エプソン98互換ノート/ラップトップ
/BOOK用のメモリ一覧


エプソン98互換ノート/ラップトップ/BOOK用のメモリの一覧です.この記事は,吉野敏也(監) 株式会社テクノメディア(編) (1993). EPSON PC システムガイド ――100万人EPSONユーザーのためのオフィシャル・データブック―― クリエイト・クルーズ,および EPSON98開発公団発行の同人誌,"Oh!EPSON PC 2000" 12/30号(2000年12月30日発行)の ペンネーム希望/○oo 氏による "EPSON PCとメモリ"(pp.55-64)の記事(注1・2)に大きく拠っています.
 注1:この記事は,EPSON98サービス機構発行の同人誌,"E-Sapa別冊 甦るEPSON PC伝説 永久保存版"(2004年8月15日初版発行)の38-46ページに再録されています.
 注2:この同人誌には,"Oh! EPSON PC DATABOOK出張版 2000年冬号" というクリーム色のB4版二つ折りの厚手の紙が添付されており,そこに正誤表も掲載されています(注2.1・2.2).古書で入手される際にはご注意下さい.なおこの同人誌の記事の一部は,上記の通り,後に "E-Sapa別冊 甦るEPSON PC伝説 永久保存版" に再録されましたが,そこでは正誤表にある誤記が修正されている箇所とされていない箇所があります(筆者が所有している冊子版の場合.PDF版の場合は不明).
   注2.1:正誤表に記載のある事項以外にも誤記があることを確認しています.いくつかのものについては訂正の上本ウェブページの記事で紹介していますが,他のものについては誤記の具体的内容に関する指摘は行いません.筆者はその任ではないからです.
   注2.2:この注は,これらの同人誌を所有あるいはこれから入手される方々への注意として載せています.

L-slot増設用メモリは独立項目として末尾に掲載します.またいくつかのものの外観については,EPSON仕様のSIMMの判別法 を,またエプソン98互換デスクトップ機用のエプソン仕様SIMMの型番については エプソン98互換デスクトップ機用エプソン仕様SIMM一覧 をそれぞれ参照して下さい.

※ロジテックからもエプソン98互換ノート用のSIMMが出ていたとの情報がありますが,筆者は確認できていません.

※※エプソン98互換ノートには一部のユーザーにより用いられる "愛称" がありました(Nifty ServeのFEPSONフォーラム発祥のものと聞いたことがありますが,VectorにあるCLKEPSに同梱されているClkeps.tutを見ると,確かにそのようです.但し一部の愛称はこのフォーラム外で生まれたものなのかもしれません).古い掲示板のログなどを参照する際には承知しておいた方がよいと思いますので,それらを下に示しておきます.なおNOTEは "のて" と表記されることもありました.
   ・のてあ = PC-386NOTE A
   ・和え(のて和え) = PC-386NOTE AE
   ・なる = PC-386NOTE AR[PC386NAR2などの "型番"(PC-386NOTE AR2は "商品名")の NAR より]
   ・茄子 = PC-486NOTE AS
   ・唐茄子 = カラー液晶モジュールが取り付けられたPC-486NOTE AS(唐 = "color")
   ・鮎 = PC-486NOTE AU
   ・鍋 = PC-486NOTE AV
    (カラー液晶モジュールが取り付けられた本機には "辛鍋" の愛称があったそうですが,筆者は掲示板で見かけたことがありません.また"猿鍋" の表記を見たことがありますが,恐らく特定の個人の特定の状態の本機を指すもので,一般的な愛称ではなかったのでしょう)
   ・納豆 = PC-486NOTE AT,PC-586NOTE AT
    (区別のため後者は "586納豆" と呼ばれることもありました)
   ・鶴 = PC-486Portable(PC-486PT1)(本機のキャッチフレーズ "True Note" より)
  その他,のて重役 = PC-286NOTE Exective,のてF(のてふ) = PC-286NOTE F,のてW = PC-386NOTE W,のてWR = PC-386NOTE WR といった愛称もあったそうですが,筆者は最初のもの以外掲示板で使用されているのを見たことがありません.


■PC-286NOTE executive
専用メモリカードによる増設のみが可能です.
・エプソン
  PCRDP(640kB)

■PC-286NOTE F/286BOOK,PC-386NOTE A/AE/W/WR
これらの機種ではカードスロットに挿すメモリカードによる増設のみ可能です.
・エプソン
  PCNFRB1(1MB),PCNFRB2(2MB),PCBRB41(4MB),PCNTRB81(8MB)[ハードウェアEMS・バンクメモリ・RAMボードドライブ]
※PC-286NOTE FはCPUがV30で,PCBRB41とPCNTRB81は非対応.またEPSON PC システムガイドによれば,PC-286BOOK(CPUは80286で,標準搭載メモリは640kBで認識可能なメモリは最大8.6MB)もPCBRB41とPCNTRB81に対応しないとされています.
・メルコ
  EMB-2000,EMB-4000[ハードウェアEMS・バンクメモリ・RAMボードドライブ]
  ESB-2000(S),ESB-4000(S),ESB-6000S,ESB-8000S[ハードウェアEMS・RAMボードドライブ]
・I・Oデータ
  EP-286BOOK 2MB,EP-286BOOK 4MB[ハードウェアEMS・バンクメモリ・RAMボードドライブ]
  EP-NTB-4M(S),EP-NTB-6M(S),EP-NTB-8M(S)[ハードウェアEMS・バンクメモリ・RAMボードドライブ]

※"ハードウェアEMS" は上記の同人誌の記事での表記に従いましたが,これは(プロテクトメモリ増設に対応した)本体の環境設定メニューのRAMボードの使い方の項目では "EMS/プロテクトモードメモリ" 表記され,これを選択するとプロテクトメモリにも設定されます[きょろサンチームさんの2021年2月7日のツイート(123)を参照].
※※EP-NTB-4M,EP-NTB-6M,EP-NTB-8MはPC-386NOTE WRのスタートアドレス変更対応.

■PC-286LS,PC-386LS/386LSR
・エプソン
  PCLRB2(2MB)[エプソン仕様の1MBのSIMMであるPCZRMを2枚まで増設可能]

■PC-386BOOK L
・エプソン
  PCRB6(2MB)[専用モジュールであるPCZRM3(2MB)を3個まで増設可能]
※EPSON PC システムガイドでは,35ページにPC-386BOOK Lの内部拡張スロットに装着する・PC-386BOOK LC/LXには装備済みとある一方で,43ページにはPC-286BOOKにのみ対応(PC-386BOOK Lは対応機種となっておらず,それどころか対応するメモリがないことになっています)とあります.後者は誤記ではないかと思われます.

■PC-386NOTE AR
・エプソン
  PCNTZRM21(A)(2MB),PCNTZRM41(A)(4MB)
・メディアインテリジェント
  MINTZRM41A(4MB),EEN-8MSE(8MB)
・メルコ
  XRE-2000S,XRE-4000(A)S,XRF-2M,XRF-4M
・I・Oデータ
  EP-SIMn-2M(E),EP-SIMn-4M(E)
・エレコム
  SME-64-4M

■PC-486NOTE AS
・エプソン
  PCNTZRM21(A)(2MB),PCNTZRM41(A)(4MB),PCNTZRM42(4MB),PCNTZRM81(8MB),PCNTZRM16S(16MB)
・メディアインテリジェント
  MINTZRM41A(4MB),MINTZRM42(4MB),EEN-8MSE(8MB),EEN-16MSE(16MB)
・メルコ
  XRE-2000S,XRE-4000(A)S
・I・Oデータ
  EP-SIMn-2M(E),EP-SIMn-4M(E)
・エレコム
  SME-64-4M

※PC-386NOTE ARとPC-486NOTE ASにはパリティありのSIMMが対応します.パリティありの8MBと16MBのSIMMには,エプソン・メディアインテリジェント両社の製品しか存在しないことに注意して下さい.一方PC-486NOTE AU以降の機種ではパリティなしのSIMMも使用できます(のての館 うっきー’S HOME PAGE --> NOTE-PCの館 --> えぷのての部屋 --> ハードウェアー などを参照).ノート用SIMMのパリティあり/なしの件は,どるこむの過去ログ,[1362] NASにパリ無メモリー も参照.またEPSON 98互換機 Part6の40番の投稿によれば, PCNTZRM16S の末尾の S は価格改定等の理由で付けられたものではなく,パリティありの16MBのSIMMであることを示すものといいます(注).下ではPC-486NOTE AU以降の機種用のエプソン製16MBのSIMMの型番を PCNTZRM16(S) と表記していますが,これはパリティありの PCNTZRM16S とパリティなしの PCNTZRM16 の両者を一括した表記ものです.
 注:PC-486NOTE AU,PC-486NOTE AV,PC-486/586NOTE ATのカタログでは,PCNTZRM21A・PCNTZRM41A・PCNTZRM42・PCNTZRM81では仕様の欄に容量を示す値のみが記載されているのに対して,PCNTZRM16では容量の他に,順に "NAU専用","NAV/NAU専用","NAT/NAV/NAU専用" とわざわざ書かれています(ぱんだねこさんの2022年1月9日2月9日3月1日のツイートを参照)

■PC-486NOTE AU/AV/AT/586NOTE AT
・エプソン
  PCNTZRM21(A)(2MB),PCNTZRM41(A)(4MB). PCNTZRM42(4MB),PCNTZRM81(8MB),PCNTZRM16(S)(16MB)
・メディアインテリジェント
  MINTZRM41A(4MB),MINTZRM42(4MB),EEN-8MSE(8MB),EEN-16MSE(16MB)
・メルコ
  XRE-2000S,XRE-4000S,XRF-2M,XRF-4M,XRF-8M,XRF-16M
・I・Oデータ
  EP-SIMn-2M(E),EP-SIMn-4M(E),EP-SIMAU-4M,EP-SIMAU-8M,EP-SIMAU-16M
・エレコム
  SME-64-4M

※異なる種類のメモリを混在装着している場合,恐らくはメモリのREAD/WRITEのタイミングの違いにより,Windows95で不具合が発生する場合があるといいます(Windows3.1では問題なし).この場合,片方のメモリを外せば問題なく動作します(EPSONPC 掲示板 過去ログ No.44 の [2730] 586NATにwin95でトラブル? スレッドを参照).このエラーは必発ではない点でかえって厄介と言えます.

■PC-486Portable
・エプソン
  PCPTZRM41(4MB),PCPTZRM81(8MB)

■L-slot用
L-slotを備えている機種は,PC-286L/LE/LF,PC-286LP(PC ONE),PC-386BOOK L/LC/LX,PC-386NOTE AR1,PC-486NOTE AS/AU/AVです(注).
 注:Lスロットの信号の最初の部分を参照.
・エプソン
  PC286LRB(1.5MB)[バンクメモリ]
※Lスロット用オプションである,エプソン製PCNTRBA(RAMボードアダプタ)を介してPC-286NOTE F/286BOOK,PC-386NOTE A/AE/W/WR用のメモリカードを使用することも可能です.
・メルコ
  EMP-2000,EMP-4000[ハードウェアEMS,レジューム非対応]
  ESL-2000(S),ESL-4000(S),ESL-8000(S)[ハードウェアEMS,レジューム対応]
・日本テクサ
  TRAM-286-20(2MB)[バンクメモリ,リアルモード専用]
  TEMS-286-10(1MB),TEMS-286-20(2MB)[ハードウェアEMS,リアルモード専用]
・コンピュータリサーチ
  CPC-EM15(B)(1.5MB),CPC-EM20B(2MB),CPC-EM30B(3MB)[バンクメモリ]


トップページ