エプソン98互換デスクトップ機用
内蔵RAMボード一覧


エプソン98互換デスクトップ機用内蔵RAMボードの一覧です.本記事は主として,EPSON PC`s HOMEPAGE(編) EPSON98開発公団(発行)の同人誌,"Oh! EPSON PC" (2000年12月30日発行)の ペンネーム希望/○0o 氏の記事,"EPSON PCとメモリ" (pp.55-64)(注1・2・3)と,吉野敏也(監) 株式会社テクノメディア(編) (1993). EPSON PC システムガイド ――100万人EPSONユーザーのためのオフィシャル・データブック―― クリエイト・クルーズ に拠っています.いずれの資料にも誤記もしくは記述に混乱がみられますが,筆者が気付いたものについては訂正の上記載しました.
 注1:この記事は,EPSON98サービス機構・EPSON98互換機同人誌復刻委員会(編)の同人誌,"E-SaPa別冊 蘇るEPSON PC伝説 永久保存版" (2004年8月15日発行)の "EPSON PCとメモリ" (pp.38-46)に再構成の上再録されています.なお "Oh! EPSON PC" には,"Oh! EPSON PC DATABOOK出張版 2000年冬号" というクリーム色のB4版二つ折りの紙が添付されており,そこに正誤表(筆者の見るところ,若干の漏れがあるようです)も掲載されています.古書で入手される際にはご注意下さい.なおこの同人誌の記事の一部は,上記の通り,後に "E-Sapa別冊 甦るEPSON PC伝説 永久保存版" に再録されましたが,そこでは正誤表にある誤記が修正されている箇所とされていない箇所があります(筆者が所有している冊子版の場合.PDF版の場合は不明).
 注2:PCRB81とEP-RB81については,上記の同人誌の記事以外に情報を見つけられずにいます.PC-486SR PC-486SEユーザーズマニュアル にも,PCRB8とPCRB01についての記載はありますが,PCRB81への言及はありません.
 注3:本記事の公開後に,同様な記事が以前WWW上で公開されていたことを知りました(ノリタマ*動物ケースおじさん???さんの2021年3月19日のツイート を参照).しかしこれまでのところ,ウェブサイト名や当該記事のURLを明らかにできていません.当該記事が現存している,あるいはInternet Archivesに保存されていることが明らかにできた場合には,ここにハイパーリンクを設置します.

非対応/無保証とされている機種でも,実際には動作する場合もあります.メーカーは,一部のロット(?)で何らかの不具合が報告された場合,その機種を丸ごと非対応/無保証としているのではないかと考えています.

エプソン仕様のSIMMを2枚一組で増設するよう指示されている場合には,同容量のものを一組で使用します.異なる容量のSIMMを2枚セットにして増設した場合,PC本体は,容量の少ない方のSIMMが2枚増設されたものと判断します.例えば2MBのSIMMと4MBのSIMMを増設した場合,2MBのSIMMが2枚,合計4MBのメモリが増設されたものとして扱われます(EPSON PC-486SR PC-486SE ユーザーズマニュアル を参照).


■PC-286Model0/V/VE/X/VS/VF
・EPSON
  PC286RB
   これ自体2MB,増設用SIMMソケットなし,PC-286Model0専用
  PC286RB2(PCRB2)
   これ自体2MB,増設用SIMMソケットなし
  PCRB3
   これ自体2MB,PCZRM(1MB)を4枚まで増設可能

左がPC286RB2,右がPCRB3の線画です.EPSON PC-286VF user's manualのものをスキャンした画像を引用します.


■PC-286VF/VX/VG/VJ,PC-386VR
・EPSON
  PCRB3H
   これ自体2MB,エプソン仕様の1MBのSIMM(PCZRM2または互換品)を4枚まで増設可能

■PC-286US/UX
・EPSON
  PCRB5
   これ自体2MB,増設用SIMMソケットなし

■PC-386M
・EPSON
  PCMRB
   これ自体2MB,PCZRM(1MB)をを2枚まで増設可能
・I・Oデータ
  EP-386M-2M
   これ自体2MB,61(互換)SIMM(2MBを)を2枚まで増設可能
  ※PC-386Mにはこれらのボードを2枚まで装着可能です.

左2つがPCMRB,右がEP-386M-2Mの画像です.ヤフーオークションで出品者IDが masato_sekine,オークションIDが t756321568(2020年9月24日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像(左2つ),およびヤフーオークションで出品者IDが masato_sekine,オークションIDが l552493965(2020年10月14日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出して半分に縮小しjpg形式に再変換)した画像(右)をそれぞれ引用します.EP-386M-2Mの画像の画像は,PC-9800シリーズは電気林檎の夢を見るか --> 所有マシン・周辺機器類 --> PC-386M-STD --> メモリの増設 にも掲載されています.


左2つの画像からは,PCMRBを2枚増設する場合のスイッチ設定も読み取れると思います.またEP-386M-2Mでは,基板裏面(右の画像に写っていない面)の最上部に EP-386M-2/4M-1 の文字列があります.余談ですが,EP-386M-2Mは初めてのサードパーティー製エプソン98互換デスクトップ機用内蔵RAMボードです.

■PC-386/V/S/G/GE/GS,PC-486GF/GR/GR+/GR Super
・EPSON
  PCRB4
   これ自体2MB,エプソン仕様の1MBのSIMM(PCZRM2または互換品)を4枚まで増設可能,PC-386GE非対応
   ※PC-386GEやPC-486GF/GRのユーザーズマニュアル(どるこむの過去ログ,[2611] PCRB4は386GE対応か? を参照)と EPSON PC システムガイド のいずれにおいても,PCRB4の対象機種にPC-386GEは含まれていません.
  PCRB7
   これ自体0MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386GE以外同容量2枚一組で増設
・I・Oデータ
  EP-RB7
   これ自体0MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386GE以外同容量2枚一組で増設
・メルコ
  ERB-4000
   これ自体4MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386GE以外同容量2枚一組で増設
  ERE-4M
   これ自体4MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386GE以外同容量2枚一組で増設

PCRB4,EP-RB7,ERB-4000の画像です.ヤフーオークションで出品者IDが hamayokotobe,オークションIDが k173971825(2014年2月7日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出してjpg形式に再変換)した画像(左上,PCRB4),ヤフーオークションで出品者IDが hamayokotobe,オークションIDが l400226502(2018年6月18日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出して60%に縮小しjpg形式に再変換)した画像(左下,ERB-4000の裏面),ヤフーオークションで出品者IDが rs_123,オークションIDが u381485844(2020年9月18日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出して1/3に縮小しjpg形式に再変換)した画像(右下,ERB-4000の表の面)をそれぞれ引用します.またEP-RB7の画像(右上)は筆者が撮影したものです.


EP-RB7の最上段のSIMMソケットの上側の基板には EP-386X-2M-1 の文字列があります.PCRB4の基板上の文字列(~~BOARD/UNIT~~)は元画像からも(またヤフーオークションに出品された本ボードの他の出品画像からも)判読できません.またERB-4000の基板上の文字列は表の面にはなく,恐らく裏面にあり,黒いプラスチック板に隠れているのだろうと思います.なおメルコ製の他のRAMボードでも,ERB-4000同様,基板とほぼ同じ大きさで型番が記された黒いプラスチック板が両面テープのようなもので裏面に貼り付けられていますが,ジャンク品ではこれが剥がれて失われていることがあります.

ERE-4Mの画像はEP-RB02とERFの外観(付:PCRB02の外観) を参照して下さい.

PC-486GF/GR/GR+/GR Superでは内蔵RAMボードを2枚まで装着できます(注1・2・3・4).2枚装着する場合,アクセス速度のより速いRAMボードのスタートアドレスの数字を小さい方に設定し,かつそれをCPUライザボードから遠い方のスロットに装着しないと,2枚目のRAMボード上のメモリが認識されません.Oh! EPSON PC の記事では,EP-RB7とERFでボード上のディップスイッチの設定によりアクセス速度が変化する(注5)ことが示されていますが,実際の2枚差し事態では,増設RAMベースボードの組み合わせとボードの設定の状況は様々でしょうから,うまく動作しない場合には,ボードを装着するスロットを入れ替えるなどの試行錯誤が必要でしょう(どるこむの過去ログ,いろいろとまとめて…(^^;[152] GRS内蔵増設RAMボードEP386Xの設定について[2058] PC486GRのメモリー も参照).なおアクセス速度を過度に高速なものに設定していると,それだけで安定動作しなくなる可能性もあります.
 注1:たけるん通信 --> OLDパソコンコーナー --> PC98x1/互換機 (NEC・EPSON) こちらです -->PC-486GR & etc に,PC-486GR3でのEP-RB7とERB-4000の2枚差しの画像があります.
 注2:内蔵RAMボード用のコネクタはアウトラインフォントボード用のコネクタと兼用となっています.
 注3:PC-486GFではCPUボード上にエプソン仕様のSIMMを1枚,PC-486GR/GR+/GR Superでは2枚まで直接装着できます(エプソン98互換デスクトップ機用エプソン仕様SIMM一覧 を参照).
 注4:PC-386S/Gでも内蔵RAMボードを2枚まで装着できます.
 注5:I・OデータのMEMORY SERVER内のINSPECT.EXEにより測定されたもので,人間が感じ取れるレベルのものではありません.

■PC-486HG/HX/HA
・EPSON
  PCRB41
   これ自体0MB,2MB・4MB・8MBのエプソン仕様のSIMMを6枚まで増設可能

PCRB41の外観はPCRB41の外観 を参照して下さい.なおPC-486HA3JW/HX2GW/HX3JW/HG2GWのCPUボード上にはエプソン仕様のSIMMを1枚,PC-486HA2/HX2/HX5/HX3/HG2/HG5/HG3MのCPUボード上は2枚まで装着可能です(エプソン98互換デスクトップ機用エプソン仕様SIMM一覧 を参照).

■PC-386P,PC-486P/SE/SR/FE/FR/FS/MU/MR/MS/MV/RS
・EPSON
  PCRB8
   これ自体2MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを2枚まで増設可能,PC-386P以外同容量2枚一組で増設
  PCRB81
   これ自体0MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386P・PC-486Pでは同容量2枚一組で増設
  PCRB01
   これ自体0MB,2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,同容量2枚一組で増設
  PCRB02
   これ自体0MB,エプソン仕様のSIMMは2MB・4MB・8MBのもの,JEDEC仕様のSIMM(SIMM-IDの有無不問)は最大16MBのものを4枚まで増設可能(エプソン仕様/JEDEC仕様混在可能),PC-486MU/MR/MS/MV/RS専用
・I・Oデータ
  EP-RB8
   これ自体4MB,1MB(PCZRM2または互換品)・2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを2枚まで増設可能,PC-386P以外同容量2枚一組で増設
  EP-RB01
   これ自体0MB,2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386P・PC-486Pでは同容量2枚一組で増設
  EP-RB02
   これ自体0MB,エプソン仕様のSIMMは2MB・4MB・8MBのもの,JEDEC仕様のSIMM(SIMM-IDあり)は最大32MBのものを4枚まで増設可能(エプソン仕様/JEDEC仕様混在可能),PC-386P・PC-486Pには非対応,PC-486SE/SR/FE/FR/FSではWindows95での動作は無保証
・メルコ
  ERC-4000
   これ自体4MB,1MB(PCZRM2または互換品),2MB.4MBのエプソン仕様のSIMMを2枚まで増設可能,PC-386P以外同容量2枚一組で増設
  ERD-4000
   これ自体4MB,2MB・4MB・8MBのエプソン仕様のSIMMを2枚まで増設可能,スタートアドレス200000hまたは400000hのみ
  ERF(ERF-4M)
   これ自体4MB,最大32MBのJEDEC仕様のSIMM(SIMM-IDあり)を3枚まで増設可能,PC-386P・PC-486P非対応
・Media Intelligent
  MIRB81
   これ自体0MB,2MB・4MBのエプソン仕様のSIMMを4枚まで増設可能,PC-386P・PC-486Pでは同容量2枚一組で増設,EPSON製PCRB01の完全互換品

EP-RB8とERD-4000の画像です.ヤフーオークションで出品者IDが rs_123,オークションIDが s769448685(2020年9月18日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出して40%に縮小しjpg形式に再変換)した画像(左,EP-RB8),ヤフーオークションで出品者IDが fujiyama300,オークションIDが f393896737(2019年12月23日に落札)の出品物の説明に使用されていたものを加工(元画像から切り出して2/3に縮小しjpg形式に再変換)した画像(右,ERD-4000)をそれぞれ引用します.


EP-RB8では,基板右上の固定金具と,その下に3本横に並んでいる青い集合抵抗の一番上のものとの間の基板上に EP-RB8 の文字列があります.またERD-4000の基板上の文字列は基板中央付近にあり, 4000ERD-A または4000ERD-B であることを確認しています.

PCRB01,PCRB02,EP-RB01,EP-RB02,ERFの画像は,EP-RB02とERFの外観(付:PCRB02の外観) を参照して下さい.

PC-386PとPC-486P/FE/FR/FSでは,内蔵RAMボード1枚に加えて,マザーボードにエプソン仕様のSIMMを直接装着(PC-386P/FE/FR/FSでは1枚,PC-486Pでは2枚まで)できます.またPC-486MU/MV/MR/MSのマザーボード上には,エプソン仕様のSIMMあるいはJEDEC仕様のSIMMを2枚まで直接装着できます(エプソン98互換デスクトップ機用エプソン仕様SIMM一覧エプソン98互換機のオンボードジャンパスイッチの設定 を参照).


トップページ