PC-FD511Fの内部結線


ファイルスロット5インチFDDであるPC-FD511F[内蔵されているFDDはFD1158D(注)]のカードエッジ基板は単なる配線板です.
 注:このFD1158DはPC-9801FA2などで使用されているFD1158Dと互換性があります.PC-FD1155Dで使用されているFD1158Dも同様です.


ここではFD1158Dの34ピンオスコネクタ−44ピンカードエッジオスコネクタ 間の結線について述べます.

カードエッジコネクタは基板の表裏で同じ位置に端子がついています.端子の幅はCバスボードのものなどより狭く,間隔は広くなっています.
 34ピンオスコネクタに番号が振られていますが,これはFD1158Dのピン番号と等しくなっています.


カードエッジコネクタは配線面を上にした状態でPC-FD511Fのフレームに取り付けるようになっています. このカードエッジコネクタは3ピン−5ピン/4ピン−6ピン間に切り込みのないタイプであり,コネクタの1番ピンの位置がはっきりしませんので,本記事ではこのコネクタのピン番号の振り方を,接続先であるファイルスロットバックボード上の44ピンカードエッジメスコネクタ脇にシルク印刷されたものに従いました.


以下,導通のあった FD1158Dの信号コネクタのピン − カードエッジコネクタのピン です.カードエッジコネクタの9, 10, 13, 15, 19, 21, 23, 25, 27, 29, 31, 35, 39, 43ピンは電源コネクタのGNDピンに接続されていますので,まとめてGNDと表記します.


+5Vはカードエッジコネクタの5, 6ピン,+12Vは同じく1, 2ピンです.カードエッジコネクタの3, 4, 7, 8ピンはNCです.
※本記事の旧版であるエマティなリサイクルの「研究発表会」の「ファイルスロットバックパネル」の記事では,+5Vと+12Vが逆に記述されていましたのでご注意下さい.

FD1158Dの信号コネクタのピン番号と44ピンカードエッジオスコネクタのピン番号の対応は,FD1158Dの34ピンオスコネクタのピン番号とファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタのピン番号の対応と若干異なります(ファイルスロットバックボードのFDDケーブルコネクタ−ファイルスロットFDDコネクタ間結線を参照).

4ピン(小)コネクタを持つ電源ケーブルでは,通常+5Vのラインには赤被覆のものが使用されていますが,PC-FD511FにおけるFD1158D用の電源ケーブルでは,+12Vのラインに赤被覆のものが使われています.


 なお通常の電源ケーブルでは,4ピン(大)コネクタのものと4ピン(小)コネクタのものとで,+5Vのライン(赤被覆)と+12Vのライン(黄被覆)は下の図に示す位置になっています.この図では4ピン(大)コネクタは幅の狭い側が上(約2mm×12mmの突起のある側が下)です.


----------------------------------------------------------------------------------------

下の画像は,出品者IDが Desire_98,オークションIDが e77302803 のヤフーオークションの出品物(2008年2月23日に落札)の説明に使用されていたものを加工(半分に縮小し画質を落としてjpgファイルに再変換)して引用したものですが,ここではPC-9801FA2のファイルスロットに,5インチベイに3.5インチ機器を取り付ける汎用マウンタ(注)と,FD1138D(PC-FD511Fで使用されているFD1158Dと同じくVFOを内蔵した3.5インチ2モードFDD)を使用して作製されたFDDユニットが取り付けられています.このFDDユニットは,機能的にはNEC製PC-9801-F04やLogitec製LFD-31Fと同等のものと,またI/F部分の配線はPC-FD511Fのものと同じと考えられます.
 注:このマウンタは汎用品ではあっても,小笠原陽介 (1998). あなたの愛機はまだまだ使える PC-98パワーアップ道場 ソフトバンク, pp.170-185.(4-6 PC-カードスロットアダプタ編) にもあるように,ファイルスロットに内蔵する場合には,若干製品を選ぶようです.またファイルスロットへのマウンタの固定方法も工夫する必要があります.


このFDDユニットではフロントベゼルのないFD1138Dが使用されていますが,フロントベゼルのあるFD1137Dなどを使用することも勿論可能です.


トップページ