+5Vと+12Vのピンが通常とは逆の
内蔵機器用電源ケーブル


aochanさん,はむはむさん,RIIさん,リウさん,tshさんより情報をいただきました.またはむはむさんより画像をいただきました.

 (1) PC-9801BX2,BA2,BS2,BX3,BA3,PC-9821Be,Bs,Bp,Bf,Xa,Xe,Xs,Xp,Xn,As3,Ap3,PC-9821A3-E01(ファイルベイアダプタ)のファイルベイ増設機器用の電源ケーブル
 (2) PC-9801BX,BA,BX2,BA2,BS2,PC-9821Be,Bs,Bp,Bf,Xa,Xe,Xs,Xp,Xn,Ce2,Cs2,Cx,Cx13(注)の内蔵HDD用の電源ケーブル
 (3) およびPC-9821As3/M2,PC-9821Ap3/M2,PC-9821A3-E01,PC-9821A3-E02の内蔵FDD電源ケーブル

では,マザーボードあるいはファイルスロット/ファイルベイバックボードと接続する4ピン(小)コネクタ(白いコネクタ)のツメ(小突起)を向かって右に見た場合,このコネクタのピンアサインが,上から+12V(純正品では赤ラインまたは橙ライン,またサードパーティー製品では橙ライン),GND(黒ライン),GND(黒ライン),+5V(赤ライン)となっています(図のa,b,c).なおファイルスロット5インチFDDユニットであるPC-FD511Fのカードエッジ基板の4ピン(小)コネクタ(FD1158D用電源ケーブル)も同じピンアサインとなっています(PC-FD511Fの内部結線 を参照).
 注:他のCanBeも該当する可能性がありますが,確認できていません.


※I・Oデータ製CPUアクセラレータのPK-586x4には,PC-9801BX2専用の内蔵HDD用電源ケーブルが付属していました.これはケーブルの+5VラインとGNDラインの間に大容量電解コンデンサが接続されています.HDDを内蔵させたBX2にこのCPUアクセラレータを取り付けて動作させた場合,+5Vラインが貧血を起こす場合があるのでしょう.このケーブルの現物は所有しているはずなのですが,見つからないため,出品者IDが Desire_98,オークションIDが m46827673 のヤフーオークション出品物(2007年8月18日に落札)の説明画像を加工した画像を引用します.


一方,PC-9801FA2,FS2,BX/M2,PC-9821Ap2/M2,An/M2の内蔵FDD用の電源ケーブルでは,4ピン(小)コネクタの+5Vと+12Vのピンの位置がこれとは逆になっています(図のd).これは一般的な電源ケーブル(下図:この製品では+12Vが黄ライン)の場合と同じです.


PC-9801FX2,BA/M2,BX2/M2,BA2/M2,BS2/M2,PC-9821Ap/M2,Ap/M7(W),As/M2,As/M7(W),Ae/M2,Ae/M7(W),Af/M9W,As2/M2については,実機による確認は果たせていないものの,発売時期から,内蔵FDD用電源ケーブルとして上記の諸機種と同じ+5V/+12V反転電源ケーブルが使用されているものと推測されます.またCanBeでは上記のようにCx13でこの電源ケーブルが使用されていることが判明していますが,他の機種については今のところ不明です.

ジャンクで入手した電源ケーブルや自作した電源ケーブルををこれらの機種で使おうとする場合には,マザーボードやファイルスロット/ファイルベイバックボードの電源コネクタのピンアサインと,増設機器の電源ケーブル接続用コネクタのピンアサインを十分確認して下さい.電源ケーブル接続用コネクタの左右どちらの端のピンに+5Vが出力されているかは,基板上のTTL ICの電源ピンなどとの間の導通を調べることで確認できます.

なおMATE-Aなど用のいわゆるSCSI籠とIDE籠内部のHDD用電源ケーブルにおいても,コネクタの+5Vと+12Vのピン位置について注意すべき問題があります.詳しくは SCSI籠とIDE籠の電源ケーブル の記事を参照して下さい.


トップページ