SCSI籠とIDE籠の電源ケーブル


SCSI籠およびIDE籠においてHDDへの給電はカードエッジ基板とHDDを繋ぐ4本ケーブルにより行われますが,この電源ケーブルのカードエッジ側のコネクタ(これの形状は全社共通)のピンアサインはICM製品と他社製品とで異なっています(この事実は筆者もまりもさんに指摘されて初めて気付きました).

下はICM製のSCSI籠であるINTER-120FE(左)とNEC製のSCSI籠であるPC-9801FA-37(右)の内部の画像です.両製品とも電源ケーブルのカードエッジ側のメスコネクタの固定用のツメはともにHDD側(=前方.画像では上側)を向いていますが(注),このコネクタ部分で+5Vのライン(赤)と+12Vのライン(橙)が互いに逆になっています(HDD用電源コネクタは,ICMの電源ケーブルでは突起のある側,すなわち嵌合面の広い辺側の側面が,またNECの電源ケーブルでは突起のない側,すなわち嵌合面の狭い辺側の側面が写っていることにも注意して下さい).このため,これらの電源ケーブルを入れ替えて使用した場合にはHDDやPCが壊れます.インターネットオークションやジャンク屋の店頭などでは,一つの製品が部品ごとにバラされて売られていることがありますが,そのような状態のSCSI籠/IDE籠を入手する場合には電源ケーブルに注意が必要です.なおNEC製のIDE籠の場合にはIDEケーブルにも注意が必要です(反転IDEケーブル を参照).


注)NEC製のSCSI籠(固定ディスク専用スロット用SCSI籠.本稿でのSCSI籠とはこれを指します)とファイルスロット用SCSI籠ではカードエッジ基板自体には互換性がありますが,電源ケーブル接続用オスコネクタの取り付け位置が違っています.これはSCSI籠ではIDE籠(NEC製品ではケースのカバーが最初からないものもありますが)と同じくケースのカバーを開けた際に見える位置(これを基板の表側とします)に取り付けられていますが,ファイルスロット用SCSI籠では基板の裏側に取り付けられているため,基板に隠れて見えません(そのため電源ケーブル接続時には,メスコネクタの固定用ツメがHDD側でなくカードエッジ側を向きます.カードエッジ基板の4ピン電源端子のピンアサイン自体はこれら二種類のSCSI籠で同じであることに注意して下さい).

筆者が確認した限りでは,NEC,Logitec,ICM各社とも,メーカーが同じであればSCSI籠とIDE籠で電源ケーブルは共通ですが,カードエッジ基板側のコネクタのピンアサインはNECとLogitecの製品で同じなのに対し,ICM製品だけが+5Vと+12Vが逆になっています[NEC製品はPC-9801FA-37,PC-9821A-E05,および "固定ディスクドライブ 品名 HD540A"(型名なし),Logitec製品はLHD-S100NPとLHD-MA340PA,ICM製品はNTER-120FEとINTER AR-540で確認].

電源ケーブルが正しいものかどうかは,電源ケーブルをカードエッジ基板に接続した上で,HDD接続用コネクタの端子とカードエッジの特定の端子との導通を調べることで判断できます.


なお電源ケーブルはメーカー毎に長さが異なり(同じメーカー製品ならSCSI籠とIDE籠でケーブルの長さは同じ),確認した限りではNEC製品ではコネクタ間が約16cm(ただしファイルスロット籠のものは15cm),Logitec製品では14.5cm,またICM製品では10.5cmでした.NEC製品とLogitec製品ではカードエッジ基板とHDDとの距離に比べて電源ケーブルはかなり長く,折り曲げた上で信号ケーブルである50ピン/40ピンフラットケーブルの下をくぐらせるようしてにケース内に収納するようになっています.


トップページ