FD1231Tの分解方法


FD1231Tの分解方法は基本的にFD1138Tなどと同じです.


FD1231Tの制御基板は外さないで下さい(基板を固定しているネジを緩めるだけでも危険です).制御基板上にTRACK 00検出用のフォトカプラが取り付けられているため,基板の位置がズレるとメディアの読み書きができなくなってしまいます(HAMLIN's PAGE --> してはならないことをするとどうなるか:失敗事例集です。 を参照).
 ※α DATA製外付け5インチFDDで使用されているY-E DATA製のドライブでもTRACK 00検出用フォトカプラが制御基板上に設置されています[なにもしない研究所@牛乳は毒物か人体実験中電コン交換:AD-F51SR(2013年4月6日の記事)を参照].

基板を外してしまった場合の対処法です:[39763] FDDの調整?について
※しかし一方でPC-9821/9801スレッド Part80の793番の投稿のような問題もあるようです.