エプソン98互換機における
HDD容量認識上限


エプソン98互換機でのIDE HDDの認識容量上限の問題(注1)は,エプソン98互換機関係のBBS等で繰り返し話題となってきたものであり,そこでの成果の多くは,EPSON98開発公団の "Oh! EPSON PC" (2000年12月30日発行)の大量投稿/○oo氏の記事(注2),"EPSON PCの拡張小ネタ集(暫定版)" (pp.72-78),およびEPSON98サービス機構・EPSON98互換機同人誌復刻委員会(編)の "E-SaPa別冊 蘇るEPSON PC伝説 永久保存版" (2004年8月15日発行)の "EPSON PCの拡張小ネタ集" (pp.47-63)に記事としてまとめられています(後者は前者を再構成したものの再録です).本記事は,これらの同人誌の記事の内容を,筆者がこれまでに収集してきたエプソン98互換機関連のBBSのログ等と突き合わせて確認し,自験例を加えて執筆したものです.この問題に関する報告には古いものが多い上,テスト環境が十分明らかでないものも少なくないため,情報が大分錯綜しています.
  注1:内蔵SCSI HDDの認識容量上限の問題については,PC-98/エプソン98互換機のHDD内蔵用金具 を参照して下さい.
  注2:この同人誌には,"Oh! EPSON PC DATABOOK出張版 2000年冬号" というクリーム色のB4版二つ折りの紙が添付されており,そこに正誤表も掲載されています.古書で入手される際にはご注意下さい.なおこの同人誌の記事の一部は,後に "E-Sapa別冊 甦るEPSON PC伝説 永久保存版" に再録されましたが,そこでは正誤表にある誤記が修正されている箇所とされていない箇所があります(筆者が所有している冊子版の場合.PDF版の場合は不明).


(1) ノートPC/BOOK/PC-486M系以前のデスクトップPC
 本体のBIOSによる制限[40MB(PC-386BOOK L,PC-386NOTE A/W),80MB(PC-386NOTE WR,AE),540MB(PC-386NOTE AR,PC-486NOTE AS)]はあるものの,サードパーティ製フォーマッタによってその制限を解除できる場合や,BIOS制限のない機種でフォーマット・領域確保済みのドライブであればその制限を越えて使用できる場合があります.筆者自身は,NEC製のMS-DOS6.2を使用し,PC-386NOTE Wでは1GB,またPC-386NOTE AR,PC-486NOTE AS(注1),PC-486SE/SRでは2GBまでのHDDが使用できることを確認しています(注2・3).PC-486HA/HX/HGのHDD認識上限については不明です.筆者はPC-486HX/HGで2GBのHDDが使用できることを確認していますが,それ以上の容量のHDDではテストできていません.なおPC-486FRで3GBのドライブが使用できたとの報告があり(全容量が使用可能かは不明),またPC-486NOTE AU/AV/ATおよび PC-586NOTE AVで使用可能なHDDの上限は4GB(4.3GBではない?)といいます(注4)(例えばどるこむの過去ログ,486NAUに4.1GB搭載完了! などを参照).また2GB以上の日立製のドライブは使用できないとの報告が散見されます(一方で使用できたとの報告も少数ながらあります).
  注1:NiftyServeのフォーラム内でのみ提供されていたらしいCHKBIOSというソフトウェアにより,PC-486NOTE ASでは2.1GBのHDDまでは使用できる(ただし先頭から544MB以内の領域からシステムを起動させる必要がある)ことが明らかにされているといいます.なおPC-486NOTE AUでは,HDDの先頭から544MB以内の領域からシステムを起動させる必要があるとの説と,その必要はないとする説の両方があります.
  注2:PC-486SR等では,先頭から500MB(544MB?)以内の領域からシステムを起動させる必要があるといいます.
  注3:4.3GB以下のHDDがPC-486SRで使用できているとの報告もありますが,使用可能な領域はやはり2GB程度のようです(どるこむの過去ログ,[2753] PC−486SE内臓HDD[2947] PC-486SR内蔵HDDについて を参照).
  注4:一部の2.5インチHDDには,固定用のネジ穴がHDDパックのものと異なるものがあります.容量の大きなものに多いようです.

(2) PC-486M系以降のデスクトップPC
 内蔵IDEインタフェースにE-IDE(注1)が採用されたデスクトップ機はPC-486M系以降の機種ですが,これらの機種ではどういうわけか4.3GB近辺の容量のHDDは認識されないことがあり(注2),4.0GB程度に抑えるのが無難とされています.またHDDの換装にはWestern Digital・IBM両メーカーのドライブを用いるのが安全といいます.日立,富士通,Maxtorなどのドライブでは,容量が少ない場合でも認識されない事例があります(注3).なおエプソン製フォーマッタ "FORMATHD" は3.5GB以上の内蔵IDEドライブはフォーマットできない仕様となっているため(4GB程度のHDDのフォーマット時に容量を16MBなどと誤認識するとの報告もあります),それを超える容量の内蔵IDE HDDのフォーマットには,NEC製のMS-DOSやICM,緑電子,Logitec等から提供されていたフォーマッタ,Windows98の起動ディスク等を使用する必要があります(エプソン版Windows95でのフォーマットでもうまくいかないといいます).2.5インチ−3.5インチIDE変換ケーブル等を使用し,4.3GBまで(あるいはそれ以上)のIDE HDDを認識できるPC-9821デスクトップ機で,あるいはPC-9821ノート用のHDDパックに入れてPC-9821ノートでフォーマットしたHDDも使用できます(注4).
  注1:実際には真のE-IDEではないようで,特にMS-DOSで認識させる場合,HDD接続用ケーブル(プライマリ)・CD-ROM接続用ケーブル(セカンダリ:電源ユニット寄りのコネクタに接続)のそれぞれに1台ずつしか機器を接続できません.HDD・CD-ROMともシングル設定で使用します.マスタ設定では動作に不具合が出るとの報告もあります.ただしWestern Digital製のHDDでは,ケーブルセレクト設定でなければ使用できないものがあります.なおWindows95では,HDDをプライマリマスタ・CD-ROMをプライマリスレーブ(,2台目のHDDをセカンダリマスタ)で使用できます.またHDDは本体側でSASI HDDとしてエミュレートされています(エコロジーなどではドライブ情報がSASIと表示されるといいます)が,Windows95などでは勿論IDE HDDとして扱われます.
  注2:Western DigitalやIBM製のドライブでも4.3GBのものは認識できないとの報告がいくつかあります(一方で,認識して使用できたとの報告もいくつかあります).そのようなケースでは,認識はできても,フォーマッタが,容量を極端に少なく認識したり,領域確保できない部分があるなどの異常な挙動を示したといいます.ただしフォーマッタの種類等,テスト時の状況が十分明らかでない報告が少なくありません.
  注3:認識できなかったとする報告には,テスト条件の詳細が十分明らかでないものも含まれます.なお本記事ではCFやCF-IDE変換アダプタとの "相性問題" に関する話題は扱いません.筆者はこの問題に関する事例も相当数収集しましたが,現在は廃版となった製品に関する報告も少なくないこと(今から極端に古いCFや変換アダプタを使い始めるということもそうはないでしょう),CFはTrueIDEモードを持っているものであれば殆ど問題がないらしいこと,CF-IDE変換アダプタ等も安価かつ容易に入手できるようになったこと,またこの問題は以前ほど重大なものではなくなったことなどから,筆者がこの問題について資料を公開する必要もなかろうと考えました.調査にご協力いただいた皆様には,情報をいただいてすぐに記事の形で資料を公開しなかった怠慢を深くお詫びいたします.
  注4:認識容量の問題を別にすれば,PC-98でフォーマットしたIDE HDDはエプソン98互換機で使用でき,また逆も可能です.エプソン98互換機では,注1に書いたようにIDE HDDをSASI HDDとエミュレートしていますが,これはHDD自体にSASIと見せかけるような細工を施しているためではなく,PC本体BIOSが通常のIDE HDDをSASI HDDとして扱うようになっているという意味です.つまりBIOS経由でHDDにアクセスする場合(MS-DOS等)にはSASIとして扱われますが,ハードウェアに直接アクセスする場合(Windows95やOS/2 ver.1.21等)にはIDEとして扱われます.疑似SASIですのでDMA転送ではなく(CPU転送),DMAチャネルは消費しません.なおSASIエミュレーションによるHDDは,PC-286BOOK-H20内蔵HDDパック,PCNTHD系HDDパック,PCMCIA HDD/フラッシュメモリ,PC-386NOTE W1A・1B/PC-386NOTE WR1B・1D内蔵HDD,PCHDPA,PCPHD40,PCPHDPA,PCHDPA2,PC-486M族・PC-486RS・PC-586R族・PC-586MV内蔵HDDが該当します[この注の後半も,主としてEPSON98サービス機構・EPSON98互換機同人誌復刻委員会(編)の "E-SaPa別冊 蘇るEPSON PC伝説 永久保存版" (2004年8月15日発行)の "EPSON PCの拡張小ネタ集" (pp.47-63)の記述に基づいています].


トップページ