MATE-AのI/Oポート04BEh


株式会社ウェブテクノロジ --> 会社概要 --> 沿革 --> 書籍・出版 --> UNDOCUMENTED 9801/9821 Vol.1 --> ※「UNDOCUMENTED 9801/9821 Vol.2 メモリ・I/Oポート編」は、 こちら で公開しております。--> io_fdd.txt で,3モードFDDのI/F制御のI/Oポートである04BEhに関する情報が公開されています.これの状態読み出し時のbit 4が1.44MB対応ドライブ識別フラグで,これが1であれば1.44MBアクセス可能,すなわちドライブ/モード指定時にbit 5・6で指定された内蔵FDDが3モード対応と判断され,またこれが0であれば1.44MBアクセス不可能,すなわち当該FDDが2モード対応と判断されます.

筆者がPC-9801BX4(FD1231Tを内蔵)でテストしたところ,本体起動時にマザーボードのFDDケーブルコネクタの360/300信号ピンがNCであればI/Oポート04BEhの値は1であり,GNDに接続されていれば04BEhの値は0でした.これらの値は本体起動後に360/300信号ピンの接続状態を変えても変化しませんでした.

ところがどるこむの [53468] PC-9821Ap3の、内蔵FDD I/Fへ5"接続時の設定 で,PC-9821Ap3/C8Wでは360/300信号ピンをGNDに接続しても内蔵FDDは3モードとして認識されるとの報告がありました.MATE-Aで追試したところ,元々の内蔵FDDが3モード対応のFD1138TであるAp/U2とAs3/U8Wでは,この報告の通り360/300信号ピンをGNDに接続してもI/Oポート04BEhのbit 4の値は1でした.一方Ap2/M2では,元々の内蔵FDDであるFD1158C(2モード)接続時の04BEhのbit 4の値は0でした.また同じFD1138T内蔵機種であるXs/U7Wでは,本体起動時に360/300信号ピンがNCであればI/Oポート04BEhのbit 4は1で,GNDに接続されていれば0でした.

要するに,MATE-Aのうち元々の内蔵FDDがFD1138T/FD1148Tの機種では,5インチFDDなどの2モードFDDを内蔵させた場合にファイルベイバックボード上のFDDケーブルコネクタの360/300信号ピンをGNDに接続しても,その2モードFDDは本体側では3モードFDDとして誤認識されてしまいます(Windowsのアイコンでも3.5インチFDDのものが誤表示されます).FDのフォーマットを行う場合には1.44MBメディアが選択できてしまいますので注意が必要です.なお同様の現象はPC-9821Ls12等の98ノートでもみられます(試運転さんより情報を頂きました).

ファイルベイアダプタであるPC-9821A3-E01に含まれる30ピン−34ピン変換ケーブルでは,バックボード側の360/300信号ピンが内蔵FDDに接続されていません.このためファイルベイアダプタを装着したAp3/M2とAs3/M2では,内蔵FD1158Cが3モードFDDとして誤認識(NECの立場では「仕様」ということなのでしょうが)されてしまいます.手元に保存してあったPC-98関連掲示板のログを調べると,この現象は既にえーめいたーず掲示板やスピたま掲示板等でも報告されていました.