EPSON仕様のSIMMの判別法と
JEDEC仕様のSIMMからEPSON仕様の
SIMMを作る方法


EPSON仕様のSIMMは61互換SIMMやJEDEC仕様のSIMMとは端子のアサインが異なり,後二者と互換性がありません.本記事ではEPSON仕様のSIMMを他のSIMMから見分ける方法と,JEDEC仕様のSIMMを元にEPSON仕様のSIMMを作製する方法について述べます.


■EPSON仕様のデスクトップ機用SIMMの見分け方
デスクトップ機用SIMMの対応機種と型番・容量については,エプソン98互換デスクトップ機用エプソン仕様SIMM一覧を参照して下さい.

EPSON仕様のSIMMのうち,サードパーティー製品は基板上の型番のシルク印刷や型番の記されたシールなどによって同定は一般に容易ですが,純正品の判別は慣れないと少し難しいかもしれません.

EPSON純正品の見分け方のポイントは以下の5点です.
(1) 端子は金メッキではなく錫(銀色)メッキである.
(2) 基板上に型番の表記はなく,代わりに2MB品では1659M2,4MB品では1659M4のシルク印刷がある.1659M2にはチップが基板の片面だけに載っているものと,基板の両面に実装されているものとがある.
(3) そのシルク印刷はEPSON独特の少し丸みを帯びた書体である.これはEPSON製デスクトップ機のライザボードや純正拡張ボードなどのシルク印刷("・・・・・Board"など)の書体と同じ.
(4) 基板の色も独特で,一般的なSIMMのものと異なる特徴的な青緑色をしている.
(5) 一般的なSIMMより背が低く,そのため細長い感じを与える.


EPSON仕様のSIMMの具体的な型番,チップ等については,ゑぷそん道 --> [PC-486FR] で詳細なデータが公開されています.またSIMMの外観から型番を判別する方法が,どるこむの過去ログ,[1926] EPSON仕様SIMMの見分け方 で詳述されています.本項はこの過去ログの補足のようなものです.

I・Oデータ製の2MBと4MBのSIMMです(それぞれEP-SIM-2MとEP-SIM-4M).基板上のシルク印刷の文字列(赤丸の部分:EP-SIMM-2M-1またはEP-SIMM-4M-1)によりそれと分かるようになっています.


メルコ製のXRD-2M(2MB)です.チップは片面実装で,基板上にシルク印刷された文字列は両者とも 2148XRB-AA JC です.前者はPC-386Pのマザーボード上のSIMMソケットに装着されていたものと記憶しており,基板上の文字列からはXRB-2000のようにも思えるのですが,ここでは型番シールのないタイプのXRD-2Mと考えておきます.


これもメルコ製の2MBのSIMMです.チップは両面実装で,基板上にシルク印刷された文字列は両面とも 2000XME です.メルコ製の "XME-2000" や "XME-2M" といった型番のEPSON仕様のSIMMの存在を確認していませんので,XRB-2000の可能性がありますが,定かではありません.ウェブ検索では,PC-486GR+/HXのCPUボード上に装着されている例が見つかりました.ヤフーオークションで出品者IDが yuki06281215,オークションIDが r346931927(2019年11月4日終了予定)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像を回転して半分に縮小後に切り出して併置した後jpg形式に再変換)した画像を引用します.


メルコ製の4MBのSIMM(XRD-4M)です.型番の表記されたシールが貼られています.基板上にシルク印刷された文字列は 4144XRB-AA JC です.


同じくメルコ製の4MBのSIMMですが,型番の表記されたシールが貼られていません.基板上にシルク印刷された文字列は4000XRB-Bであり,上のXRD-4Mのものと異なり,また基板上の部品も異なっていますので,XRB-4000ではないかと思われます.


I・Oデータ製の8MBのSIMMです(EP-SIM32-8M).これも基板上のシルク印刷の文字列(EP-SIMM32-8MP,EP-SIM32-8MP,EP-SIMM32-8MT)により同定が可能です.型番が表記されたシールが貼られている場合もあります.


メルコ製の8MBのSIMM(XRH-8000)で,型番が表記されたシールが貼られています.拡大表示された元画像からは,基板上のシルク印刷の文字列は 8001-XRH-A と読めます.ヤフーオークションで出品者IDが masato_sekine,オークションIDが r350768165(2019年10月2日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像を引用します.チップが縦向きに取り付けられていて,他のエプソン仕様SIMMと異なり,細長い感じはしません.元画像は同じくメルコ製のXRB-4000と並んだ状態で撮影されたものですが,それを見ても一般的なSIMM並みに背が高くなっているように思えます.エプソン仕様のSIMMが一般的なSIMMより背が低いのは,増設RAMベースボードの複数枚差しや,増設RAMベースボードとアウトラインフォントボードとの共存に対応するためとのことですが(どるこむの過去ログ,[1926] EPSON仕様SIMMの見分け方 を参照),8MBのSIMMの対応機種ではそのような増設の仕方はしないため,SIMMの背を低くする必要がなかったのでしょう.


なお純正品,サードパーティー製品とも,EPSON98互換ノート用の64ピンSIMMとよく似ていますが,SIMMの長さ(ノート用の方が短い)や端子数から,またサードパーティー製品であれば,少し注意して見れば基板やシールに記された型番から区別は容易です.



■EPSON仕様のノート機用SIMM
EPSON98互換ノート用のSIMMは64ピンコネクタのもので(注),上の画像のように,72ピンSIMMより長辺は短く,短辺はやや長い形状をしています.対応機種と型番・容量についてはエプソン98互換ノート用のメモリ一覧 を参照して下さい.
 注:古いMacのVRAMと少し似ていますが,こちらは68ピンコネクタ(錫メッキ)です.

以下にEPSON98互換ノート用のSIMMの画像を示します.

SIMMではなくメモリカードですが掲載します.エプソン製PCNFRB2(2MB)です.PC-386NOTE Aに装着された状態のものです.ヤフーオークションで出品者IDが arcbishop99,オークションIDが b400440491(2019年7月7日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像を引用します.


これもメモリカードですが掲載します.メルコ製ESB-2000(2MB)です.ヤフーオークションで出品者IDが m_m_root88,オークションIDが m313975496(2019年7月10日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像2枚を半分に縮小したものから切り出して併置しjpg形式に再変換)した画像を引用します.


これもメモリカードですが掲載します.I・Oデータ製EP-NTB-4MS(4MB)の可能性がありますが,少なくともラベルにはこの型番の表記はなく,エプソン98互換ノート用のメモリ一覧に未収録の製品("EP-286BOOK" 等)かもしれません.PC-386NOTE Aに装着された状態のものです.ヤフーオークションで出品者IDが eldorado0310,オークションIDが n356856790(2019年7月21日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像を引用します.


これもメモリカードですが掲載します.I・Oデータ製EP-NTB-6MS(6MB)です.PC-386NOTE AEに装着された状態のものです.KAWAMURA, Takahiroさんの2019年7月19日のツイートの画像を加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像を引用します.


※これはPC-286NOTE FやPC-386NOTE A/AE等用のRAMドライブカードである,エプソン製PCRDCです.1.25MBという容量からも分かるように,フロッピーディスク互換のRAMドライブカードであり,上に挙げたようなメモリカード(カード状のRAMボード)ではありませんので,入手時には注意して下さい.KAWAMURA, Takahiroさんの2019年7月19日のツイートの画像を加工(元画像から切り出して回転後にjpg形式に再変換)した画像を引用します.


I・Oデータ製EP-NTSIM-4M(4MB)です.基板上にシルク印刷された文字列は EP-NTSIM-2/4M です.チップが片面実装のものがEP-NTSIM-2Mなのでしょうか.


メルコ製XRE-4000(4MB)です.端子が金メッキのものと錫メッキのものがあることを確認しています.基板上にシルク印刷された文字列は 4000XRE-A ないし 4000XRE です.


メルコ製XRF-4M(4MB)です.PC-486NOTE AUに装着された状態のものです.シルク印刷された文字列はこの画像では見当たりませんが,あれば 4000XRF の文字列を含むと思われます.PC-486NOTE AVに装着された状態のものです.ヤフーオークションで出品者IDが toshiya1120,オークションIDが j596653903(2019年10月13日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出して180゜回転させた後jpg形式に再変換)した画像を引用します.


PC-486NOTE AVに装着された状態のものですが,型番と容量は不明です.基板上にシルク印刷された文字列は 1902R2 Board となっていますが,情報がありません.ヤフーオークションでは,2枚セットの他に,I・Oデータ製EP-SIMAU-8M(8MB)やEP-SIMAU-16M(16MB)とセットで出品されていたこともありますが,メモリチップである東芝製TC514800 AFTL-80(4Mbit:524288word×8bit ダイナミックRAM)は4個で2MBだそうですから,メモリチップが片面実装の場合はPCNTZRM21(A)(2MB),両面実装の場合にはPCNTZRM41(A)(4MB)なのかもしれません(ヤフーオークションに出品されていた,EP-SIMAU-8Mとともにこれが装着されていた別のPC-486NOTE AVでは,起動時のメモリカウントが640KB+3072KBでしたが,EP-SIMAU-8Mが故障していたのでしょうか).ヤフーオークションで出品者IDが suikenm3,オークションIDが e359946376(2019年6月1日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像を引用します.


メディアインテリジェント製EEN-8MSE(8MB)です.


メルコ製XRF-8M(8MB)です.基板上に 8000XRF の文字列が見えます.ヤフーオークションで出品者IDが trgetter,オークションIDが t653223613(2019年6月13日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像2枚を半分に縮小したものから切り出して併置しjpg形式に再変換)した画像を引用します.


I・Oデータ製EP-SIMAU-8M(8MB)です.PC-486NOTE AVに装着された状態のものです.基板の中程に縦向きの EP-SIMAU-8M-1 の文字列が見えます.ヤフーオークションで出品者IDが m_m_root88,オークションIDが c746182608(2019年7月20日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像を半分に縮小し180゜回転させた画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像を引用します.


I・Oデータ製EP-SIMAU-16M(16MB)です.ヤフーオークションで出品者IDが akady_mercury,オークションIDが w102445908(2014年5月11日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像からの切り出しとjpg形式に再変換)した画像を引用します.元画像でも基板上の文字列は不明ですが,あればEP-SIMAU-16Mといった文字列を含むと思われます.


タイトルと商品説明文からは16MBのSIMMと考えられ,また基板上にシルク印刷されたメーカーのロゴから,メディアインテリジェント製であることも間違いありませんので,EEN-16MSE(16MB)なのだろうと思います.基板上にシルク印刷された基板名と思われる文字列は UNIT 100680 です.ヤフーオークションで出品者IDが trattoria_chaser,オークションIDが l549588277(2019年10月17日終了予定)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像を半分に縮小後に切り出したものと元画像を回転後に切り出したものを併置しガンマ補正値を上げてjpg形式に再変換)した画像を引用します.


また下の画像は,ヤフーオークションで出品者IDが nannantibby,オークションIDが k109848360(2009年3月30日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像を回転後,切り出してjpg形式に再変換)して引用したものです.いずれも16MBのSIMMで,ともに同一のPC-486NOTE ATで使用されていたものといいます.上のものはメーカー名のロゴが読み取れ,かつ16MB品ということから,上の画像と同じくメディアインテリジェント製EEN-16MSE(16MB)ではないかと思われますが,下のものは不明であり(元画像でも基板上の文字列は鮮明ではありませんでした),元記事も既に失われてしまっているため,型番などを確認することができません.


※EPSON仕様ではない,JEDEC仕様のEPSON製のSIMMが存在しますのでご注意下さい.これはチップが片面のみに8個ついており,大きさも普通のSIMMと同じで,基板の左上にはEPSONの文字が,また左下にはチップと平行に1951M4 Boardという白文字が上記の独特の書体でシルク印刷されています.端子は錫メッキです.これの正体は単なる4MBのノンパリSIMMです.同様に1951M8 Boardと書かれているものは8MBのノンパリSIMMです.



■JEDEC仕様のSIMMからEPSON仕様のSIMMを作製する方法
JEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様のSIMM(パリティなし)に改造する方法が "トランジスタ技術" の記事にあります.

佐野和弘 (1997). PC-486SRのメモリ増設のために―DOS/V用SIMMをEP-SIMMに改造する. トランジスタ技術 1997年7月号(34巻7号ではないかと思います), pp.370-374.

 ※トランジスタ技術は,高専や大学の附属図書館に所蔵されている場合があります(CiNii Books の検索対象を "雑誌" と指定して "トランジスタ技術" で検索すると,所蔵館を確認できます).これらの附属図書館は,学外者にも若干の制限付きながら蔵書の利用を認めているところが多いと思いますので(但し所蔵先が特定の研究室である場合には,学外者の利用はできないケースが殆どでしょう),必要ならば直接確認して下さい.なお公立図書館でも所蔵しているところがあります(一部は上記のCiNii Booksでの検索結果にも示されます.また国立国会図書館サーチや,最寄りの都道府県立図書館のウェブページに設けられている都道府県内図書館横断検索システムでも,所蔵している公立図書館が調べられます).
  トランジスタ技術は雑誌に区分されるため,貸出(館外持ち出し)が認められないことが多いので,複写申請書等の書類に記入を行った上で館内で必要な箇所のコピーを取らせてもらうことになると思います(自身でコピーするのでなく,職員に依頼してコピーして貰うところもあるかもしれません).また大学図書館では,その館自体は所蔵していない文献であっても,所蔵している他館から有償(単価は一般のコピーよりは高額で,郵送料も本人負担)でコピーを取り寄せるサービスを行っているところもあります.公立図書館でも同様のサービスを行っているところがあるかもしれません.これも必要ならば直接確認して下さい.またトランジスタ技術を刊行しているCQ出版も,バックナンバーが完売した雑誌の記事の有償コピーサービス(一般のコピーよりは高額)を行っています.

この記事に直接基づいた工作か明らかではありませんが,下のPC-386GSのCPUボード上に装着された2本の4MB SIMM(注)は,いずれもJEDEC仕様のSIMMを改造したものとのことです[出品者IDが KFD03077,オークションIDが g64774741 のヤフーオークションの出品物(2008年3月8日に落札)の商品説明画像から切り出した画像を引用します].


 注:PC-386GS以外(ということはPC-386GE,PC-486GF/GR/HA/HX/HGでしょうか)では,CPUボード上のSIMMコネクタに1枚単位でSIMMを増設できるといいます.

また,PC-486HA/HX/HG用にJEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様のSIMMに改造する方法が,PC486Hx最強化計画,およびSLAVE OF PC --> 改造日記 --> "DOS/V SIMM"を"EP SIMM"に改造 で公開されていました(リンク先はいずれもInternet Archiveに保存されているファイルですが,画像データが失われています.ただし筆者が手元に保存してあるこれらの記事を確認した限りでは,画像データがなくても,作成における支障は殆どないようです).

さらに,JEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様の8MB SIMMに改造する方法が,どるこむの過去ログ,[2819] EPSON SIMM 16MBで報告されています.

かかっくんさんより,上記の佐野 (1997) の記事では,アドレス線とパリティビットが接続されたままだが,両者は分離すべきである・このままではパリティチェックを切って使用する場合に,リード時にパリティ値を無視するだけで,ライト時には出力されるという問題が起きる可能性があるとのコメントをいただきました.
 かかっくんさんによる,JEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様のパリティあり8MB SIMMに改造する方法が,回路図入りでエマティなリサイクルの研究発表会掲示板の2019年9月4日の記事 で紹介されています.


トップページ