MATE-AのプライマリIDEでの
スレーブ機器の使用


MATE-AのプライマリIDEは,HDD専用ベイに装着されるいわゆるIDE籠に内蔵されたHDDによってのみ使用されています(注).このHDDはマスタ接続です.ではこのプライマリIDEにはスレーブ機器を接続して使用できないかというと,そのようなことはありません.Ap/As/AeからAp3/As3に至るまで(Afでは報告がありません),プライマリスレーブでCD-ROMドライブを使用することは可能です(サイクル掲示板の2019年2月過去ログの "汎用スレッド2019年2月 パート3" スレッド,"汎用スレッド2019年2月 パート4" スレッド,PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> ●ノウハウ記事を読む --> [PC-98] オンボードIDEがmasterしか使えない機種でslaveも使う 等を参照).MS-DOS上ではNECCDM.SYSで認識できます.
 注:Ceなども同様であり,それらの機種でもプライマリスレーブが使用できるかもしれません(PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> ●ノウハウ記事を読む --> [PC-98] オンボードIDEがmasterしか使えない機種でslaveも使う 等を参照).

IDE籠の信号ケーブルは非常に短く,かつマスタ接続用のコネクタしかついていませんので,CD-ROMドライブをスレーブ機器として接続するためには,先端にマスタ機器接続用のコネクタ・途中から分岐したケーブルの先端にスレーブ機器接続用のコネクタを持つケーブルを継ぎ足す必要があります.IDE籠の内部のスペースの関係で,ケーブルはHDDの上で折り返すことになりますが(HDDの代わりにCFを取り付ける場合にはスペースに余裕ができます),CD-ROM接続用のケーブルをIDE籠から外に引き出すためにIDE籠の蓋を取り外す必要がありますので,これはIDE籠をHDD専用ベイに収める上で支障にはならないでしょう.
 注:プライマリマスタ接続の内蔵IDE HDDの認識上限が544MBの機種では,Revisor for Enhanced Ide(REI) (amiware)や PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム上の制限を解除するソフトウェア --> EXIDE544(IPLware),EXIDEAe(ROMプログラム.Ap/As/Aeでのみ使用可能) によって,4.3GBまでのIDE HDDが使用できるようになります.

CD-ROMドライブはファイルスロットに取り付けます.5インチサイズのCD-ROMドライブを使用するためには(注),ファイルスロットの加工が必要となり,作業が非常に大変ですので(ファイルスロットFDDユニットの製作 を参照),薄型(スリム)のものを使用するのがよいでしょう.薄型光学ドライブへの接続にはケーブルの変換が必要です.PC/AT互換機ノートのジャンク品などからケーブルごと取り外した薄型光学ドライブを使用するのが簡単でしょうが,状態の良いものは少ないかもしれません.
 注:SCSI接続のものですが,5インチサイズのCD-ROMドライブをファイルスロットに取り付けた例はあります(CD-ROMを取り付けた例もあります(わくわくWANILAND --> PC-98改造記録 --> PC-9821Ae改造 を参照).

薄型光学ドライブのファイルスロットへの固定には,5インチベイに3.5インチ機器を取り付けるためのマウンタ(プラスチック製のものが加工に好都合です)などが使えるでしょう.側面の高さが28mm以下(それ以上であれば高さを切り縮める必要があります)のマウンタは,上下逆にすればファイルスロットに入れることができます(NEC製PCカードスロット増設アダプタ を参照).5イチベイに薄型光学ドライブと3.5インチ機器を取り付けるマウンタがよいかと思いますが,上下を逆にするため,薄型光学ドライブの固定には工夫が必要でしょう.


プライマリスレーブにHDDを接続する場合には,PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> ●ノウハウ記事を読む --> [PC-98] オンボードIDEがmasterしか使えない機種でslaveも使う を参照して下さい.


トップページ