SD-680Lの設定


EPSON製5インチFDDのSD-680Lのジャンパスイッチの設定です.


・SS1 = ドライブ番号(0−3)

・SS2(パターンのみ) = ヘッドロード関係?
  詳細不明

・SS3とSS4 = 2DDモードでの回転数
  SS3がS側・SS4がMH側の2本をショート = 360/300 RPM
  SS3がD側・SS4がMH側の2本をショート = 300 RPM(360K)
  SS3がS側・SS4がML側の2本をショート = 300 RPM(720K)

・SS5 = Ready/Disk Changeの切替
  RC側の2本をショート = Ready
  DC側の2本をショート = Disk Change

・SS6(パターンのみ) = アクセスランプ関係?
  S1とS2をそれぞれショート = LED Light with Drive Select and In-Use Signal
  S2とS3をそれぞれショート = Do not use

・JP4(パターンのみ) = 不明
  よく見ると基板表側にSS6側の2本のジャンパポスト間をショートする太いパターンあり

■エプソン98互換機で使用する場合の設定
 SS3とSS4 = SS3はS側・SS4はML側をショート = 300 RPM(720K)
 SS5 = RC側をショート = Ready

■PC/AT互換機で使用する場合の設定(上の図の黄色のジャンパ線の追加)
 SS1 = DS1
 SS2 = DAをショート(要ハンダ付け)
 SS5 = DC側の2本をショート
 SS6 = S1とS2をそれぞれショート,S3はオープン
 ※SS6のS2とS3は基板の裏面でともに0Ω抵抗を介してショートされていますので,S3の0Ω抵抗を撤去する必要があります.
 この項の情報はtshさんよりいただきました.また UME-3さんのツイッター --> 2015年2月14日の記事 でも同じ設定が報告されています.

SD-680Lの制御基板で使用されている電解コンデンサは基板貫通型の3個で,いずれも16V−22μF,高さ約6mmのものです.交換する場合にはコンデンサの高さに注意して下さい.高さのあるコンデンサは横倒しにして設置する必要があります.



※本記事は,DELLのウェブページにおけるジャンパスイッチ設定図の公開が終了してしまった後,SD-680Lのジャンパスイッチの詳細な設定に関する資料がウェブ上で閲覧できない状態が続いており[これくらいの記述の資料(PDFファイルにつき注意)はいくつかありましたが],またInternet Archive内における件の設定図のファイルの所在も確認できなかったため作成したものですが,本記事の公開後にその保存先を突き止めることができましたので,当該ファイルへのリンクを示しておきます.