PC-9821Nb7・Nr13等の外付けFDDユニット内部結線


PC-9821Nb7・Nr13等では,FDDユニットを本体に内蔵させることも,添付の外付け用ケーブル(PC-9821NB-K01)を用いて外付けにすることもできます.ここではこの外付けケーブルにFDDユニットを接続した状態での,PC本体と接続する外付けケーブルのアンフェノールハーフピッチ26ピンオスコネクタとFDDユニット内部のFD1238Tと接続する26極フィルムケーブルオスコネクタ間での結線について述べます.FD1238Tのピンアサインもご参照下さい.

以下,PC本体と接続するアンフェノールハーフピッチ26ピンオスコネクタのピン番号 26極フィルムケーブル(オス)のピン番号 (信号名) の順です.FD1238T(調査は同等品のTEAC製FD-05HG 4688-Uを用いて行いました)に接続した状態での結果です.


FD1238Tの9ピンはHEAD LOADと一応考えていますが,これがGNDに接続された状態で動作するよう設計されているのでしょう(調査に使用したFD-05HG自体は,9ピンと15・17・19・21・23・25ピン間に導通がありませんでした.しかしFDDユニット内部のフィルムケーブルにおいて,FDDの9ピンへの信号ラインと15・17・19・21・23・25ピンへの信号ラインが合流していました).