各社製SCSI籠・IDE籠のカードエッジ基板の形状と寸法


NEC,Logitec,ICM,日本テクサ各社製のSCSI籠のカードエッジ基板とIDE籠のカードエッジ基板の形状と寸法です(両者の形状の差異についてはSCSI籠とIDE籠のカードエッジ基板の違いを参照).

各社のSCSI籠のカードエッジ基板の画像です.


■NEC
・SCSI籠:PC-9801FA-37/基板:G8LDB,134-857856-0
・IDE籠:PC-9821A-E05/基板:G8MVU A3・,136-459025-8-02
 籠の背面に対してネジ穴の位置は等しく,基板を相互に入れ替えることが可能.
■Logitec
・SCSI籠:LHD-S100NP/基板:FA I/F,51110006-2
・IDE籠:LHD-MA340PA/基板:MAIF,51210006-0
 SCSI籠ではSCSI-IDセレクタが前面に取り付けられている.
 籠の背面に対してネジ穴の位置は等しく,基板を相互に入れ替えることが可能.
■ICM
・SCSI籠:INTER-120FE/基板:IF-2560-01,920049
・IDE籠:INTER AR-540/基板:AT-01,920079
 SCSI籠は通常の金属製だが,IDE籠はプラスチック製ではめ込み固定式.後者は籠前面より5−6cmと14.5−15.5cmの側面上下にツメが,また前面にも上から1.5−3cm,5−6.5cm,8−9.5cmの位置に浅いツメがある(いずれも型番シールの貼られている側がメス).また背面のカードエッジコネクタ用スリットの上下にもツメのような突起(型番シールの貼られている側)あり.
 SCSI籠の基板はIDE籠のプラスチック製フレームと若干干渉するが,籠の背面に対してネジ穴の位置はSCSI籠とIDE籠で等しく,フレームの干渉部分を削るなどすれば基板を相互に入れ替えることが可能.また基板の幅が広いため,HDDとの間がかなり窮屈となっている.
 ※ICM製のSCSI籠の一部(富士電機製のセミカスタムHDDが使用されていた初期のものか)ではカードエッジのパターンが他のSCSI籠のものと異なり,HDDを換装して使用することができないといわれますが(PC-98/エプソン98互換機のHDD内蔵用金具を参照),INTER-120FEではそのようなことはありません[Quantum Fireball(4.3GB)とIBM DPES-31080(1GB)で確認].
■日本テクサ
・SCSI籠:TR-FA240/基板:EZPFA37-1
・IDE籠は所有していないため,基板の相互入れ替えの検証はできず.
 SCSI-IDセレクタ・アクセスLED用のコネクタとSCSI-IDセレクタがそれぞれ基板の左上と右上にあるため,かなり窮屈な形でHDDが取り付けられている(SCSIケーブルコネクタ上方の基板の切り込みは電源ケーブルを通すためのもの).

各社のSCSI籠のカードエッジ基板の寸法です.幅の違いを除けば,NEC,Logitec,ICMの基板の寸法は等しいため(一部で0.5mm程度の違いがありますが,基板の切り出し時などに生じた変動によるものと考えます),これら三社の基板の画像にはLogitecのものを使用しました.
 いずれの基板でも,上部のネジ穴は長辺4.0mm,短辺3.0mmの長円形で,下部のネジ穴は直径3.0mmの円形です.



基板を自作する場合にはこれらの寸法を参考にして下さい.カードエッジの端子部分の幅が75.0−75.5mmであることを考慮し,ネジ穴を開ける場合には遊びを十分確保するのがよいでしょう.


SCSI籠とIDE籠のカードエッジ基板は,同一メーカーの製品なら相互に入れ替えることが可能なことはよく知られていますが(SCSI籠とIDE籠のカードエッジ基板の違いを参照),異なるメーカーの一部の製品間でも,(若干の加工が必要な場合はありますが)同様の入れ替え,また同種のカードエッジ基板の入れ替えが可能です.