PC-9821La13の外付けFDDケーブルと
FDDユニット内部結線


PC-9821La13の外付けFDDユニット(875542-002)のケーブルの結線とFDDユニットの内部結線です.

以下, 外付けFDDケーブルの本体接続用スリム26ピンオスコネクタのピン番号  外付けFDDケーブルのFDDユニット接続用ハーフピッチ26ピンオスコネクタのピン番号(左右反転すればFDDユニットのハーフピッチ26ピンメスコネクタのピン番号)  FDDユニット内部のFD1238T(FD-05HG 4688-U)接続用26極フィルムケーブルのピン番号(FD1238Tの信号コネクタのピン番号)  (FD1238Tの信号名) の順です.

要するに各列の最初の2つの数字は外付けFDDケーブル両端のコネクタのピン番号で,3つ目の数字はFD1238Tのピン番号です.


【注】スリムコネクタの1・26ピンはフレキシブルケーブルの5ピンと導通がありません.FD1238T(調査に使用したのは互換品のFD-05HG 4688-U)の制御基板上に1・3・5ピン間の導通パターンがあります.

なお,875542-002とLa10用のFDDユニットである875542-001はケース(およびケーブル)の色が異なるだけで(前者は黒で後者は灰色),内部のフィルムケーブルは同一であることを実物で確認しています.

ケーブルを自作する場合,スリム26ピンコネクタとハーフピッチ26ピンコネクタには,新品(メーカーと型番は確認していません)を使用することもできますが,役目を終えた,あるいはジャンク品として売られている古いPC/AT互換機ノート用の外付けFDDユニットなどのものを(ケーブル込みで)再利用することもできます.筆者の手元にあるFDDユニットでは,IBM MPF72E-1[ASM P/N 05K8973, FRU P/N 05K8990(ThinkPad 240/310/560/701用)] や NEC Floppy Disk Drive MODEL 875542-006(PC-LM500J32D用)などがこれに該当します.いずれも以前ハードオフでジャンク品として\100−\300程度で購入したものです.


トップページ