マウスコネクタ(丸型←→角形)変換ケーブルの結線


■丸型→角形変換
PC-9821Ap/As/Ae以降の機種用の丸型(ミニDIN9ピン)コネクタを持つバスマウスを,PC-9801FA/FS/FX以前の機種の角形(Dサブ9ピン)マウスコネクタに接続するためのケーブルの結線です.Dサブ9ピンコネクタのピンアサインは,菅原尚伸 (1994). PC98のマウス端子を使ったカウンタ回路の実験 トランジスタ技術, 1994年2月号, 348-350. に拠ります.

両端のコネクタはDサブ9ピンオス(PC側)とミニDIN9ピンメス(マウス側)です(これらは下図では嵌合面が表示されています).同じ番号のピン同士をすべて結線します.フレーム同士を結線する必要は特にありません.


中ボタン信号はVX21,RA21,USなどごく一部の機種でのみ有効ですが(ウェブテクノロジ --> サイトマップ --> 書籍・出版 --> ※「UNDOCUMENTED 9801/9821 Vol.2 メモリ・I/Oポート編」は、 こちら で公開しております。 --> io_mouse.txt を参照),筆者が調査した変換ケーブル(下図のもの)では7ピン同士も結線されていました.

市販品は現在でもジャンク品として見かけることがあります.形状や色はメーカーにより若干異なります(左端の変換コネクタは東京Needs製TNC-2,他の変換コネクタと変換ケーブルはメーカー・型番とも不明).


■角型→丸形変換
角形(Dサブ9ピン)コネクタを持つバスマウスをマウスコネクタが丸型(ミニDIN9ピン)の機種に接続するためのケーブル(PC-9821-K01相当品)を作成する場合には,オスメスが上と逆のコネクタを用います.この場合ピン番号は上のものを左右反転させた形になります.

※PC-98用バスマウスの丸型/角型コネクタのピンアサインは,
nkmm the Metal --> コネクタ資料 でも公開されています.また丸型コネクタのピンアサインは,亡棄サイト --> n o t e --> PC-98x1 --> PC-98x1/misc/キーボードケーブル にも掲載されています.


トップページ