PC-9821La10/La13のFDDユニットの
FD1238TをFD1138Tで代替


PC-9821La10用のFDDユニットである875542-001(ケースは灰色)とPC-9821La13用のFDDユニットである875542-002(ケースは黒)はケースの色が異なるだけで,内部でFD1238Tと接続するフィルムケーブルは同一です(従って両者は互換性があります).ここでは875542-001のFD1238Tの代わりにFD1138Tを接続する仕方について述べます.

875542-001のハーフピッチ26ピンメスコネクタにフィルムケーブルが接続されている部分にケーブルを半田付けしてFD1138Tを接続します.以下, 875542-001のアンフェノールハーフピッチ26ピンメスコネクタのピン番号 - FD1138T接続用コネクタのピン番号 の順です.


なお875542-001のケースはFD1238Tに合わせた大きさになっているため,より大きなFD1138Tとの換装を行うにはコネクタごと別なケースに移す必要があります.

テストに使用したケーブルが残っていましたので,画像を載せておきます.右側のオスコネクタは,故障して廃棄されたFDDのコネクタあたりを加工したものだろうと思います.右側のオスコネクタに内蔵FD1138Tが1台の機種のFDDケーブルの30ピンメスコネクタを接続します.


FD1138Tの代わりにFD1231TやVFOなし5インチFDD,またはPC/AT互換機用FDDを接続するケーブルを作成することもできます.(FDDの電源は別に用意する必要があります).FD1138TをFD1231TまたはVFOなし5インチFDDで代替PC/AT互換機用FDDのPC-98での使用(1) FDDケーブル作製+偽READY信号生成スイッチ取り付け編,およびPC/AT互換機用FDDのPC-98での使用(2) 制御基板改造編の記事を参考にして下さい.またFDDの信号レベルとターミネータの値の記事も参照して下さい.


トップページ