エプソン98互換機における
[CTRL]+[GRPH]ショートカットキー操作と
ビデオ出力水平同期信号周波数の設定方法


■エプソン98互換機における[CTRL]+[GRPH]ショートカットキー操作
[HELP]+電源オン または [HELP]+リセット で起動時の環境設定メニュー画面が表示できない古いエプソン98互換機では,[CTRL]+[GRPH]+電源オン または [CTRL]+[GRPH]+リセット で表示できます(どるこむの過去ログ,[2485] PC-286bookの設定 などを参照).

 ※NECのPC-9801DX/DS/DA以降のデスクトップ,およびPC-9801Nを除く98ノートでは,[HELP]+電源オン または [HELP]+リセットでシステムセットアップメニュー画面あるいは98ノートメニュー画面が表示されます.これらより前のPC-98デスクトップでの諸設定はディップスイッチにて行います(HAMLIN's PAGE --> PC-9821/9801関係 を参照).またPC-9801Nでもディップスイッチにて諸設定を行います(PC-98 Fan Forum - Annex --> 98ノートQ&A --> 【9801N】ディップスイッチを教えて を参照).

またノート/BOOKでは,本体動作中に [CTRL]+[GRPH]+[特定のキー] を押すことにより動作・状態の変更や設定メニュー画面の表示を行うものがあります.この項の記述は,EPSON98サービス機構・EPSON98互換機同人誌復刻委員会(編)の同人誌,"E-SaPa別冊 蘇るEPSON PC伝説 永久保存版" (2004年8月15日発行)の "EPSON PCの拡張小ネタ集" (pp.47-63)に拠りますが,"プレゼンテーションディスプレイ","ビジネスマネージャ" 等が何を意味するものなのか筆者には分かりません(後者はPC-486 PORTABLEに関連するものらしいですが).


■エプソン98互換デスクトップにおけるビデオ出力水平同期信号周波数の設定方法
下記の記述は,主として EPSON PC`s HOMEPAGE(編) EPSON98開発公団(発行)の同人誌,"Oh! EPSON PC" (2000年12月30日発行)の "EPSON PCの拡張小ネタ集(暫定版)" (pp.72-78)に拠っていますが(注),水平同期信号の切り替え手順は,どるこむの過去ログ,PC-586(98互換機)についての疑問 などにも書かれています.
 注:この同人誌には,"Oh! EPSON PC DATABOOK出張版 2000年冬号" というクリーム色のB4版二つ折りの紙が添付されており,そこに正誤表も掲載されています.古書で入手される際にはご注意下さい.なおこの同人誌の記事の一部は,後に EPSON98サービス機構・EPSON98互換機同人誌復刻委員会(編)の同人誌,"E-SaPa別冊 蘇るEPSON PC伝説 永久保存版"(2004年8月15日発行)に再構成ならびに増補の上再録されましたが,そこでは正誤表にある誤記が修正されている箇所とされていない箇所があります(筆者が所有している冊子版の場合.PDF版の場合は不明).

エプソン98互換デスクトップで,無改造で(すなわち水晶発振子を交換せずに)かつソフトウェアを組み込むことなしに31kHzの水平同期信号を出力可能な機種は,PC-486MEを除くPC-486・586M族(486MU/MR/MS/MV,586MV)とPC-486・586R族(486RS,586RA/RX/RT/RV/RJ)のみです.PC-486SE/SRや,PC-486GF/GR,PC-486HG/HX/HAなどは該当しません.

水平同期信号は,本体起動時あるいはリセット時に下記の操作を行うことで切り替えます.なお(1)と(2)はPC-9801BX2/BS2/BA2,PC-9821Ae/As/Ap以降のPC-98の場合と同じです.また [1], [2], [3] のキーも,PC-98での場合と同じくフルキーの方です.

  (1) 24kHz(PC-98準拠):[GRPH]+[1] を押しながら起動あるいはリセット
  (2) 31kHz(PC-98準拠):[GRPH]+[2] を押しながら起動あるいはリセット
  (3) 31kHz(VESA-VGA準拠):[GRPH]+[3] を押しながら起動あるいはリセット

(3)の操作では,例えばCR-7600にMS-DOS画面が表示できるようになるといいます.なお筆者はPC-586RA/RXで手持ちのディスプレイに画面を出力する場合には,もっぱら(2)の操作を行っていました.筆者は(3)の操作を必要とするディスプレイを使用した記憶がありません.

PC-486MU/MR/MSでは,マニュアルに [GRPH]+[3] に関する記載がなく,無効ではないかということです.なおPC-486MV2JTM/MV2JVMでは31kHz(VGA準拠)がデフォルトであり,他の機種では24kHzがデフォルトとなっています.

 ※エプソン98互換デスクトップのビデオ出力回路の水晶発振子の交換の手順については,例えば EPSON 98互換機 Part4の421番の投稿 や,しーど君の工作記 --> MENU --> ゑぷそんで行こう --> PC-486GRSuper --> ビデオ出力31KHz化改造 などの記事を参考にして下さい.


なおエプソン98互換ノート・BOOKでは,外部ディスプレイ出力が可能なすべての機種で外部ディスプレイ出力の垂直同期周波数は24.8kHz固定であるとする説と,PC-486NOTE AU/AV/AT,およびPC-586NOTE ATでは24.8kHz/31.0kHz間での切り替えが可能とする説とがありますが,筆者はPC-486NOTE AU以降の機種を所有していないため,どちらが正しいか確認できません.


トップページ