EPSON仕様のSIMMの判別法と
JEDEC仕様のSIMMからEPSON仕様のSIMMを作る方法


EPSON仕様のSIMMは61互換SIMMやJEDEC仕様のSIMMとは端子のアサインが異なり,後二者と互換性がありません.ここではEPSON仕様のSIMMを他のSIMMから見分ける方法と,JEDEC仕様のSIMMを元にEPSON仕様のSIMMを作製する方法について述べます.


■EPSON仕様のSIMMの見分け方
EPSON仕様のSIMMのうち,サードパーティー製品は基板上の型番のシルク印刷や型番の記されたシールなどによって同定は一般に容易ですが,純正品の判別は慣れないと少し難しいかもしれません.

EPSON純正品の見分け方のポイントは以下の5点です.
(1) 端子は金メッキではなく錫(銀色)メッキである.
(2) 基板上に型番の表記はなく,代わりに2MB品では1659M2,4MB品では1659M4などのシルク印刷がある.1659M2にはチップが基板の片面だけに載っているものと,基板の両面に実装されているものとがある.
(3) そのシルク印刷はEPSON独特の少し丸みを帯びた書体である.これはEPSON製デスクトップ機のライザボードや純正拡張ボードなどのシルク印刷("・・・・・Board"など)の書体と同じ.
(4) 基板の色も独特で,一般的なSIMMのものと異なる特徴的な青緑色をしている.
(5) 一般的なSIMMより背が低く,そのため細長い感じを与える.



EPSON仕様のSIMMの具体的な型番,チップ等については,ゑぷそん道 --> [PC-486FR] で詳細なデータが公開されています.

また,SIMMの外観から型番を判別する方法がどるこむの過去ログ,[1926] EPSON仕様SIMMの見分け方で述べられています.

I・Oデータ製の2MBと4MBのSIMMです.基板上のシルク印刷の文字列(赤丸の部分)によりそれと分かるようになっています.



メルコ製の2MBと4MBのSIMMです.これも同様ですが,一部同定の困難なものもあります(上側の2MBのSIMMなど.このSIMMは中古のPC-386PのマザーボードのSIMMソケットに装着されていたと記憶していますが,素性は不明です).




I・Oデータ製の8MBのSIMMです.これも基板上のシルク印刷の文字列により同定が可能です.



なお純正品,サードパーティー製品とも,EPSON98互換機ノート用の68ピンSIMMとよく似ていますが,SIMMの長さ(ノート用の方が短い)や端子数から,またサードパーティー製品であれば,少し注意して見れば基板やシールに記された型番から区別は容易です.



以下にEPSON98互換機ノート用のSIMの画像を載せておきます.

I・Oデータ製EP-NTSIM-4M(4MB)です.



メルコ製XRE-4000(4MB)です.



メディアインテリジェント製EEN-8MSE(8MB)です.



EPSON仕様ではない,JEDEC仕様のEPSON製のSIMMが存在しますのでご注意下さい. これはチップが片面のみに8個ついており,大きさも普通のSIMMと同じで,基板の左上にはEPSONの文字が,また左下にはチップと平行に1951M4 Boardという白文字が上記の独特の書体でシルク印刷されています.端子は錫メッキです.これの正体は単なる4MBのノンパリSIMMです.同様に1951M8 Boardと書かれているものは8MBのノンパリSIMMです.




■JEDEC仕様のSIMMからEPSON仕様のSIMMを作製する方法
JEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様のSIMM(パリティなし)に改造する方法がトランジスタ技術に掲載されています.
佐野和弘 (1997). PC-486SRのメモリ増設のために―DOS/V用SIMMをEP-SIMMに改造する. トランジスタ技術1997年7月号, pp.370-374.

また,PC-486HA/HX/HG用にJEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様のSIMMに改造する方法が,PC486Hx最強化計画,およびSLAVE OF PC --> 改造日記 --> "DOS/V SIMM"を"EP SIMM"に改造 で公開されていました(リンク先はいずれもInternet Archive内のファイルですが,画像データが失われているようです).

さらに,JEDEC仕様のSIMMをEPSON仕様の8MB SIMMに改造する方法がどるこむの過去ログ,[2819] EPSON SIMM 16MBで報告されています.