PC-586RXのSMD-300(SMD340-302)を
FD1231Tで代替


PC-486SE/SR以降のエプソン98互換デスクトップ機では,内蔵3.5インチFDDとして,EPSON製SMD-300(SMD-340-301-00,SMD-340-302)あるいはMITSUMI製D353T3が使用されています.これらのFDDは,ドライブの厚さ,FDDケーブルのタイプ(フラットケーブルかフィルムケーブル)およびイジェクトボタンの位置が相互に異なりますが,電気的には同一と考えられ,実際に一つの本体(PC-586RA)で混在使用している例もあります[E-SaPa編集部 (2002). 活用それぞれ 現役ゑぷらーのマシン拝見 EPSON98互換機専門同人誌 E-SaPa EPSON98サービス機構, pp.44-46.].

これらのFDDは製造からかなりの時間が経過しており,また中古市場で見かけることも稀なため,現在では良好な状態のものを入手することは困難です.

ここでは,SMD-300 (SMD340-302) の代替FDDとしてPC-98用のFD1231Tおよびその互換品(MPF520-F,OSD,OSD-u,34ピン信号コネクタを持つFD1148T)を使用する方法について述べます.以下,SMD-300 (SMD340-302) をSMD-340と表記し,FD1231Tおよびその互換品をFD1231Tと総称します.

この方法を応用すれば,代替FDDとしてPC/AT互換機用のものを使用することもできます.わぴこのほーむぺーじ --> [日記兼掲示板] --> PC-486なFDDのキケン究所 に,MITSUMI製のD353M3とD353M3DをPC-486MU/MVで使用する方法の記事があります.PC/AT互換機用FDDのPC-98での使用(1) FDDケーブル作製+偽READY信号生成スイッチ取り付け編PC/AT互換機用FDDのPC-98での使用(2) 制御基板改造編の記事もご覧下さい.

テストに使用した本体はPC-586RX1LWで,元々内蔵されていたFDDを単体入手のSMD-340に,フロントパネルをFDD部分の開口部が二つあるPC-586RV2のものにそれぞれ取り替えてあります.

■はじめに
本記事では,コネクタのピン番号の振り方をコネクタの種類とピン番号の "通常の34ピンコネクタ" のものでなく,"FD1231T内蔵機種のマザーボード上の34ピンFDDケーブル接続用メスコネクタ"(反転コネクタ)のものに従っています.
この記述は本記事の旧版であるエマティなリサイクルの「研究発表会」の「後期エプソン機のSMD-340をFD1231Tで代替」では漏れていましたのでご注意下さい.


SMD-340には一般的な34ピンコネクタの3.5インチFDDと同様な4ピンの電源コネクタがありません.テスタで調べたところ,7,9,11ピンと増設機器用の電源ケーブルのコネクタの+5Vピンとの間に導通がありました.通常GNDが割り当てられているピンの一部が電源ピンとして使用されていることになります.このため,FDDケーブルを逆刺しするとドライブならびにFDDケーブルを焼損します.SMD-340では,PC-98用のFD1231Tとは異なり,FDDケーブルのコネクタを突起部が下側になるように接続します.後述の工作を行って,SMD-340 とFD1231Tとを混在使用する場合にはこの点に特にご注意下さい.

SMD-340にはPC/AT互換機用のものもあります.以前DELLのウェブページ上で公開されていた資料(ただしInternet Archive内のファイルでは画像が失われてしまっています)では,やはり7,9,11ピンが電源ピンとなっていました.ただしPC/AT互換機用のSMD-340には電源コネクタもついています.またEPSON98互換機用のSMD-340では背面のジャンパピンが8本なのに対して,PC/AT互換機用のSMD-340ではジャンパピンが16本との違いもあります.

なお27ピンはGNDと導通がありません.わぴこのほーむぺーじ --> [日記兼掲示板] --> PC-486なFDDのキケン研究所 の資料によれば,27ピンの信号は,メディアへのアクセスに同期する何らかの信号とのことですが,詳細は不明です.筆者の環境では,これまでのところ,FD1231Tの接続時に27ピンをNCとしても不具合は観察されていません(本記事の一番下に書いた現象が27ピンをNCとしたことによるものかは不明です.同じく27ピンをNCとしたわぴこさんの実験では同種の現象は確認できなかったといいます).

PC/AT互換機用のSMD-340と異なり,DS設定用のジャンパスイッチはありません.またFDDケーブルは,マザーボード接続用のコネクタと1台目のFDDコネクタとの間はストレート結線であり,1台目のFDDコネクタと2台目のFDDコネクタの間で,1・3番ラインおよび10・12番ラインがクロスしています.このことから1番はNC,3番は 360/300,10番はDS0,12番はDS1と推定されます.

■FD1231Tの接続
FDDケーブルは586RXで元々使用されていたものを加工しました.内蔵FDDが1台のモデルでも,FDDケーブルはFDDを2台内蔵したモデルと同じものが使われています.ここでは1台目のFDDとしてSMD-340をそのまま接続し,2台目のFDDとしてFD1231Tを接続する場合の方法について述べます.
FDDケーブルは,1台目のFDDコネクタと2台目のFDDコネクタとの間の部分を加工します.

(1) 上記わぴこさんの解析によれば,2HD/2DDモードでのDensity信号の極性がPC-486MUとPC-9821V166とでは逆になっています. Density信号ライン(FDDケーブルの2番ライン)を結線しない場合,1.44MB・1.25MBの2モード動作となります.2DDメディアの読み書きのためにはこのDensity信号を供給する必要があります.
  2番ラインを切断し,1台目のFDD側のラインをインバータICの入力ピンに,2台目のFDD側のラインを出力ピンに接続します.私はたまたま手元にあった74HC04Dを使いましたが,オープンコレクタタイプの74LS05などを使用する方がよいでしょう.
(2) 7・9・11番ライン(+5V)を切断し,1台目のFDDコネクタ側のラインをインバータICの電源ピンと2台目のFDD用の電源ケーブルのコネクタに接続します.
(3) 27番ラインの信号は不明ですが,これがFD1231Tに接続されていると正常動作しません.よって2台目のFDDではこのラインを切断します.

完成図です.今回はインバータICにC-MOS ICを使用したので,ICの使用しないピンをプルダウンしてあり,またFDDケーブルのGNDラインを2台目のFDD用の電源コネクタのGNDピンに接続しています.なお緑のラインは5インチFDD内蔵時にDensity信号を分岐させるためのものです.



FD1231Tを1台目のFDDとして使用する場合には,(1)−(3)の作業を1台目のFDDコネクタとマザーボードとの接続用コネクタとの間の部分に対して行います.この場合,2台目用FDDコネクタにもFD1231Tを接続するためには,+5Vラインを2台目のFDDにも接続する必要があります.

■本体フロントパネルの加工



上図左のように,SMD-340とFD1231T(図のものはOSD-u)とではイジェクトボタンの水平位置が異なります.従って,FDDが2台のモデルでFD1231Tを内蔵させるためには,上図右のようにフロントパネルのFDDのイジェクトボタン用の開口部を加工する必要があります.

FDDが1台のモデルでは,イジェクトボタンの位置が元々のFDDのものと合うため,フロントパネルの加工は不要です.ただし,フロントパネルのFD挿入口付近の凹みが深いので,FD1231TとOSD-uではFDD取り付け金具のFDD固定用ネジ穴を削り,電源ユニット側に少しずらしてに取り付けられるようにする必要があります.ただしMPF520-Fの場合はFDD取り付け金具の加工も不要でした.FDDが2台のモデルではFD挿入口付近の凹みが浅いため,FDD取り付け金具の加工は不要です.

-------------------------------------------------------


不具合といえるのかどうかはわかりませんが,筆者の環境では以下の現象が認められました:
2DDメディアを書き込み禁止にしていると,NEC版MS-DOS6.2でのscandiskでのクラスタスキャン開始直後にOSD-uのアクセスランプが点滅して停止します.しかしその約1分50秒後にクラスタスキャンが開始されます。SMD-340と外付け扱いのFD1155Dではアクセスランプが消えて同様に停止し,約1〜2分後にクラスタスキャンが開始されます.
しかしわぴこさんのテスト環境(PC-486MU+MPF520-F+EPSON版MS-DOS6.2)では,ライトプロテクトを施した640KBフォーマットのFDに対するscandiskにおいて,上記の現象は観察されなかった(720KB,2HDメディアでは未試験)ということでした.