PC-FD511Fの内部結線


ファイルスロット5インチFDDであるPC-FD511F(内蔵されているFDDはFD1158D)のカードエッジ基板は単なる配線板です.


ここではFD1158Dの34ピンオスコネクタ−44ピンカードエッジオスコネクタ 間の結線について述べます.

カードエッジコネクタは基板の表裏で同じ位置に端子がついています.端子の幅はCバスボードのものなどより狭く,間隔は広くなっています.
 34ピンオスコネクタに番号が振られていますが,これはFD1158Dのピン番号と等しくなっています.


カードエッジコネクタは配線面を上にした状態でPC-FD511Fのフレームに取り付けるようになっています. このカードエッジコネクタは3ピン−5ピン/4ピン−6ピン間に切り込みのないタイプであり,コネクタの1番ピンの位置がはっきりしませんので,本記事ではこのコネクタのピン番号の振り方を,接続先であるファイルスロットバックボード上の44ピンカードエッジメスコネクタ脇にシルク印刷されたものに従いました.


以下,導通のあった FD1158Dの信号コネクタのピン − カードエッジコネクタのピン です.カードエッジコネクタの9, 10, 13, 15, 19, 21, 23, 25, 27, 29, 31, 35, 39, 43ピンは電源コネクタのGNDピンに接続されていますので,まとめてGNDと表記します.


+5Vはカードエッジコネクタの5, 6ピン,+12Vは同じく1, 2ピンです.カードエッジコネクタの3, 4, 7, 8ピンはNCです.
※本記事の旧版であるエマティなリサイクルの「研究発表会」の「ファイルスロットバックパネル」の記事では,+5Vと+12Vが逆に記述されていましたのでご注意下さい.

FD1158Dの信号コネクタのピン番号と44ピンカードエッジオスコネクタのピン番号の対応は,FD1158Dの34ピンオスコネクタのピン番号とファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタのピン番号の対応と若干異なります(ファイルスロットバックボードのFDDケーブルコネクタ−ファイルスロットFDDコネクタ間結線を参照).

4ピン(小)コネクタを持つ電源ケーブルでは,通常+5Vのラインには赤被覆のものが使用されていますが,PC-FD511FにおけるFD1158D用の電源ケーブルでは,+12Vのラインに赤被覆のものが使われています.


 なお通常の電源ケーブルでは,4ピン(大)コネクタのものと4ピン(小)コネクタのものとで,+5Vのライン(赤被覆)と+12Vのライン(黄被覆)は下の図に示す位置になっています.この図では4ピン(大)コネクタは幅の狭い側が上(約2mm×12mmの突起のある側が下)です.