PC-FD511Fの内部結線


ファイルスロット5インチFDDであるPC-FD511Fのカードエッジ基板は単なる配線板です.ここではFD1158Dの34ピンオスコネクタ−44ピンカードエッジオスコネクタ 間の結線について述べます.

PC-FD511Fのカードエッジ基板です.



カードエッジコネクタは基板の表裏で同じ位置に端子がついています.端子の幅はCバスボードのものなどより狭く,間隔は広くなっています.




34ピンオスコネクタにシルク印刷で番号が振られていますが,これはFD1158Dのピン番号と等しくなっています.

下図の2 4 6 8 10・・・のコネクタがFD1158Dと接続するフラットケーブルのコネクタです(上図も参照).
1 2 3 4・・・はカードエッジコネクタのピンです.ここでは表側を1−22,裏側を23−44と数えました.




以下,導通のあった 34ピンコネクタのピン−カードエッジコネクタ の組です.カードエッジコネクタの18, 27, 29, 30, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 40, 42, 44ピンはFD1158DのGNDピンに接続されていましたのでまとめてGNDと表記します.




+5Vはカードエッジコネクタの22, 23ピン,+12Vは同じく20, 25ピンです.カードエッジコネクタの19, 21, 24, 26ピンはNCです.