SD-680Lの設定


EPSON製5インチFDDのSD-680Lのジャンパスイッチの設定です.


・SS1 = ドライブ番号(0−3)

・SS2(パターンのみ) = ヘッドロード関係?
  詳細不明

・SS3とSS4 = 2DDモードでの回転数
  SS3がS側・SS4がMH側の2本をショート = 360/300 RPM
  SS3がD側・SS4がMH側の2本をショート = 300 RPM(360K)
  SS3がS側・SS4がML側の2本をショート = 300 RPM(720K)

・SS5 = Ready/Disk Changeの切替
  RC側の2本をショート = Ready
  DC側の2本をショート = Disk Change

・SS6(パターンのみ) = アクセスランプ関係?
  S1とS2をそれぞれショート = LED Light with Drive Select and In-Use Signal
  S2とS3をそれぞれショート = Do not use

・JP4(パターンのみ) = 不明
  よく見ると基板表側にSS6側の2本のジャンパポスト間をショートする太いパターンあり

■エプソン98互換機で使用する場合の設定
 SS3とSS4 = SS3はS側・SS4はML側をショート = 300 RPM(720K)
 SS5 = RC側をショート = Ready

■PC/AT互換機で使用する場合の設定(上の図の黄色のジャンパ線の追加)
 SS2 = DAをショート(要ハンダ付け)
 SS6 = S1とS2をそれぞれショート,S3はオープン
 ※SS6のS2とS3は基板の裏面でともに0Ω抵抗を介してショートされていますので,S3の0Ω抵抗を撤去する必要があります.
 これらの情報はtshさんよりいただきました.

SD-680Lの制御基板で使用されている電解コンデンサは基板貫通型の3個で,いずれも16V−22μF,高さ約6mmのものです.交換する場合にはコンデンサの高さに注意して下さい.高さのあるコンデンサは横倒しにして設置する必要があります.