NEC製PCカードスロット増設アダプタ


NEC製のPC-98用PCカードスロット増設アダプタ(注1)は以下に示すように7種類あり,I/F部(Cバスボード)とPCカードスロット部が一体化されているPC-9801-102を除き,I/F部をCバススロットに装着し,PCカードスロット部を2台目のFDDと排他増設,あるいはファイルベイ/5インチベイに増設するようになっています.後者のタイプでは,パネルとケーブル(PC-9821XV-E01に付属しているものは,他の製品のものより若干長くなっています)以外の部品は共通ではないかと思われますが,専用の固定用金具等を持つものもあります(注2).なおこれらのPCカードスロット増設アダプタのI/F部とPCカードスロット部は正式対応機種以外の機種に増設することもでき,その場合Windows95等で使用することもできますが,付属のcs.exe(カードサービス)が本体機種の判別を行っているため,非対応機種でMS-DOS上で使用することはできません(どるこむの過去ログ,[53240] PC-9821Ap3とPCカードスロット(MS-DOS) を参照)(注3).
 注1:I・Oデータやアドテックシステムサイエンス等のサードパーティーからも,内蔵型・外付け型ともに何種類もの製品が出ていました.
 注2:PC-9821RA-E01がこれに該当することを確認しています(98FactoryのPC-9821RA-E01の商品説明 を参照).またPC-9821Xe10用の内蔵3.5インチFDD増設用キットであるPC-9821XE-E01では,付属の専用金具を使用しなければFDDの(単なる固定にとどまらず)取り付け自体ができないようになっていることから,PC-9821XE-E01も該当すると思われます.
 注3:筆者が中古品として入手したPC-9821V-E01に付属していたcs.exe(タイムスタンプが随分古いものですので,出荷時に付属していたものではないかもしれません)は,PC-9821XA-E01をV13とBX4に装着した際にMS-DOS6.2にインストールできたことから,製品の型番が異なっていても付属のソフトウェアは共通である可能性があります.ただしPC-9801-102では他の製品より対応機種が多いはずですので,PC-9801-102だけは付属のソフトウェアが異なっていると考えられます.なおcs.exeにはタイムスタンプの異なるものがいくつもあるようですが,機能の細かな差異については明らかではありません.


■PC-9801-102
 I/F部とPCカードスロット部が一体化されたCバスボード単体の製品で,装着時には本体背面側からPCカードの抜き差しを行います.正式対応機種は不明です.

■PC-9821XE-E01
 正式対応機種はPC-9821Xe10のみとなっています.しかしPC-9801BX4でも,2台目の内蔵FDD(本体正面から見て左側のFDD)を外せば取り付けられ,また付属のCS.exeも対応機種と判別し,MS-DOS上でのインストールが可能でした.

■PC-9821XA-E01
 対応機種は,PC-9821V7/S5K・S7K/V10/S5K・S7K/V12/V13/S5R・S7R/V16/V20/S5・S7/
Xa7/Xa7e/Xa9/Xa10/Xa12/Xa13/K12・K16/Xa16/R12・R16/Xb10/Xc13/S5/Xc16/S5・S7/Xc200/S7です.CRT一体型であるV7/C4KとV10/C4Rにはパネルが合いません.

■PC-9821V-E01
 対応機種は,いわゆる流星モデルのデスクトップ型VALUESTARである,PC-9821V166/S5C・S5D・S7C・S7D/V200/S7A・S7B・SZA・SZBです.

■PC-9821V-E04
 対応機種は,いわゆる青札モデルのデスクトップ型VALUESTARである,PC-9821V166/S5C2・S5D2/V200/S5C2・S5D2・S7C2・S7D2・SZC2・SZD2です.

■PC-9821RA-E01
 対応機種は,PC-9821Ra18/Ra20/Ra266/Ra300/Ra333/Ra40/Ra43/RaII23/Xa13/W12/PC-9821Xa16/W16・W30/Xa20/W30・W30R・D30R/Xa200/W30R・D30R・M30Rです.

■PC-9821XV-E01
 PC-9821Xt/Ct16/Ct20を除くタワー型機種用と思われますが,デスクトップ型のファイルベイにも増設可能です.正式対応機種は不明です.増設自体は,Cバスボード部分をCバススロットの最下段に装着した場合に,付属のケーブルの長さが足りるのであれば可能です.

パネル部分が入手できなかったり,内蔵FDDを2台に増設している場合には,カードスロット部分を,5インチベイに3.5インチ機器を増設するための一般的な金具に取り付けて増設することもできます.取り付けの方法としては,5インチベイ用金具の突起部分をネジの頭で内側に押さえつけてカードスロット部分を固定するというやり方が,小笠原陽介 (1998). PC-98パワーアップ道場 第4章 周辺機器のパワーアップ 6.PCカードスロットアダプタ編(pp.170-185) ソフトバンク の記事(初出はHello!PC 1997年10月24日号−11月24日号)以来広く行われているようですが(HI NOTES --> PC-98 なども参照),筆者は5インチベイ用金具のネジ穴の位置に合わせて卓上ボール盤でPCカードスロット部分のフレームに穿孔し,タップを使ってネジ穴を切ってネジ留めしました.穴を幾分大きめに開けてボルトとナットで固定してもよいと思います.
 注:PCカードスロット部分のフレームの鉄板は割に薄いので,穿孔後にバリを全部取ってしまわない方がいいかもしれません.

ネジ留めした様子です.


拡大図です.赤い矢印のところがカードスロット部分のフレームの元々のネジ穴です.


なおこの状態で新しく開けたネジ穴にネジをはめようとすると,ネジとPCカードスロット部分内部の基板が干渉してしまいますので,基板を少し持ち上げなければなりません.筆者は薄いワッシャを3枚挟みました.この場合,基板をPCカードスロット部分のフレームに固定するためのネジの頭を,遊びを確保しつつセロテープで押さえ,基板をひっくり返してネジにワッシャを通してからフレームをかぶせてネジを締めました.最初に軽くネジを締める際にセロテープの上から強引にドライバを回すのがコツです.赤い矢印のところが底上げ用のワッシャです.


 ※筆者がこの工作に使用した5インチベイ用金具の中には,フロントベゼルを上下逆にはめ直さなければ一方のスロットが使えなくなってしまうものがありました."3.5-5KIT PA-008" という製品のようですが,メーカーなどは不明です.



トップページ