のねじを緩めて遊びを作ればNa系用14mm薄枠型での代替可(逆にNS/L用14mm薄枠型でNa系用14mm薄枠型を代替することも可能)との報告あり.
下図左はNS/L用14mm薄枠型パック,右はNa系用14mm薄枠型パック(爆竹銃さんよりいただいた画像を加工しました).



BNa系用14mm薄枠型
【HDD上限4.3GB】PC-9821Nx,Na7,Na9,Na12,Na15に対応
・プラスチック製の枠のもの(下の画像)と金属製のケースのものを確認している.いずれも針金製の取っ手があり,耳状のネジ留め部分はない.
・21mm厚枠型の代替品として使用する場合には固定方法の工夫が必要.


21mm厚枠型(下の画像の左側)とコネクタの形状は同じ(98ノート/エプソン98互換機ノート用2.5インチHDDパックのコネクタ も参照).


CNb/Nr系用14mm薄枠型
【HDD上限4.3GB】PC-9821Nb7,Nb10,Nr12,Nr13,Nr15,Nr150/X14F,Nr166に対応
・針金製の取っ手のない金属製の枠のものと,取っ手のある金属製のケースのものとを確認している.いずれも耳状のネジ留め部分はない.下の画像では後者のラベルはHDDパックの底面にある.


・このタイプのHDDパックには取っ手のない17mm厚枠のものが存在する(コネクタ基板はG8YKW AI・764,136-552626-A-01:下の画像の左側).筆者所有のものにはIBM MODEL:DLGA-23080(3080MB)が収められているが,どるこむの過去ログ,HDD換装について によれば,Nr166に標準で内蔵されているものらしい.


なおNS/L用14mm薄枠型・Na系用14mm薄枠型とNb/Nr系用14mm薄枠型では,コネクタの位置も形状も異なる(上がNa系用14mm薄枠型,下がNb/Nr系用14mm薄枠型:98ノート/エプソン98互換機ノート用2.5インチHDDパックのコネクタ も参照).



(2) デスクトップ/ラップトップPC
【HDD上限540MB】PC-9801US,PC-9821,Ce,Ts,Es,PC-H98T
・21mm厚枠型が正式に対応.Na系用14mm薄枠型も取り付け可能だが固定方法を工夫する必要がある.


(3) ファイルスロットHDDパックアダプタ
・NOTE ADAPTERは21mm厚枠型パック用のコネクタとNS/L用14mm薄枠型パック用のコネクタを別々に備えている.NS/L用14mm薄枠型パックは天地逆に装着される.



(4) ファイルベイHDDパックアダプタ



(5) CバスHDDパックアダプタ




(6) 98ノートドライブベイ固定ディスク
【HDD上限4.3GB】PC-9821Nb7,Nb10,Nr12,Nr13,Nr15,Nr150/X14F,Nr166に対応
・HDDパック用のアダプタではなく,これ自体が2.5インチHDDのアダプタ.中身のドライブは簡単に交換可能.
・NEC製のものはPC-HD540NH(540MB)とPC-HD1000NH(1GB).ゼベルの色は灰色で,アクセスLEDがついている.
・TEAC製のものもあったらしい.

(7) 外付けIDE-SCSI変換ユニット

・びると館では厳密なIDE-SCSI変換が行われていない.従ってSCSI BIOSでは動作するもののWindows95/NT等ではLUNのサポートを含め使い物にならない(【NEC】PC-9821/9801今はサブ3【98】 の353番の投稿を参照).


・EN-98BOXはHDDパックを2個装着可能(爆竹銃さんよりいただいた画像を加工しました).




■エプソン98互換機ノート用HDDパック
エプソン98互換機ノート用HDDパックは,エプソンの他,メディアインテリジェント,メルコ,ICM,ELECOM,Caravelle,コニック(=ARKWOOD?),TEAC,Logitecなどから出ていた.

(1) ノートPC
PC-386note A,AE,AR,PC-486note AS,AU,AV,AT,PC-586note AT用

(2) デスクトップ/ラップトップPC
PC-386BOOK L,PC-486SE,SR,FE2,FR2,FS2,HX2,HX5,HG2,HX2GW,HG2GW,HG5,HA2用

下は長さ12cmのHDDパック.


・PC-386P,PC-486Pに装着するためにはPCPHDPAが必要.

・PC-486MU,MR,MS,RS,PC-586RA,RX,RT,RV,RJではPCHDPA2が必要.HDDパック内のドライブはマスタ設定のため,PCHDPA2に装着したHDDパックを内蔵HDDと共存させる場合には,PCHDPA2をセカンダリマスタに設定.

・PC-386BOOK L,PC-386NOTE A ではPC-386NOTE AR以降用の通常の12cmのHDDパックは物理的に装着できない(※),11cmの短いパックのみ使用可能.前者が使用される機種では後者も使用可能(ノートPCではHDDスロットの蓋の裏に後者を固定するための仕掛けがある).11cmの短いパックでは内蔵されているHDDも通常の2.5インチHDDより短い.このタイプのHDDはICMの98ノート用旧型パックの一部のロットで使用されていたことを確認している.
 ただし11cmタイプの20MBのパックでは,自身の一部としてパック用のコネクタを持つ特殊なドライブが採用されているため,ドライブの換装は事実上不可能。筆者はCaravelle製AV-020EP(ドライブはPrairieTek製Prairie120,長さ約10cm)がこのタイプであることを確認しているが,他にもエプソン製(PCNTHD20)とICM製(Pack-20)のパックにおいて同様のドライブが採用されているとの報告がある.
※PC-386note AEのHDDパックを短いタイプと述べているウェブページがあるが,筆者所有の長いHDDパックであるARKWOOD製MI-AE80(80MB)ではケースのラベルに "FOR PC386 note AE" と印刷されている.

・HDDの認識上限については不明な点が多いが,本体のBIOSによる制限(80MB?,540MB?)はあるものの,サードパーティ製フォーマッタによってその制限を解除できる場合や,(540MB?)BIOS制限のない機種でフォーマット済みのドライブであればその制限を越えて使用できるものがあるという.領域確保は2GBまでならOKらしい(エプソンによるHDD交換サービスでは最大2GBのHDDパックが用いられていた).
 これはPC-386note W(ただし実機での確認は1GBまで),AR,PC-486note AS,PC-486SE,SR,HG,HXで確認されている.筆者自身もPC-486SE,SRで2GBまでは使用できることを確認している.なおPC-486FRで3GBのドライブが使用できたとの報告がある.
 またNECのPC-98でフォーマット(および領域確保)したHDDも使用できる.
 PC-486note AS,PC-486SE,SRではNEC版のMS-DOS6.2を用いれば当該機種でのフォーマットが可能との報告あり.

・内蔵IDEインタフェースにE-IDEが採用されたのはPC-486M系以降の機種であるが,これらの機種では4.3GB近辺の容量のHDDは認識しないことがあり,4.0GB程度に抑えた方が無難と言われている.またHDDの換装にはWestern Digital,IBM両メーカーのドライブを用いるのが安全という.富士通やMaxtorのドライブでは認識しない事例がある.なおエプソン製フォーマッタ "FORMATHD" は3.5GB以上の内蔵IDEドライブはフォーマットできない仕様となっているため,それを超える容量の内蔵IDE HDDのフォーマットにはNEC製のMS-DOSかICM,緑電子,Logitec等のフォーマッタを使用する必要がある.

(エプソン98互換機でのIDE HDDの認識容量に関する記述は,2000年12月にEPSON98開発公団より発行された同人誌 "Oh! EPSON PC" の大量投稿/○oo氏の記事に大きく拠っています)

PC-486HX,HG,HAにノートPC用HDDパックを介さずに直接2.5インチHDDを内蔵させる方法がPC486Hx最強化計画で公開されていました(リンク先はInternet Archiveですが,画像データが失われているようです).