VFO ICについて


SED9421C0Bを使用したHxC(内蔵・外付け)用VFO回路図が,レトロゲーム漫遊記 : episode2HxCをPC-98x1シリーズで使う(その後の7)(2012年1月20日の記事) に掲載されています.これを元にすれば,PC-98用のVFOなしFDDに付加するVFO回路(2HD・2DD両対応)が作成できるでしょう(注1・2).
 注1:福田卓也さんの2019年12月1日のツイートによれば,クロック発生部分はHC04よりHCU04を使用した方がよく,またHxCでなくFDDに接続する場合には,HxC用は無視した部分を結線するだけでよいだろうとのことです.
 注2:PC-98用のVFO回路で使用される発振子は16.00MHz(2HD用)と19.20MHz(2DD用)ですが,EPSON98互換機の本体内蔵VFOではそれぞれ15.9MHzと19.6MHzといいます(FrontPage - pukiwiki for nue -->雑記 --> 雑記/2014-01-01 を参照).

また,
 高橋昇司 (1989). フロッピ・ディスク装置のすべて ――FDD全タイプの基礎から応用まで―― CQ出版 の "9 データ・セパレート回路" pp.283-307
では,いくつかのアナログVFO ICとディジタルVFO ICについて解説されています.回路例も記載されているICは以下の通りです(カッコ内は掲載ページ):
   富士通製 MB4107,MB4108(pp.288-294)
   セイコーエプソン製 SED9420C,SED9421C0B,SED9421CAA,SED9421CAC(pp.294-298)
   東芝製 TC8568M(pp.298-299)
   NEC製 (μP)D71065G,(μP)D71066CT(pp.300-302)
   SMC製 FDC9216,FDC9229(pp.304-306)
   SONY製 CXD1190P(pp.306-307)

SED9421Cを用いた回路の例は,
 神崎康宏 (1988). PC9801のフロッピ・ディスク・インターフェースの詳細 トランジスタ技術SPECIAL NO.11 特集 フロッピ・ディスク・インターフェースのすべて ――需要の急増するFDDシステムの基礎から応用―― CQ出版, pp.106-116.
にも掲載されています.

またSED9421C0Bを用いた回路の例は,
 松本好司 (1987). PC-9801UV2に5インチ2HD/2DDドライブを! 5インチのソフトがコンバートなしで使える I/O Vol.12, No.4(通巻126号/昭和62年4月号), 工学社, pp.219-223.
にも掲載されています.

またSED9420C,SED9421C,あるいはFDC9216Bを用いた回路の例は,
 井芹陽一 (1988). PC9801へのFDDの接続法と2DDから2HDへの改造 トランジスタ技術SPECIAL NO.11 特集 フロッピ・ディスク・インターフェースのすべて ――需要の急増するFDDシステムの基礎から応用―― CQ出版, pp.141-170.
にも掲載されています.

なおこれらの書籍に掲載されているVFO回路は2HD専用となっています(使用されている発振子は16MHzのもののみ).

また,Electrelic --> 工作 --> 自作のデータセパレータ基板 (回路図編-2)(2017年3月31日の記事) にもSED9420Cを使用したPC-98の外付けFDD用のVFO回路図が掲載されています.これも使用されている発振子は16MHzのもののみで,2HD専用となっています.

 ※高橋昇司 (1984). 最新フロッピ・ディスク装置とその応用ノウハウ ――標準/ミニ/マイクロFDDシステムの基礎・設計・活用―― CQ出版 の "第8章 VFO回路"(pp.161-187) には,より古いVFO ICについての資料があります.回路例も記載されているICは以下の通りです(カッコ内は掲載ページ):
   Y-E DATA製 MB14323+MB14324+MB4393(pp.170-175)
   日立製 HA16632AP(pp.175-177)
   諏訪精工舎製 SED9420C,SED9421C(pp.177-178)
   Western Digital製 WD1691(pp.180-182)
 ※※また,PC-98中心レトロPCプログラミング本画像手動botさんの2020年7月30日のツイート によれば, 斎藤浩之 (1988). PC-9800,8800/8000,6000シリーズ対応 初心者からの実用ハードウェア製作 続・PC工作入門 日本ソフトバンク に,FDDを外付けで接続するためのVFO回路の作成方法の記事が掲載されているといいます.sakuradai11さんの2020年7月7日9月10日のツイートによれば,この本のVFO関連の記事は "第9章 ディスクドライブの増設"(pp.151-166)で,回路図等の実際に必要な情報はpp.159-161の3ページ,FDDはYD-380を対象とし,2HDモードのみで,VFOチップにはFDC9216Bが使用され,他に74LS04,74LS32,74LS132,7438が使用されているとのことです.

SED9421C0Bのデータシート(PDFファイル)は有限会社サンエレクトロのウェブページにあります(12).またμPD71065G・μPD71066CTの詳細な資料は,bitsavers.orgにあるNEC Electronics Inc. Intelligent Peripheral Devices (IPD) 1989-1990 DATA BOOK(PDFファイル,全570ページ,31.9MB)の298-319ページにあります(Section 5がFloppy-Disk Controllersの節で,元の冊子では 5-21-5-42 がμPD71065/66の項).

 ※2019年12月の時点で,SED9420Cは,国内では樫木総業通信販売部若松通商などでの取扱いがあります(但し前者のウェブページの特別価格商品一覧では在庫限りの品となっています).

TC8568MはTAXAN製外付け5インチFDDユニットであるTF502Aで,SED9421C0Bはα DATA製ファイルスロット3.5インチFDDユニットであるAD-F35FAで,D71065GはMIQ製外付け3.5インチFDDユニットであるFD-331NSなどで実際に使用されています.またFD1137DやFD1155DのVFO ICはD71065Gです(従って,修理が不可能な状態のFD1155Dなどがあれば,そこからVFO回路の作成に必要な部品を取ることができます).また,VFOのないFDDが使用されている外付けFDDユニットやファイルスロットFDDユニットのI/F部分の基板の配線を追えば,使用されているVFOチップまわりの具体的な回路を明らかにすることができます.

----------------------------------------------------------------

これらの書籍は古書としても流通していますが,公立図書館に所蔵されている場合もあります.国立国会図書館サーチや,最寄りの都道府県立図書館のウェブページに設けられている都道府県内図書館横断検索システム(こちらの方が細かく調べられると思います)で,所蔵している公立図書館を見つけることができます.有償コピー送付サービスを行っているところもあります.必要ならば直接確認して下さい.

また,高専や大学の附属図書館に所蔵されている場合もあります.CiNii Booksで所蔵館を確認することができます.これらの学術機関の附属図書館は,若干の制限付きながら,学外者にも蔵書の利用を認めているところが多いと思いますので(但し所蔵先が特定の研究室である場合には,学外者の利用はできないケースが殆どでしょう),これも必要ならば直接確認して下さい.


トップページ