PC-98/エプソン98互換デスクトップ機の
電源ユニットのコネクタのピンアサイン


PC-98/エプソン98互換デスクトップ機の電源ユニットのコネクタのピンアサイン情報です.PC本体と電源ユニットとの対応の詳細については,PC-98本体-電源ユニット対応表エプソン98互換デスクトップ本体-電源ユニット対応表 を参照して下さい.


PC-98
■PC-9801RX/DS等(PU463)
 こちら花小金井3丁目 --> PC Hard & Software --> [ぴんあさいんのへや]
 ※PC-9801DA等のPU463Aとコネクタが異なるとの情報がありますが,PC-9801DXなどではPU463とPU463Aの両方の電源ユニットが使用されているようです.
 ※※PU463Aの±12V出力端子には,無負荷状態では実際よりも低い電圧が出力されるといいます[新かべきんブログ --> PC-9801DX修理完了(2022年4月30日の記事)を参照].

■PC-9801BX/BA(PU463B)
 コネクタのピンアサインに関する報告はありませんが,SANKEN製PU463A/PU463Bの内部の基板の代替品を作成した例があります[ETHYLE~1.SYSさんの2022年4月23日(123)・26日(12)のツイートを参照].

■PC-9801EX/ES(PU471)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表

■PC-9801UV11用(PU461)
 これと接続されるマザーボード上のコネクタのピンアサイン:おふがおさんの2021年2月14日のツイート

■PC-9801UR(PU495)
 PC-9801UF用(PU495F)のものと,おふがおさんの2020年12月8日のツイート
 ※PC-9801UFのPU495F(REV:A1・)をPC-9801URのPU495の代わりに使用するための改造方法が,おふがおさんの2021年10月10日のツイート で報告されています.

■PC-9801UF(PU495F)
 おふがおさんの2020年11月26日のツイート(12

■PC-9801US(PU720)
 こちら花小金井3丁目 --> PC Hard & Software --> [ぴんあさいんのへや]

■PC-9801BX2/PC-9821Bs/Xs等(PU727)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表.またこれと接続されるマザーボード上のコネクタのピンアサイン:じゅんけの館 --> ★PC改造実験室★ --> PC-9821Xsを改造しませう

■PC-9801BX3/BX4/Xe10等[PU739(V)]
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表

■PC-9801FA,PC-9821Ap等(PU716)
 PC-9821/9801スレッド Part87の548番の投稿によれば,PC-9801FA/FS/FXとPC-9821Ap/As/Aeの電源ユニットであるPU716と,PC-9821Ap2/As2の電源ユニットであるPU729の出力コネクタのピンアサインは,5番ピンがGNDか+5Vのどちらか一方ということ以外は同一であり,かつ両ユニットは形状が同じであるため,このピンへの配線を変えれば相互に入れ替えて使用できる可能性があるといいます.
 ※PU716などの大きな黒いコネクタはヒロセ電機製QR-P2シリーズ,また基板側のコネクタは日本圧着端子製XHかNHシリーズ?(PC-9821/9801スレッド Part86の22番55-56番の投稿を参照).

■PC-9821Ap2/As2(PU729)
 What will be, will be!! Its's {HIRO}'s Blog!! --> 旧いPC-98の電源を調べてみよう!!(2008年3月30日の記事)

■PC-9821Af(PU726)
 おふがおさんの2022年4月21日のツイート

■PC-9821Ce(M21 SW. REG PWB ASSY)
 ムーンドルド/瑠川 菜月さんの2019年6月30日7月3日4日のツイート
 ※ブログの記事としてまとめられています[DoldoTeaParty 緑の妖精のお茶会 --> ATX-AT変換ケーブル & VHの10極メスコネクタで、ATX電源をPC-9821Ce電源として使う(2019年7月8日の記事)を参照].ATX電源で代替するためのケーブルの結線情報もあります.

■PC-9821Ce2/Cs2(PU730)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表

■PC-9821Cx2/13(?)(PU743)
 つねごんさんの2020年7月12日(12)・13日(12345)のツイート.なおCe2の電源ユニット(PU730)の1-8ピンと9-10ピンは全く別系統でGNDも共通ではないといいます.

■PC-9821Cr13(PU748)
 おふがおさんの2020年11月9日のツイート

■PC-9821Xa/Xf(PU733)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表

■PC-9821Xt(PU735)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表

■PC-9821Xn(PU736)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表

■PC-9821Xa9/Xb10/V12/S等(PU742,PU749,PU751:AT電源)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表
 ※PC-98のAT電源をPC/AT互換機用AT電源で代替する場合に必要なラインの入れ替え(らすかるの備忘録 --> PC9821電源の換装 を参照).
 ※※Xa10の電源ユニット(PU742)をPentium4時代のATX電源で代替するための資料(E90さんの2021年7月31日8月3日のツイート を参照).またXa10の電源ユニット(PU742)を最後期PC-9821のATX類似電源(この例ではPU-755A)で代替するための資料[E90さんの2022年7月13日(12)・7月15日(123)のツイートを参照].
 ※※※AT電源をATX電源で代用する場合,ATX電源のコネクタが20ピンタイプの場合には13ピンと14ピンをショートさせ,また24ピンタイプの場合には15ピンと16ピンをショートさせて,PS_ON信号ピンがGNDに接続された状態を作り出す[のびっこサンチームさんの2022年7月18日のツイートcles::blog 平常心是道 --> ATX 電源単体で電源のスイッチを ON にする(2013年8月29日の記事)を参照].ATX電源のコネクタのピンアサインは ニプロンのウェブページ --> 製品情報 --> 電源事典 --> 7章 Question & Answer --> Q. ATX電源のピンアサインについて教えて下さい。 を参照.

■PC-9821Xa13/W/Xv13/W/V200/S/V200/M/Ra266/W等(PU-752A,PU-753,PU755,PU756A:ATX類似電源)
 エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表
 ※ATX電源での代替について:
  (1) PC-9821のATX類似電源と交換可能なATX電源はVer.2.03までの製品
    (【NEC】PC-9821/9801今はサブ3【98】の501・514番の投稿,および PC-9821/9801スレッド Part33の160-161番の投稿 を参照)
    しかしPC-9821/9801スレッド Part85の577番の投稿によれば,ATX電源は実際には最新のバージョンのものでもPC-9821で動作はするといいます.但し+5Vラインと-12Vラインの電源容量が不足しがちであること,+12Vラインが複数あるものでは不具合が出る等に注意が必要といいます.
  (2) 代替用ATX電源の選定基準について:+5Vラインの電源容量が十分なもの(12-15A程度は必要か)を選定する必要があります.これが十分なATX電源が入手できない場合には,産業用の3出力(+5V/+12V/-12V)スイッチング電源ユニットを使用するという選択肢もあります.また+3.3Vを必要とする機種で使用する場合には,+3.3Vラインの電源容量に注意が必要です(以上PC-9821/9801スレッド Part49の266-282番辺り414番の投稿,および PC-9821/9801スレッド Part74の539-541番の投稿を参照).
  (3) PC-98のAT類似電源は電圧の安定性が悪く,ノイズも多いという欠点があります.この点からも(コネクタを変換した上で)ATX電源に交換することのメリットがあると言えます(PC-9821/9801スレッド Part87の549番の投稿を参照).


エプソン98互換機
■PC-286VF等(PSV-2,NJD-2439A),PC-386GS等(PSV-21)
 かかっくんさんより資料をいただきました.PSV-2とPSV-21のコネクタのピンアサインは同じです.下にかかっくんさんよりいただいた画像を引用します.5は+5V,GはGround,+は+12V,-は-12V,PはPS OK[リセットIC(富士通製MB3771,Cypress製MB3771)用](注)の意です.
  注:※Flyingharuka@Genshin中国鯖さんの2021年12月9日のツイート に,エプソン98互換デスクトップ機の電電ユニットのPS OK信号に関する情報があります.


筆者もPC-286VFのPSV-2とPC-386GS3のPSV-21で確認しました.PSV-2のリセットICはMB3771で,PS OKピンはこれの8ピン(RESET端子)に接続されていました.一方PSV-21のリセットICは集合抵抗のような形をしたM51957Bで,PS OKピンはこれの5ピン(OUTPUT端子)に繋がっていました.
 本体側の接続ケーブルの被覆の色の並び(正立状態で見た場合,10ピンコネクタ側が [赤赤赤黒黒黒黒青橙茶] で,4ピンコネクタ側が [橙灰黒赤])も両機種で同じでした(注1).PSV-2とPSV-21は,出っ張り部分を含めた外形・寸法(100mm×160mm×100mm)も同じで,両者とも最大出力は160Wです.シャーシ側面の開口部は若干異なり,また内蔵FDD用の給電ケーブルの出る位置も異なっていますが,これらの違いは使用に影響しませんので,両者は交換使用可能と思われます.未確認ですが,コンパクトデスクトップ機のものなどを除けば,PC-486GR Superまでの機種の電源ユニットは相互に交換使用が可能である可能性があります(注2).
  注1:PC-486GF/GR/GR+/GR SuperのPSV-22(APS-44)でも同じです.
  注2:例えばPC-286VJのPSV-5(APS-22)をPSV-2で代替した報告があります.一方で,PC-486HXのPSV-25の代わりにPSV-21を取り付けても動作したが,PSV-2/21対応機種にPSV-25を取り付けるとPC本体が起動しなかったといいます(かかっくんさんより情報をいただきました).
 コネクタは日本圧着端子(JST)のVHシリーズの10ピンと4ピンのもので,他にMolexの大4ピンのものが2本といいます(これもかかっくんさんより情報をいただきました).

■PC-486HX(PSV-25)
 Flyingharuka@Genshin中国鯖さんの2021年11月25日のツイート の画像最上部中程に描かれているものが電源ユニットコネクタのピンアサインです.10ピンコネクタと4ピンコネクタのピンアサインはPSV-2/21のものと同一です.但しPSV-25独自の2ピンのXHコネクタに関する記載がないようです.このコネクタは白被覆のケーブルでマザーボードと接続されますが,これが接続されていないと本体が起動しません(かかっくんさんより情報をいただきました).このコネクタまわりについては,リサイクル掲示板2022年6月過去ログ の "汎用スレッド2022年6月 パート1" も参照して下さい.
 ※Flyingharuka@Genshin中国鯖さんの2021年12月9日のツイート に,エプソン98互換デスクトップ機の電源ユニットのPS OK信号に関する情報があります.ツイート中の画像はPSV-25をATX電源ユニットで代替した場合の例と思われます(Flyingharuka@Genshin中国鯖さんの2021年11月25日のツイート も参照).

■PC-486MU等(PSM-1A)
 コネクタのピンアサインそのものに関する報告はありませんが,BabyAT電源で代替可能との情報があります[Flyingharukaさんの2019年6月14日のツイート(12)を参照].AT電源そのものと言われていますが,AT電源様のコネクタに加え,ソフトウェアパワーオフ機能やデスクトップレジュームを可能にするラインのコネクタもあるとの情報もあります.

■PC-586RA等(PSM-3A)
 コネクタのピンアサインそのものに関する報告はありませんが,AT電源での代替の報告がいくつかあります.


※対応する電源ユニットの型番は不明ですが,Kris Bleakleyさんの2019年7月1日のツイート に,"PC-9821"(機種は不明)の電源ユニットを外付けのATX電源で代替するためのケーブルの画像が掲載されています.


トップページ