PC-286L/LE/LF/LP専用FDD I/F


■EPSON製PC286LFDIF
PC286LFDIFはLスロットに装着するEPSON製の増設FDD I/Fであり,付属の専用ケーブルで外付け1MB FDDユニットを接続することが可能といいます.吉野敏也(監) 株式会社テクノメディア(編) (1993). EPSON PC システムガイド ――100万人EPSONユーザーのためのオフィシャル・データブック―― クリエイト・クルーズ では,PC-286L/LE/LF/LP専用のオプションとされています.同書では,Lスロットを持つ他の機種(Lスロットの信号 を参照)は,対応機種から明確に除外されています.

やや小さいものですが,下に画像を示します.ヤフーオークションで出品者IDが stakenaka2786,オークションIDが 165759798(2013年3月23日に落札)の出品物の説明に使用されていた画像から切り出して半分に縮小したもの(左上:未使用品のセット一式)と,ヤフーオークションで出品者IDが taka2727729,オークションIDが f116765228(2013年3月24日に落札)の出品物の説明に使用されていた画像から切り出したもの(右:I/Fボードと外付けFDD接続用専用ケーブル)および半分に縮小したもの[左下:PC-286LPに取り付けて,サードパーティー製の一般的な外付けFDDユニット(恐らくLogitec製LFD-51)を動作させている様子]を併置しjpg形式に再変換した画像を引用します.


PCの内部と接続するケーブル類は付属していません.また基板上にも,マザーボードと接続するケーブルや内蔵FDDケーブルを接続するコネクタはありません.Lスロットには,VFO関連のものを含めFDD信号は出ていませんが,一般的な外付けFDDを接続できるようです.なお外付けFDD接続ケーブルとして,ハーフピッチ(ピン数・形状不明)-フルピッチ50ピンの外付けFDD接続用ケーブルが付属しています.


■TSUKUMO製TS-5L286-02
TSUKUMO製のTS-5L286-02という製品で,Lスロットに装着し,専用外付けFDDを接続するものです.全く資料がありませんが,これもPC-286L/LE/LF/LP専用である可能性があります.下に画像を示します.上段にヤフーオークションで出品者IDが hbktj294,オークションIDが t661561245(2020年3月10日に落札)の出品物の説明に使用されていた画像から切り出して1/3に縮小し,コントラストとガンマ補正値を上げたものを併置しjpg形式に再変換した画像,下段にヤフーオークションで出品者IDが gzi6kne829,オークションIDが j458684613(2017年11月16日に落札)の出品物の説明に使用されていた画像から切り出してガンマ補正値を上げたもの(上),切り出し後80%に縮小したもの(左下),切り出し後半分に縮小したもの(右下)の三つを併置しjpg形式に再変換した画像をそれぞれ引用します.いずれもPC-286LEで使用されていたものといいます.なお下段の画像で,二段目のLスロットに装着されているものはFM音源ボードであり,TS-5L286-02とは関係ありません.



PC本体のLスロットメスコネクタに装着するカードエッジコネクタ部分(の少なくとも部品面)には端子がないことから,Lスロットの信号と電源を使用しないボードと思われます.基板の左上の34ピンフラットケーブルは,マザーボードのFDDケーブル接続用コネクタに接続するものでしょう.左下の34ピンオスコネクタは,基板上に3.5 INCH FDDの文字列があることから,内蔵FDDケーブルを接続するものと考えられます.また右のロック(mold clamp)付きの34ピンオスコネクタ(基板上に5 INCH FDDの文字があります)は,付属のフラットケーブルで専用外付けFDDユニットと接続されます.

上述の構造から,本I/Fは,PCのマザーボードに最大4台(内蔵2台,外付け最大2台)のFDDが接続されている状態を作り出し,そのうち2台を同時に使用できるようにするものと推測されます.PC-286L/LEの内蔵FDDはEPSON製SMD-400,LFの内蔵FDDはCANON製MD3521,またLPの内蔵FDDは不明ですが(CANON製MD3541あたりではないかと考えていますが,確かではありません),いずれもVFOを内蔵していないタイプと思われますので(少なくとも前二者は確実です),このI/Fに接続できる外付けFDDユニットは,VFOのない,あるいはVFOが無効にされているドライブが使用されている専用品と考えられます.付属の外付けFDDユニットのラベルを見ると,型番の TS-5L286 と VFO(VF0?) の箇所にチェックが入れられており,PC-286L/LE/LF/LP用にドライブのVFOが無効にされたものにように思えます.

基板右上のトグルスイッチSW1・SW2は,内蔵FDD(2台)と外付けFDD(最大2台)のうちから,同時に使用する2台のFDDを選択するためのものでしょう.またその左斜め下にスライドスイッチ(?)SW3があり,ここからSW1との間に2本のパターンが伸びているように見えます.基板上にはW-Sの文字列(実際には縦書き)がありますが,これが何を意味するものかは不明です.


トップページ