PC-FD511Fの内部結線


ファイルスロット5インチFDDユニットであるPC-FD511F(注1・2)のカードエッジ基板は単なる配線板です.
 注1:内蔵されているFDDはFD1158Dで,PC-9801FA2などで使用されているFD1158Dと互換性があります.PC-FD511Dで使用されているFD1158Dも同様です.
 注2:PC-FD511Fに限らず,ファイルスロットFDDユニットでは2DDメディアの読み書きができないとの誤解が一部にあるようですが,下で示すように,内蔵されているFDDにはDensity信号ラインが接続されており,実際には2DDメディアを読み書きすることが可能です.この誤解は恐らく,"ファイルスロットFDDはPC本体からは外付けFDDとして扱われる" ということ(これ自体は事実です)が, "ファイルスロットFDDは増設形態以外は何から何まで外付けFDDと全く同じ" などと誤って理解されたためでしょう.但し(これは外付けFDDユニットの場合と同じですが)2DDメディアからのシステム起動はできません.2DDメディアからのシステム起動を可能にする方法については,640KB-1.2MBハードウェア切換ボードについて の ※2 と ※6 などを参照して下さい.


ここではFD1158Dの34ピンオスコネクタ-44ピンカードエッジオスコネクタ 間の結線について述べます.

カードエッジコネクタは基板の表裏で同じ位置に端子がついています.端子の幅はCバスボードのものなどより狭く,間隔は広くなっています(注1・2).


 注1:このカードエッジ基板を自作する場合には,不要なCバスボードのカードエッジ部分を切り出したものを材料にできます(注1.1).その場合,カードエッジ両面とも,22ピン分の端子が揃っているものが好都合です.また,古いPC/AT互換機用のISAバスボードの端子は,片面31本×両面のブロックと,片面18本×両面のブロックとに分かれていますが,端子の間隔はCバスボードのものと同じですので,前者のブロックを切り出したものも,このカードエッジ基板を自作する際の材料にできる可能性があります(Cバスボードの基板の厚さは1.6mm×0.2mmですが,これは恐らくISAバスボードでも同じでしょう).ただし端子が全部揃っているISAバスボードは種類が少ないとも聞きます.またパターンカットも必須でしょうし,端子の根元にスルーホルが付いていない場合には,端子の端にコードをハンダづけするなどして信号を引き出す必要があります.なおCバスボードには多層基板のものもあるようですが,ISAバスボードにもそういうものがあるかもしれません.そういったボードのカードエッジ部分の流用には注意が必要でしょう.
   注1.1:PC-FD511Fと同じくNEC製のファイルスロットFDDであるPC-FD321Fのカードエッジ基板の端子も同様の形状をしていますが,筆者が確認した限り,サードパーティー製のファイルスロットFDDのカードエッジ基板は,すべてCバスボードと同じ形状の端子を備えています.
 注2:アスキーテクライト(編) (1993). 改訂版 PC-9800シリーズ テクニカルデータブック HARDWARE編 アスキー によれば,Cバスボードでは,一つの端子の左端から隣の端子の左端までが2.54mm±0.05mmで,端子自体の幅(短辺)は1.75mm±0.05mmです.

34ピンオスコネクタに番号が振られていますが,これはFD1158Dのピン番号と等しくなっています.

カードエッジコネクタは配線面を上にした状態でPC-FD511Fのフレームに取り付けるようになっています. このカードエッジコネクタは3ピン-5ピン/4ピン-6ピン間に切り込みのないタイプであり,コネクタの1番ピンの位置がはっきりしませんので,本記事ではこのコネクタのピン番号の振り方を,接続先であるファイルスロットバックボード上の44ピンカードエッジメスコネクタ脇にシルク印刷されたものに従いました.


以下,導通のあった FD1158Dの信号コネクタのピン - カードエッジコネクタのピン です.カードエッジコネクタの9,10,13,15,19,21,23,25,27,29,31,35,39,43ピンは電源コネクタのGNDピンに接続されていますので,まとめてGNDと表記します.


+5Vはカードエッジコネクタの5,6ピン,+12Vは同じく1, 2ピンです.カードエッジコネクタの3,4,7,8ピンはNCです.
※本記事の旧版であるエマティなリサイクルの「研究発表会」の「ファイルスロットバックパネル」の記事では,+5Vと+12Vが逆に記述されていましたのでご注意下さい.+5Vと+12Vの端子の位置は,PC本体側のコネクタでも確認して下さい.

FD1158Dの信号コネクタのピン番号と44ピンカードエッジオスコネクタのピン番号の対応は,FD1158Dの34ピンオスコネクタのピン番号とファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタのピン番号の対応と若干異なります(ファイルスロットバックボードのFDDケーブルコネクタ-ファイルスロットFDDコネクタ間結線を参照).

4ピン(小)コネクタを持つ電源ケーブルでは,通常+5Vのラインには赤被覆のものが使用されていますが,PC-FD511FにおけるFD1158D用の電源ケーブルでは,+12Vのラインに赤被覆のものが使われています.


 なお通常の電源ケーブルでは,4ピン(大)コネクタのものと4ピン(小)コネクタのものとで,+5Vのライン(赤被覆)と+12Vのライン(黄被覆)は下の図に示す位置になっています.この図では4ピン(大)コネクタは幅の狭い側が上(約2mm×12mmの突起のある側が下)です.


----------------------------------------------------------------------------------------

下の画像は,ヤフーオークションで,出品者IDが Desire_98,オークションIDが e77302803 の出品物(2008年2月23日に落札)の説明に使用されていたものを加工(半分に縮小してjpg形式に再変換)して引用したものですが,ここではPC-9801FA2のファイルスロットに,5インチベイに3.5インチ機器を取り付ける汎用マウンタ(注1)と,FD1138D(PC-FD511Fで使用されているFD1158Dと同じくVFOを内蔵した3.5インチ2モードFDD)を使用して作製されたFDDユニットが取り付けられています.このFDDユニットは,機能的にはNEC製PC-9801-F04やLogitec製LFD-31Fと同等のものと,またI/F部分の配線はPC-FD511Fのものと同じと考えられます(注2).ネジ等によってカードエッジ部分をPC本体に固定する構造にはなっていないように見えます.カードエッジのピンには電源ピンも含まれるので,このことについては幾分不安がないわけでもありませんが,ファイルスロット内部のスペースの狭さもあって,通常の使用ではカードエッジがメスコネクタからひとりでに外れることもそうはないでしょう.
 注1:このマウンタは汎用品ではあっても,小笠原陽介 (1998). あなたの愛機はまだまだ使える PC-98パワーアップ道場 ソフトバンク, pp.170-185.(4-6 PC-カードスロットアダプタ編) にもあるように,ファイルスロットに内蔵する場合には,若干製品を選ぶようです.またファイルスロットへのマウンタの固定方法も工夫する必要があります.
 注2:1997-1999年の時点で,既にファイルスロット用FDDユニットを自作するのに必要な情報がWWW上で公開されています(此処は島知愛香のページです。 --> PC-9821As2/M2のファイルスロットに安くFDDを実装する。)なおこの記事の "3.5"で1.44MBの場合" の項については,ファイルスロットFDD接続用コネクタのピンアサインファイルスロットバックボードのFDDケーブルコネクタ-ファイルスロットFDDコネクタ間結線 も参照して下さい.


このFDDユニットではフロントベゼルのないFD1138Dが使用されていますが,フロントベゼルのあるFD1137Dなどを使用することも勿論可能です.またVFO回路を付加すれば,FD1138TやFD1231Tなどの3モードFDDを使用することもできるでしょう(直上の注2も参照).

ファイルスロットFDDを作成して増設しているのではなく,VFOなし異種FDD内蔵用ケーブル の "(3) FD1138T内蔵機種にFD1138TとFD1231Tとを内蔵させるためのケーブル" と同様のケーブルを用いてFDDを増設しているのかもしれませんが,ファイルスロット部分にFDDを増設した例の一つということでここに載せておきます.ヤフーオークションで,出品者IDが realamo6,オークションIDが b90691539 の出品物(2008年8月14日に落札)の説明に使用されていたものを加工(半分に縮小して切り出した後jpg形式に再変換)して引用します.


機種はPC-9821Ap2/U8Wで,ファイルスロット部分に増設された3.5インチFDDはFD1231Tではないかと思われます.FD1231Tを内蔵した機種のFDDパネル部分を切り抜いたものをファイルスロット開口部のパネルとし,何らかの方法(注)でこのパネルとFDDを固定しています.なおAp2のFDDパネル部分の下半分の長方形に切り抜かれたところにはMOドライブが増設されています.
 注:このパネル部分の四つの丸いものはネジの頭のようにも見えますので,5インチベイに3.5インチ機器を取り付ける汎用マウンタを利用する,ないし簡単な金具を作るなどして,パネルとFDDをネジで固定しているのかもしれません.あるいはファイルスロットのフレーム部分に大幅に手を入れて "ファイルベイ化" しているのかもしれません.これは大変な作業になります.またMOドライブが取り付けられている部分のフレーム[2台目のFD1138T(MOドライブより厚みがありません)増設用の部分フレーム]も,そのままではMOドライブを取り付けることはできませんので,この部分にも加工が施されているものと思われます.この加工も相当な労力を必要とします.なおこの時期のヤフーオークションでは,ファイルサイズの制限が厳しかったのでしょうか,商品説明画像は一般に画像サイズが小さく,JPGノイズも目立ち,あまり鮮明ではありません.上で引用した画像の元画像も例外ではなく,工作の細かな部分まで十分に読み取ることができません.


トップページ