PC-9821Anのファイルスロットのファイルベイ化


PC-9821AnのファイルスロットのバックボードをPC-9821As3/Ap3のファイルベイアダプタのものに交換してAnに一般的なSCSI機器を内蔵させるための工作のメモです.

PC-9821As3/Ap3ではファイルベイとファイルスロットでアダプタのバックボードのネジ穴の位置は共通ですが,PC-9821AnのファイルスロットとPC-9821As3/Ap3のファイルベイアダプタでは,バックボードのねじ穴の位置が異なっています.


上の図はAn/U8PのファルスロットとAp3/C9Wのファイルベイのバックボードです.ねじ穴の位置は一箇所しか合致しません(図中の赤丸).

またファイルスロットを持つ機種では,フロントパネルのファイルスロット開口部がファイルベイ増設機器のフロントパネルより一回り小さいため,ファイルスロットを持つ機種にファイルベイ用機器を装着する場合には,フロントパネルのファイルスロット開口部を削って拡げる必要もあります.さらに電源ボックスを加工してファイルベイ増設機器用の電源ケーブルを引き出す必要もあります(下図はAnの電源ボックスに穴を開けて電源ケーブルを引き出した状態です).


またファイルスロット内部の両側面にあるファイルスロット機器を収めるためのガイドレール等を切除しないと,スロットにファイルベイ機器を収めることができません.

なおファイルベイアダプタをAnに装着した場合,SCSIとFDDは使用できるがIDEは使用できなくなるとの報告があります(筆者自身は確認していません).