80ピン拡張バスの信号


PC-286NOTE executive/F,PC-386NOTE A/W/WRの80ピン拡張バスの信号です.本記事は下記の資料の記述に基づいています.

吉野敏也(監) 株式会社テクノメディア(編) (1993). EPSON PC システムガイド ――100万人EPSONユーザーのためのオフィシャル・データブック―― クリエイト・クルーズ

※吉田 功 (1994). トランジスタ技術 Special No.45 特集 PC98シリーズのハードとソフト ――386&486マシンを使いこなす―― CQ出版 にも80ピン拡張バスに関する説明がありますが,これは記述内容から上記の資料に拠っていると考えられます(この本には引用文献・参考文献の記載が全くありません).

■コネクタのピンアサイン
ピン番号の振り方はアンフェノール50ピンコネクタのものと同様です.本体側80ピンメスコネクタは日本AMP製SMマイクロコネクタ 1-175928-0,ケーブル側80ピンオスコネクタは1-175677-0,コネクタカバーは1-175753-0です(1993年5月時点).
 ※No.046の部屋 --> 懐パソのオモヒデ EPSON に掲載されているプロセッサ1990年9月号の記事には,"拡張バスは80pのハーフ・ピッチ(1.27mm)のコネクタ" であり,"ヒロセムセン・パーツセンターで見つけたDX40-100Pというコネクタを加工して使用" したとあります.調べてみるとヒロセ電機製のDX40-100P(55)というコネクタは現行品であり,また80ピンのDX40-80P(55)というものも現行品の中にありました.80ピン拡張バスの本体側メスコネクタにはDX40-80P(55)も適合するかもしれませんが,筆者は80ピン拡張バスを持つ機種を所有していないため確認できません.

本体内部のプルアップ抵抗は,PC-286NOTE executive/Fでは10kΩであり,他の機種については以下の通りです.


80ピン拡張バスの信号は110ピン拡張バスの信号と以下の点で異なります.
 ・システムアドレスバスSA20−SA23がない.
 ・1MB FDD信号,またSALE,POWER0,RFSH0,MWEN0,DACK30,DRQ30,INT4(未接続),INT5,INT6,MACS0,IOCK0,WORD0,NMI0,S18CLKの各信号がない.
 ・ディスプレイ信号がアナログRGB信号でなく4ビットごとのディジタルRGB信号である.

+5Vの電源容量は200mA(MAX)です.+5V電源は本体内に短絡保護回路がついているため,規格容量を超えた電流が流れた場合には,本体の電源が切れるか,コネクタ電源ラインに入っているヒューズが切れる可能性があります.

以下,ピン番号 信号名 PC側から見た信号方向 の順です.


 ※54ピンはPC-386NOTE W/WRではNC.
 ※※EPSON PC システムガイドにはDC特性の項にHDLA00信号の記載がありますが,この信号のピンは80ピン拡張バスに含まれていません.この信号は8086/V30用の信号であり(CPUが80286であるデスクトップ機のPC-286シリーズの一部のCバスコネクタにも出ていますが),誤記と思われます.


■信号の意味
Cバスの信号の記事も参照して下さい.

 SA19−SA0
  システムアドレス信号.
 SD15−SD0
  システムデータ信号.16ビット.
 DTCK
  ドットクロック(21.052MHz).この信号はディジタルRGB信号をそのまま使用する拡張機器のために用意されている.アナログRGB信号はRED1−4,GRN1−4,BLE1−4,HSYNC,VSYNC,SYNCのみで作ることができる.PC-286NOTE executive/Fではパワーセーブモード(本体のシステムクロックが5MHz)時には半分(10.526MHz)になるため,アナログRGB信号をディジタルRGB信号からD/A変換して作った場合,パワーセーブモード時には外部ディスプレイに正常な映像は映らない.なおPC-386NOTE A/W/WRにはパワーセーブモードはない.
 HSYNC
  水平同期信号.
 VSYNC
  垂直同期信号.
 GRN1
  表示データ緑1.
 RED1
  表示データ赤1.
 GRN2
  表示データ緑2.
 RED2
  表示データ赤2.
 GRN3
  表示データ緑3.
 RED3
  表示データ赤3.
 GRN4
  表示データ緑4.
 RED4
  表示データ赤4.
 INT0
  8259割り込みコントローラ(マスタ)のIR3に接続される(外部割り込み要求信号).
 INT1
  8259割り込みコントローラ(マスタ)のIR5に接続される(外部割り込み要求信号).
 INT2
  8259割り込みコントローラ(マスタ)のIR6に接続される(外部割り込み要求信号).
 SIOR
  I/Oリードコマンド.内部CPU動作時には出力,外部CPU動作時には入力モード.アクティブ "L" 信号.
 INT3
  8259割り込みコントローラ(マスタ)のIR1に接続される(外部割り込み要求信号).
 SIOW
  I/Oライトコマンド.SIORと同様の入出力状態.
 SMRD
  メモリリードコマンド.SIORと同様の入出力状態.
 SMWR
  メモリライトコマンド.SIORと同様の入出力状態.
 DAK00
  DMAコントローラ8237のチャネル0(HDD)のDMAアクノリッジ信号.アクティブ "L" 信号.
 CPUE0
  CPUがバスを使用中であることを示す信号.
 DRQ00
  DMAコントローラ8237のチャネル0(HDD)のDMAリクエスト信号.アクティブ "L" 信号.
 IORDY
  ウェイト要求信号.
 SCLK
  システムクロック.SCLKは内部クロックが16MHzの時は8MHz,20MHzの時は10MHz.
 SBHE
  バスハイイネーブル信号.データバスのSD8−SD15のデータが有効である.
 DMATC0
  DMAコントローラ8237からのエンドオブプロセス信号で,DMAサイクルにおいて最後の転送であることを示す.
 SYNC
  VSYNCとHSYNCの排他的論理和.
 (NC)
  未使用.外部でもNCにしておくこと.
 BLE1
  表示データ青1.
 BLE2
  表示データ青2.
 BLE3
  表示データ青3.
 REST0
  システムリセット.
 BLE4
  表示データ青4.