PC-98 tips集


余所のウェブページ,BBS,ブログ,ツイッター等に掲載されている情報のうち,(まだ)広く知られてはいないようでありながら,ユーザー自身がPC-98の保守等を行う上で重要と筆者が考えるものを中心にいくつかご紹介します.なお筆者はこれらの情報のすべてを自身で再確認したわけではありません.また本記事は,本ウェブページの他の記事に組み込む前の情報の一時置き場も兼ねています.


本体前面のディップスイッチ関係
HAMLIN's PAGE --> PC-9821/9801関係 --> PC-9801シリーズディップスイッチ設定,radioc.dat --> NEC PC-98 基本情報 書庫目録 --> PC-9801/E/F/M ディップスイッチ設定・PC-9801中期機種共通 ディップスイッチ設定・NEC PC-9801RXガイドブック:ディップスイッチを設定する,および どるこむの過去ログ,PC386VR
  → 本体の諸設定をソフトウェアディップスイッチで行う機種以前のPC-98/エプソンp8互換機の本体前面下部にあるディップスイッチの設定内容.PC-386VRのものはPC-286VFのものと共通であることを確認している.
    ※ソフトウェアディップスイッチの場合を含めた設定については,試運転の資料館 --> 電算機部 --> PC-9801 のディップスイッチの設定について に資料があります.

FDD関連
■おふがおさんの2020年9月28日のツイート
  → PC-9801Mの5インチFDDを3.5インチFDDに交換する際の注意点:(1)マザーボード側のFDDケーブル接続用コネクタの2番ピンはNCであり,つねに2HDモードで動作させるためにはこれをプルアップする・(2)同1番ピンはGNDであり.このままでは3モードFDDは1.44MBモードでの動作となってしまう(当然エラーとなる)・(3)この機種ではディスクの回転を止めることができないため,3.5インチFDDにはヘッドロード機構のあるものを選ぶとよい.
    ※PC-9801Mの5インチFDDは,FD1155またはFD1155Cです(どるこむの過去ログ,[52073] PC-9801MのFDDをVMへ を参照).

メモリ関連
【NEC】PC-9821/9801今はサブ2【98】 の563・567・578番の投稿,宮源酒店 --> ALL-DIMM-ADAPTER for PC-9821V166/V200は こちらから --> What's ADA ? --> つづく…,および PC-9821V166/V200パーフェクトマニュアル --> PC-9821V166/V200PM メモリ編.またどるこむの過去ログ,V166/S5Cのメモリについて も参照
  → デスクトップ型V166/V200のDIMMソケットの39ピンと123ピンをGNDに接続すれば,タワー型V200等と同様にPC100・PC133の256MB SDRAM-DIMMを64MBの16Mbit-DIMMとして認識させて使用することが可能[ただし正常動作しないという報告もあり.条件(リード線の長さ等?)がシビアなのか?]

RADCRAFT ? 2.0 ("?" は放射能マーク)PC-9801F : Cバス複合ボード作成×GA-1280A搭載(2015年5月6日の記事) および ここだけ時代が20年ほどずれているブログ2PC-9801USその4 うちのぱわふるUS紹介1(2011年8月29日の記事)
  → SCSI(前者ではB55U-BMN,後者ではWavemaster)とメモリ(前者ではEMJ-8000S,後者ではEMJ-12M)からなるCバス複合ボードの作成
    ※後者については PC-9821/9801スレッド Part33 の969番の投稿内に,より解像度の大きな画像へのリンクがありますが,現在はこの画像ファイルが失われていますので,この画像からWavemasterとEMJ-12Mの接続部分周辺を切り出したものを引用します.

CPU関連
Return to 98
  → MATE-X,CanBe,Valuestarの各機種に対応したCPUアクセラレータの一覧.CanBe用のものはらんあのHomePage --> CanBeデータ --> CanBe強化計画 --> ODP動作確認表 にも情報あり.

ゲタ解析改造センター
  → メルコ製N/Vのジャンパ設定・N/Vの電圧可変化改造・N2/N2000/V2/N3のコア電圧変更・N2/N2000/V2/N3の電圧可変化改造N4のコア電圧変更,アイオーデータ製PK-K6/PK-MIIシリーズのディップスイッチ・PK-K6/PK-MIIシリーズのディップスイッチ・PK-MXPシリーズのディップスイッチ・PK-K6H400のディップスイッチ

とんとんカンパニー --> 社長室 --> ■ PC-9821 Xp/C8W,しーど君の工作記 --> M E N U --> 今宵銀河を廃にして --> PODP83のファン交換+α,および じゅんけの館 --> ★PC改造実験室★ --> PC-9821Xsを改造しませう --> PODP83の倍率について
  → 486機用のPODP5V83のヒートシンクの外し方とクロック倍率に関する説明
    ※この種の情報もご存じない方が増えてきたようですので取り上げました.

EPSON PC`s HOMEPAGE in JAPAN --> WinChip2
  → WinChip2の倍率設定法
    ※この種の情報も探しにくくなってきましたので取り上げました.

EPSON 98互換機 Part2 の659番の投稿
  → Cx5x86のオプションスイッチ
    ※この種の情報も探しにくくなってきましたので取り上げました.

■kobefs@パソコンの人☆彡さんの2020年7月1718日のツイート
  → ピン曲がりの修正にはシャープペンシルを用いるとよい
    ※実は筆者も以前より古いPGA CPUのピン曲がりの修正にシャープペンシルを用いています.使用済みの注射針を煮沸消毒したものを貰って使ったこともありますが,筒状の金具がピンに対して若干短いものの,シャープペンシルの方が持ちやすく作業がより容易です.なお一部のいわゆるゲタ,ハイアダプタ,ハイパーメモリCPUなどのピンは,曲がっても元に戻せません.戻そうとすると根元から折れます.

ディスプレイ関連
■どるこむの過去ログ,[42394] ハイレゾモードでHDDから起動せず[51311] ハイレゾについて,および Oh!H --> FAQ
  → ハイレゾモードではキーの操作によりシステムの起動元を指定する:[CTRL]+リセット/電源ONでFDDから起動,[f・1]+リセット/電源ONでHDDの第1パーティション(システムセレクタ番号1)から起動,[f・2]+リセット/電源ONでHDDの第2パーティション(システムセレクタ番号2)から起動,(中略)[vf・1]+リセット/電源ONでHDDの第11パーティション(システムセレクタ番号11)から起動,(中略)[vf・5]+リセット/電源ONでHDDの第15パーティション(システムセレクタ番号15)から起動.なお[ESC]+リセット/電源ONでHDDの起動領域選択画面が表示される.
    ※これはよく知られている事項ですが,忘れられていることも多いので取り上げました.

Web Contents of G-HAL --> 趣味の製作物 --> ソフトヱア --> 「未整理なソフト」はこちら --> Extend(Hidden?) MemorySwitch Setting Program "EXTMEMSW"
  → [Grph]+[2] により31kHz出力に切り替えのできない(前期ロットの?)PC-9821Cs2で31kHz出力に切り替えられ,かつその設定をコールドリブート後も保持できるソフト(24kHz出力に戻すことも可能).実は他のMULTiでも使用可能?

●PC-9821スレッド Part2●の34番の投稿
  → PC-9821Cx2では24kHzへの切り替えが [Grph]+[1] ではなく [Grph]+[3] で,31kHzへの切り替えは [Grph]+[2] ではなく [Grph]+[4].これはPC-9821Cs2/Cxの一部でも有効
    ※筆者はこの情報を他のところで見たことがありません.

じゅんけの館 --> ★PC改造実験室★
  → 86C864(Vision864)を搭載しているPC-9821Xs等でWindows95においてSVGAフルカラー/ハイカラー,XGAハイカラー表示を可能にする方法     ※ここは古めのPC-98の改造で非常に有名だったウェブページで,他にも有用な記事が多くあります.

JO2KVB移動運用記録 --> PC-9801/21 ノート液晶パネル(2010年5月29日の記事)
  → PC-9801NL/R/NL/A(DMF50410NF-SFW-1),PC-9821Ne(NL6448AC30-06),Ne2/Ns(NL6448AC30-10),Ne3/Nx(NL6448AC32-03),Lt/Lt2/La10/5(NL6448AC30-12),Np/Nf(NL6448AC30-09),Na12/H10(NL8060AC26-05,10.4インチ800×600ドット)で使用されている液晶パネル(液晶ディスプレイ部の中身のパネル)の型番情報
    ※以下追記:
     ・Na13/H(NL8060BC31-01,12.1インチ800×600ドット)(Dさんの2020年7月27日のツイートを参照)
     ・Na12(10.4インチ/12.1インチ)とNa13で液晶パネル(ベース部分をセットにして?)が交換できるらしい[さと@ちゅんちゅん○さんの2020年7月27日のツイート(12)を参照]
      注:Naの画面サイズは以下の通り:Na12/H(10.4インチ800×600ドット),Na12/S(12.1インチ800×600ドット),Na13/C(10.4インチ640×480ドット),Na13/H(12.1インチ800×600ドット),Na15(12.1インチ1024×768ドット)
     ・Nb10/S10F(NL8060AC26-05でNa12/H10と共通)[yqkさんの2020年11月3日のツイートを参照]
     ・PC-9801NS/A(表:DMF-50431NF-FW1 4044-01555-A1A11H,裏:CBL50431B CJ-04712-*)
     ・Ne3のバックライトユニットはHBL021(888-891806???1-A ???の部分不明).NX/C7のバックライトユニットはINV18(808-891916-001-A)で,Na12/H8でも使用可能.Nb10/S10FのバックライトユニットはINV16(808-892004-001-A,IM3406のシールもあり)[yqkさんの2020年11月3日のツイート(12)を参照]

のての館 うっきー’S HOME PAGE --> NOTE-PCの館 --> えぷのての部屋 --> 小技集&FAQ --> えぷのて拡張指南
  → PC-386NOTE AR,PC-486NOTE AS/AU/AV/AT間での液晶パネルとUG対応液晶パネルの互換性情報
    ※PC-386NOTE AR,PC-486NOTE ASのモノクロ液晶モジュールのパネルはEPSON ECM-A0619,STNカラー液晶モジュール(?)[PCLCDC21(?)]のパネルはSHARP LM64C09P(注1),TFTカラー液晶モジュール(PCLCDC11)のパネルはNEC BF44038(?)(注2).PC-486NOTE AUのモノクロ液晶モジュールのパネルはSHARP LM64C15P.
     注1:筆者の486NOTE AS2(本来の液晶パネルはモノクロ)に中古入手の時点で取り付けられていたもの.
     注2:表に貼られたシールに印字されている文字列.このシールにはK2P0433121052の文字列もある(同じ文字列が裏面のバーコード付きシールにも印字されている).裏面のラベルには 品名 94BLM-4 とあり,他にロットNo.の欄もあるので,実際にはこの "品名" が型番か?
    ※※EPSON 98互換機 Part6の763番の投稿によれば,80ライン分は表示されないものの,386NOTE NARでも486NOTE AS以降用の480ラインカラー液晶が使用できるという.なおETHYLE~1.SYSさんの2020年11月25日のツイート(12)に,386NOTE NARでは液晶ディスプレイモジュールのコネクタの7ピンと24ピン(いずれもCONFIG関連ピン)が無効(NC?)であり,また480ラインモードは21ピンをプルアップする必要があるとの情報がある(エプソン98互換ノートの液晶ディスプレイモジュールのコネクタのピンアサインは,ETHYLE~1.SYSさんの2020年10月29日のツイート を参照).

試運転の資料館 --> 電算機部 --> FM TOWNS SN の偏光板を張り替える と こばこのひみつHP200LX液晶表面黒変の修理(2016年2月29日の記事)HP100LX/HP200LXの簡単な偏光板交換作業手順(2016年3月6日の記事),および JO2KVB移動運用記録PC98ノート液晶パネルの偏光板を交換してみた。(2017年08月12日の記事)
  → ノートPCの液晶パネルの,酢酸臭を放つ劣化した偏光板の交換作業
    ※試運転さんの2018年4月1日のツイート (1234) によれば,STN液晶の場合は特定の位相差フィルム(入手困難)が必要なため,偏光板の交換だけでは修理したことにならない.

■wildcatさんの2019年7月9日(1234)・2020年8月3日のツイート
  → 交換用の偏光フィルムには東急ハンズやAmazon等で売られている "ミッドナイト" の25cm角のもの(BSP250,接着剤有り・無し両方あり,約\1,000/枚)が使用可能

■ちまちまさんの2020年9月14日・15日(123)のツイート,wildcatさんの2020年9月15日のツイート(123),び・びっと98さんの2020年9月15日のツイート,および てんまにちゃんさんの2020年9月15日のツイート
  → 偏光フィルムの剥がし方

デジタルRGB(8pin)はアナログRGB(15pin)の夢を見た!(Yahoo!ブログ,"おいらの趣味(興味)"の2010年1月10日の記事)
  → 古いPC-98のデジタルRGBコネクタにアナログディスプレイを接続する仕方
    ※記事中の結線図のアナログRGB端子は15ピン3列のもの(いわゆるVGAコネクタ).またデジタルRGB端子のピンアサインは,radioc.dat --> NEC PC-98基本情報 書庫目録 --> モノクロディスプレイ用端子とデジタルRGB端子,アナログRGB出力端子(15ピン2列)のピンアサインは,radioc.dat --> NEC PC-98基本情報 書庫目録 --> PC98標準の表示機構 (ディスプレイ出力)[No.2],アナログRGB出力端子(15ピン3列:VGAコネクタ)のピンアサインは,Transcoders Info in 2ch(Old) --> RGB->HDTVトラスコ製作 をそれぞれ参照.なお,CT5002 dellbee's blog --> aitendo バッテリ駆動対応HDMI液晶基板 コネクタ・ピンアサイン(2016年2月21日の記事) によれば,VGAコネクタの6,7,8ピンはいわゆるツイストリターンであり,本来はツイストペアの一方あるいはシールド線のコールド側を使用してGNDに接続する必要があるが,ラインがごく短い距離ならGNDに直結しても大丈夫とのこと.

PC-9821/9801スレッド Part80●の518-527番の投稿
  → コンポジット入力端子のあるモニタは水平同期周波数24kHzの入力に対応している可能性が高い.理由は少なくとも水平同期周波数の下限が15.75kHz以下になるため.但しテレビは望み薄.理由はRGB入力とビデオ入力が別処理になっているものが多く,また現行製品の殆どは35kHz以上しか対応していないため.

MPC(室蘭プログラミングクラブ) --> PC98プログラミング --> (6)256MODE および l a c o n i c --> PC-9821 グラフィック機能(PEGC)
  → PC-9821の256色モードの制御に関する情報
    ※PC-98の保守とは無関係の資料ですが,個人用のメモとしてここに書いておきます.なお後者にはトップページからリンクが辿れませんでしたので直リンクしました.

キーボード関連
JUNK BOX 別館 --> PC Accessory (NEC Keyboard),および nkmm the Metal --> PC-98 Keyboard
  → PC-98用キーボード一覧

サラミス本艦 --> PC館 --> PC-9821タワーでメカニカルキーボードを使用する!
  → RDFキーボードのカールケーブルをMATE/FELLOW以降の付属キーボードのストレートケーブルに交換
    ※ケーブルのコネクタがL字型のRDFキーボードはそのままではXv20などのタワー型機に接続できませんが(コネクタ部分が周囲と干渉する),キーボード延長ケーブルを使用すれば接続することができます.キーボード延長ケーブルの現行品にはサンワサプライのKB-K98Kがあります(1.5m).

Naopy Hobby Land --> enter --> PC --> こだわりV166
  → MATE/FELLOW以降の付属キーボードの中身をRDFキーボードのものに交換

■おふがおさんの2020年11月17日のツイート(12
  → PC-9821Cr13の専用キーボードから出ている一般的なキーボード信号部分のピンアサイン
    ※PC-98用の一般的なキーボードのコネクタのピンアサインは,アスキーテクライト(編) (1993). 改訂版 PC-9800シリーズ テクニカルデータブック HARDWARE編 アスキー や 吉野敏也(監) 株式会社テクノメディア(編) (1993). EPSON PC システムガイド ――100万人EPSONユーザーのためのオフィシャル・データブック―― クリエイト・クルーズ にあり,また nkmm the Metal --> コネクタ資料,JE1VUJ HOME PAGE --> PC98資料館 --> コネクタピンアサイン --> キーボード&マウスコネクタ(PC-9801E,F以降),亡棄サイト --> n o t e --> PC-98x1 --> PC-98x1/misc/キーボードケーブル 等にも掲載されています[最後の記事で引用されているピンアサイン図は,上記の "改訂版 PC-9800シリーズ テクニカルデータブック HARDWARE編" のものです].

●PC-9821スレッド Part2●の39-45番の投稿
  → PC-9821Cs2でキーボード入力を受け付けなくなるのは電源スイッチの劣化が原因

マウス,ジョイスティック関連
Dynaの秋葉原ジャンクパラダイス --> 98マウスへの改造
  → 光学式USBマウスをPC-98用バスマウスに改造する案(※考案者がPC-98を所有しておれらないため未実作)

諏訪工房 --> マイコン電子工作 --> PC-98キーボードをWindowsで使うためのUSB変換器の製作,PC-9801/9821用バスマウス変換器,PC-9801/9821用キーボード変換器,USBマウス・USBキーボードをPC-98に接続する変換器の製作
  → PC-98用キーボードをUSB接続するための変換基板 と USBマウスやUSBキーボードをPC-98に接続するための変換基板.いずれもPIC使用.回路図・ファームウェア・ソースコード一式が公開されている.

Dustman Project Web Page --> PC-98DO/P-11接続図,めーちゃんさんのTwitterモーメント:"PC-98DO/P-11相当の接続図"(2018年5月26-27日のツイート),および "ワイルドで現金な邪念の掃き溜め" の PC-98DO/P-11もどきの作成(2011年5月1日の記事 ) PC-98DO/P-11もどきを使ってみる(2011年5月2日の記事)
  → PC-98DO+およびOPNAを搭載したPC-9821のマウスコネクタにATARI規格のジョイスティック/ジョイパッドを接続するためのケーブル,"PC-98DO/P-11" 同等品の作製方法

ハードディスク・システム起動可能なRAMドライブ関連
PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム上の制限を解除するソフトウェア --> EXIDE486
  → オンボードIDE HDDに4.3GBの容量制限のあるCバスのみの機種で容量制限を解除するソフトの一つ.現在の対応機種は,PC-9801BX3/BA3 および PC-9821As3/Ap3/An/Xe/Xs/Xp/Xn/Cx/Cb(,Cf?).不要なCバスSCSIボードのBIOS ROMに書き込んで使用する.書き込みにはROMライタと書き込みソフトが必要だが,RealTek製8139Cが載っているPCI LANボードを改造してROMライタにする方法と書き込みソフトが PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム状態表示ソフトウェア(解析・検証用ツール) --> rt8139xx.lzh で公開されている.

PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム上の制限を解除するソフトウェア --> EXIDEAe
  → PC-9821Ap/As/AeでIDE HDD 544MB制限をソフト.この3機種専用.不要なCバスSCSIボードのBIOS ROMに書き込んで使用する.書き込みにはROMライタと書き込みソフトが必要だが,RealTek製8139Cが載っているPCI LANボードを改造してROMライタにする方法と書き込みソフトが PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム状態表示ソフトウェア(解析・検証用ツール) --> rt8139xx.lzh で公開されている.

PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム上の制限を解除するソフトウェア --> EXIDECB
  → オンボードIDE HDDに4.3GBの容量制限のあるPCIバス搭載機種で容量制限を解除するソフトの一つ.不要なCバスSCSIボードのBIOS ROMに書き込んで使用する.書き込みにはROMライタと書き込みソフトが必要だが,RealTek製8139Cが載っているPCI LANボードを改造してROMライタにする方法と書き込みソフトが PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム状態表示ソフトウェア(解析・検証用ツール) --> rt8139xx.lzh で公開されている.

PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> システム上の制限を解除するソフトウェア --> EXIDE55x
  → オンボードIDE HDDに4.3GBの容量制限のあるPCIバス搭載機種で容量制限を解除するソフトの一つ.intel 8255x等(他にもいくつかのチップに対応)を搭載したPCI LANボードのROMに書き込んで使用する.書き込みソフトは PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> PC/AT互換機用のソフトウェアツール --> PCIFLASH5.LZH で公開されている.

Googleドライブ の IDE-BIOS-SLAVE-ON.7z(Dさん作成)
  → IDEドライブのスレーブが無視されるPC-98でスレーブが使えるようにするIPLware.PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ --> ●ノウハウ記事を読む --> [PC-98] オンボードIDEがmasterしか使えない機種でslaveも使う も参照.

Googleドライブ の PCMCIA-ATA.7z(Dさん作成)
  → PC-98のMS-DOS用PCMCIA-ATAドライバの504MB壁越えパッチ

JO2KVB移動運用記録512MBを超えるCF/SDカードを512MBに偽装 解決(2012年08月13日の記事) および,Kuni/JA1UZGのもろもろブログCFカードの512MB化成功しました 続き メモ(2012年08月10日の記事)
  → Disk Probeを使用して512MBを超えるCF・SDカードの容量を512MBに偽装する方法
    → Disk ProbeについてはITAYA's Home Page --> Windows 2000/XP/2003/Vista/2008/7/8 TIPS --> ハードディスク関連 Disk Probeの使い方 を参照

■ちまちまさんの2020年7月25日8月4日のツイート
  → Na12やLa10でCFをHDD代わりに使用する場合,省電力:内蔵固定ディスク制御 を "設定しない" に設定していないとCFからシステムが起動できない

■てんまにちゃんさんの2020年11月26日のツイート
  → "CF-IDE44/2.0mm ADAPTER" というCF-2.5インチIDE変換基板のうち,V.H2 型番のものは98ノートで使用できるが,V.B1 型番のものは使用できない
    ※V.B1 型番のものと "CF-IDE2.5" 表記のものを98ノートで使用するための改造方法が,WIDENETさんの2019年11月29日のツイートで紹介されています.

Googleドライブ の 壁ごえSCSI.7z(Dさん作成)
  → CバスSCSI I/FのBIOSを32GB対応にするソフトウェア

紫煙崇拝主義 壱源亭 --> Digital --> PC98改造で出会した苦労話 --> ③SCSIボードの横着な交換で、【削除されたボリュームに開いたままの・・・】が出て困った。
  → SCSIボード使用時に,Windows95の終了時に "削除されたボリューム云々" のメッセージが表示されるようになった場合の対処法.どるこむの過去ログ,電源を切るとき謎の、メッセージが・・・ によれば,NECのサポート窓口で質問しても解決できない問題であったとのこと.

■Flyingharukaさんの2019年10月4日のツイート
  → ICM製CバスオンボードSCSI HDDユニットである初期型C♭(C♭-BTでない)の富士電機製2.5インチHDDであるSFXシリーズのピンアサイン
    ※通常の2.5インチSCSI HDDのピンアサインは 伊藤のホームページ ~まりもの研究室~ --> Macintosh関係 --> ★Portableの部屋★ こちらを御覧下さい. --> 2.5インチSCSIハードディスクのピンアサイン を参照(自分用にInternet Archivesに保存された記事へのリンクも記しておきます:http://web.archive.org/web/20161014102438/http://square.umin.ac.jp/~itoh/2.5hdd_pin.html).

吉村のWeb --> 技術情報メモ --> ICM SCSI(D-SUB 37pin)
  → 一部のICM製品のDサブ37ピンSCSIコネクタのピンアサイン

■リサイクル掲示板の汎用スレッド2020年9月 パート2
  → IDE HDDを接続していなければPC本体が起動する(【システムディスクをセットしてください】のメッセージが表示される)が,接続してあると起動しない場合には,IDE HDDのデータバッファとして使用されている74LS245の故障を疑う必要がある.岩崎浩文さんの2020年9月18日のツイート(12)も参照

■おふがおさんの2020年11月26(123)・28・29日(12)のツイート
  → 初期の98ノートのものと同等のシステム起動可能なRAMドライブを持たないPC-9801UF(URにはあり)にRAMドライブを増設する工作

CD-ROMドライブ関連
なにもしない研究所@牛乳は毒物か人体実験中PC-9821 Ap2 純正CD-ROMドライブ(2012年09月2日の記事)PC-9821 Ap2 純正CD-ROMドライブ(PC-CD60F)(2014年1月21日の記事)
  → PC-CD60F(ファイルスロット用CD-ROMドライブ)のトレイが排出されなくなる故障の原因は,トレイ排出機構のモーターの回転を受けるギアがシャフトに固着するため.このためギアの歯が欠けることがある.この種のギアの潤滑にはミニ四駆用のグリスが最適
    ※じゅんさまーさんの2019年2月23日のツイートによれば,ギアの固着が起きてトレイが排出されなくなったPC-CD60DやCDR-260(PI)では,ドライブをドライヤー等で20-30分ほど温めると排出されやすくなるとのことですが,これはPC-CD60Fでも同様でしょう.また2020年8月17日のツイートによれば,ギアの固着の原因はグリスの劣化ではなくギアの樹脂自体の劣化であり,さらにその劣化は油脂を含むとさらに進行するといいます.

■おふがおさんの2019年11月4日のツイート
  → PC-9821Ce2のCD-ROMドライブ交換後に起動が遅くならないようにする工作
    ※かかっくんさんより,この工作はリセット後にFDDシークまでCD-ROMが応答しないようにしてITFから隠す操作であるとのコメントをいただきました.
    ※※セミコロンC --> メモ (Memo) --> PC-9821Ce2に非純正光学ドライブを使う に記事としてまとめられています.

■おふがおさんの2020年10月2122日 のツイート
  → PC-9821Ceの内蔵CD-ROMドライブであるCDR-52(PI)の電解コンデンサ一覧

■おふがおさんの2020年11月3日のツイート(12) と じゅんさまーさんの2020年11月3日のツイート(12
  → PC-9821Ceの内蔵CD-ROMドライブであるCDR-52(PI)のディップスイッチそばの3つの可変抵抗はピックアップレンズのサーボ微調整用

■yqkさんの2020年11月12日のツイート(12
  → PC-9821Nx用のCD-ROMドライブユニット("4倍速CD-ROMドライブ")とNa用のCD-ROMドライブユニット(PC-9821NA-C01)の形状が幾分異なり,互換性がない(注).なおPC-9821NA-C01を加工してNb(PC-9821NB-C01が正式に対応)やNr(PC-9821NR-C01が正式に対応)に無理矢理取り付けることは可能(どるこむの過去ログ,[3506] PC-9821Na7にPC-9821NrのCD-ROMドライブは接続できるでしょうか?を参照).
    注:しかしNEC LAVIE公式サイト(旧121WARE)のPC-9821Na7・Nxの記事では,PC-9821Na7/H3とPC-9821Nx/3のCD-ROMドライブオプションとして,ともにPC-9821NA-C01(またはCD-ROMドライブユニットとFDDユニットのセットであるPC-9821NA-C03)が指定されています.

MOドライブ関連
■Yahoo!ブログ,"へんてこバードの日々是好日" の 故障しているMOを修理してみる。今時MOなんてさ、別にいいやね。(2015年6月21日の記事) および S.D's Mac Site --> Damn it! Fujitsu MO Drive
  → 破損しやすい富士通製MOドライブのメディアイジェクト用部品をアルミ板とネジで作成.なおDMM.makeの3Dプリントでも作成できます(一種の同人ハードウェアのようですので,本ウェブページの方針により直接の紹介はしません).
    ※PC-9821/9801スレッド Part85 の649番の投稿に,PCI接続のビデオボードのブラケットを利用した工作の例が紹介されています(Imgurの画像への直リンクはこちら).

電源関連
【NEC】PC-9821/9801今はサブ3【98】 の501・514番の投稿,および PC-9821/9801スレッド Part33 の160・161番の投稿
  → PC-9821のATX電源と交換可能なATX電源はVer.2.03までの製品
    ※しかしPC-9821/9801スレッド Part85 の577番の投稿によれば,ATX電源は実際には最新のバージョンのものでもPC-9821で動作はするとのこと.但し+5Vラインと-12Vラインの電源容量が不足しがちであること,+12Vラインが複数あるものでは不具合が出る等に注意が必要とのこと.

PC-9821/9801スレッド Part49 の266-282番辺りと414番の投稿,および PC-9821/9801スレッド Part74 の539-541番の投稿
  → PC-98のAT電源のATX電源による代替

■ムーンドルド/瑠川 菜月さんの2019年6月30日2019年7月3日4日のツイート
  → PC-9821Ceの電源ユニットを外付けのATX電源で代替するためのケーブルの結線情報
    ※ブログの記事としてまとめられています:DoldoTeaParty 緑の妖精のお茶会 --> ATX-AT変換ケーブル & VHの10極メスコネクタで、ATX電源をPC-9821Ce電源として使う(2019年7月8日の記事)
    ※自分用にInternet Archiveに保存された記事へのリンクも載せておきます.

■Kris Bleakleyさんの2019年6月30日のツイート
  → 9821(機種は不明)の電源ユニットを外付けのATX電源で代替するためのケーブル

■PC-98デスクトップ機の電源ユニットのコネクタのピンアサイン
 一部のPC-98デスクトップ機の電源ユニットのコネクタのピンアサインについては,エマティなリサイクル --> 研究発表会 --> 98デスクトップ用電源ピンアサイン表 に資料がありますが,ここでご紹介するものはそこに収録されていない機種用のものです.
  ・PC-9821Cr13用(PU748):おふがおさんの2020年11月9日のツイート
  ・PC-9801UF用(PU495F):おふがおさんの2020年11月26日のツイート(12

電池関連
試運転の資料館 --> 電算機部 --> PC-9801 LX4 の二次電池について
  → 3-51FT-A(ニッカド電池)の3/V80H-074763(ニッケル水素電池)での代替およびその注意点

■てんまに(健全裏垢)さんの2019年9月16日のツイート
  → PC-9821ノートの内蔵電池はAmazonなどでも売られている elfin203製ニッケル水素二次電池(+3.6V,80mAh)2個で代替可能

電解コンデンサ関連
【NEC98】PC-9821総合スレッド【Windows】 の115番の投稿
  → PC-9821Xs/Xpのセカンドキャッシュ付近の電源ラインの補強工作

ごはんたべよ --> MIDI音源 --> Roland SC-88Proの修理:電解コンデンサ交換(2020年4月28日の記事)
  → SC-88Proの電解コンデンサ交換作業の詳しいの説明.電解コンデンサ(含代替品)の一覧は けしかんさんの2020年4月25日のツイート にもありますが,大きなサイズのリストはGoogleスプレッドシートでも公開されています.
    ※SC-88(無印)の場合は,電源部の電解コンデンサが液漏れしやすく,また基板設計にミスがあり故障しやすいとのこと(かおる@男の子だよ さんの2020年7月15日のツイート を参照).また電解コンデンサのリストが,fujitech pro-68kさんの2020年7月15日と16日(12)のツイートにあり.

※PC-9821Ceの内蔵CD-ROMの電解コンデンサの一覧については,CD-ROMドライブ関連の項をご覧下さい.

ITF/BIOS ROM関連
PC-9821およびDOS/Vソフトウェアのページ -->PC-98のFDローダ応用ツール(システム設定・改造ツール) --> ROMREFRS
  → ITF/BIOS ROMの記憶データをリフレッシュするツール.詳しくはリンク先の記述を読んで下さい.同じページではROMSUM(ITF/BIOS ROMのチェックサム異常判定ツール)も公開されています.

OS・ドライバ等関連
Studio-K2 wab-page(Internet Archive内) --> PC9801/21 GAME OS (ソースコード付き) ダウンロード ページ
  → GR-DOSのダウンロード

亡棄サイト --> s o f t --> FreeDOS
  → FreeDOS(98)起動フロッピーディスクイメージ(2HD),FreeDOS(98)各種PC-98エミュレータ用ハードディスクイメージ(HDI形式)のダウンロード
    ※前者のFDへの書き戻しにはK.Takata's Web Page --> K.Takata's software --> Read/Write FD なども使用可能.
    ※※ハードディスク初期化ツールは DOS | OS/2 memo --> 寒いッシュ(素描)(2015年09月17日の記事) にあり.
    ※※※FreeDOS(98)ではMEM.EXEが正常に動作しない.またWindows3.1が386エンハンスドモードで起動できない(PC-9821/9801スレッド Part82の550-554番の投稿を参照).

■どるこむの過去ログ,[44395] DOSパーティションのIPLについて質問 および リサイクル掲示板の汎用スレッド2020年9月 パート3
  → Windows98とWindows2000のマルチブート環境でWindows98が起動できなくなる場合がある.これはWindows2000を先にインストールしておけば回避できるとは限らない.対策ソフトが公開されている(K.Takata's Web Page --> fixroot Ver.0.00 (試作版)

www.Technical-Assistance.co.uk --> Generic Windows 98 USB Mass Storage Drivers
  → Windows98用USBマスストレージ汎用ドライバのダウンロード
    ※日本語版を使用のこと.ただしPC-98では日本語版であってもそのままインストールするとWindows98が起動不能となってしまう.PC-98にインストールする仕方は 低レベルなヒトの覚え書き --> 7. 追記(1): Win98の汎用USB Mass Storage Deviceドライバ を参照.なお汎用ドライバとはいうものの,実際にはすべてのUSBメモリが使えるようになるわけではないらしい.

K.Takata's Web Page --> K.Takata's software --> ipl98 Ver.0.00a
  → PC/AT互換機のWindows上でPC-98用Windows95/98のセットアップCD-ROMからPC-98用起動ディスクを作成する方法

Nawakuni online --> フリーソフト --> EO_PATCH.LZH
  → ICM製EOシステム(ver.3.0)の2000年問題対策,都市選択画面の更新,新元号対応等のパッチ

PC-9821/9801スレッド Part84の651-658番の投稿
  → VEM486 1.31β13(最終版)はコプロセッサがない場合にWindowsが起動できない問題がある.これは仮想86モードでLMSW命令が動作しないため

PC-9821/9801スレッド Part85の965番の投稿
  → VEM486 1.31β13(最終版)の所在(Internet Archive内)
    ※転載禁止(すなわち再配布禁止)と明言されているソフトウェアなので,これまで紹介を控えていましたが,2chの上記のスレッドに所在情報が出ましたので紹介することにします.なお古いブラウザの一部ではダウンロードできません.

Tech PC98 Home Page --> Down Load Page (ダウンロード) --> SIC203.LZH
  → 通称 "SIC".WSS・PC-9801-86・PC-9801-118の共存を可能にするフリーソフト
    ※有名なソフトですが,ご存じない方もいらっしゃるようですので取り上げました.

問題のあるハードウェア/ソフトウェア
  → FreeBSD(98)移植チーム自身の手になる,FreeBSD(98)で使用不可ないし不具合の発生するソフトウェアとハードウェアの一覧
    ※有名な資料なのかもしれませんが,自分用のメモも兼ねてここに載せておきます.

ゴム足
■めぐみんさんの2020年4月26日のツイートとyoshi_ozawaさんの同日のツイート
  → PC-98の筐体底面のゴム足はTAKACHI製SJ-P5023あたりの製品か

■ごみパソ@企画中さんの2019年7月27日のツイート(12
  → 加水分解によりベトメトになったゴム足を撤去した後に残った汚れは重曹クリーナーをつけた布で磨いて消しゴムでこすると取れる
    ※キャブレタークリーナーを吹きかけ歯ブラシでこすっても取れる(狼狽えるな!これが地球の知というものだ!さんの2020年4月21日のツイート を参照)
    ※※フラックスクリーナーでも簡単に除去できる(岩崎浩文さんの2020年7月9日のツイート を参照)
    ※※※本体内部のゴムも加水分解により溶ける(PC-9821/9801スレッド Part85の891番の投稿 や 岩崎浩文さんの2020年7月8日のツイート を参照)

MATE-R関連情報
PC-9821MATE-Rバイブル
  → Wildcat氏のMATE-R同人誌.BOOTHにて無償公開
    ※筆者の環境ではアクセスできませんが,MATE-R各機種とそのパワーアップ等について詳細に解説されているそうです.

エプソン98互換機関連情報
本項で紹介されているウェブページは,いずれもウェブ上ではInternet Archive内にしかファイルが残されておらず,現在はサーチエンジンによるウェブ検索ではその内容を知ることができなくなってしまっていますので,ここにInternet Archive内のファイルへのリンクを示しておきます.
EPSON PC`s HOMEPAGE in JAPAN および a EPSON PC's Generation Ago.
  → 前者はエプソン98互換デスクトップのデータベース,後者はPC-486デスクトップ機にWindows95/98をインストールする方法をはじめとした様々な情報の宝庫
    ※前者ではPC-286USのデータへのリンク先がPC-286UXのものになっていますが,PC-286USのデータ自体は保存されています.

赤茄子の街 および のての館 うっきー’S HOME PAGE
  → エプソン98互換ノートに関する情報多数

Yahoo!ブログ2件[ワイルドで現金な邪念の掃き溜め・おいらの趣味(興味)]
Yahoo!ブログは2019年12月15日にすべてのサービスを終了し,全記事が失われましたが.以下の二つのブログは2014年ないし2012年を最後に更新が停止され,その後他社のブログサービスへの移行もなされず,またロボットによるInternet Archiveへの記事の一括保存もなされていませんでした.筆者は以前より,本ウェブページからリンクしているものを中心に両ブログの記事のいくつかをInternet Archiveに手動保存してきましたが,2019年12月1日に未保存の記事も時間の許す限りInternet Archiveに手動保存しておこうと思い立って作業を開始したところ,既に2019年11月27日に(恐らくは)全記事がどなたか(同じ方でしょう)の手によって保存済みであったことを知りました.大変有り難いことです.
ワイルドで現金な邪念の掃き溜め
  → 全21ページの記事リストも保存されています[(1ページ目)].

おいらの趣味(興味)
  → 全35ページの記事リストも保存されていますが[(1ページ目)],"PC-98x1関係" の記事(全29ページ)のリスト・詳細は両者とも保存されていません(詳細の1ページ目のみ保存されています).


トップページ