FD1158C・FD1158Dの分解と修理


FD1158C・FD1158Dの故障には大きく二つのタイプがあります.
一つはイジェクトボタンがはまっている金具の変形,ならびにこの金具に接続されている巻きばねの破断です.前者はメディアが挿入されていない状態でイジェクトボタンが強く押されると間単に生じるといいます.


全体的に華奢な造りで,金具も薄いものが使われており,壊れやすい構造になっていることがわかります.このタイプの故障の場合には修理は困難でしょう.薄いとはいっても鉄製の金具をきちんと元通りに整形し直すのは素人には至難ですし,力が加わる部品なので,一度変形したものを曲げ直すと強度の面でも不安が残ります.

もう一つは電解コンデンサの劣化によるメディアの読み書きの障害です.ここではこのタイプの故障への対応,すなわち電解コンデンサの交換について述べます.

手順は以下の通りです.FD1138T・FD1148T・FD1138C・FD1138Dの修理 も参照して下さい.四級塩電解液の特性上,この電解コンデンサ(四級塩電解コンデンサ)の液漏れは必発であり,かつ漏れ出した電解液は導電性を有するとともに基板を腐食する(それにより導電パターンが断たれたり,逆に絶縁部分が導電性を帯びる)ため,現在は不具合が認められない場合でも,予防的にコンデンサ交換作業を行っておくべきです.

(1) まずFDDの後ろ半分を覆っている蓋状の薄いアルミ板を外します.このアルミ板は,FDDのコネクタ側が2箇所ネジ留めされ,メディア挿入口側の突起がFD本体のツメに引っかけられています.なおファイルスロットFDDであるPC-FD511Fに使用されているFD1158Dなどにはこのアルミ板はついていません.

(2) 次いで下図の矢印の先のケーブル類をラジオペンチなどで外します.上の3つはFDDの右側に,下の1つは左側にあります.下のフィルムケーブルは2本あります.


(3) FDDを裏返しにして基板を留めている3本のネジを外し,基板を厚手の本の上などに裏返しに置きます.

(4) 下図右パネルの4つの黒い電解コンデンサを外します.上のものから順に,10V-10μF,6.3V-47μF,16V-22μF,16V-22μF でした.液漏れしていればしかるべき処置を行いますが(FD1138T・FD1148T・FD1138C・FD1138Dの修理 を参照),目視で液漏れの痕跡が認められなくても,無水アルコールを用いて電解コンデンサ付近の基板を洗浄するべきでしょう.なお10V-10μFのものはFD1158Dにはありますが,FD1158Cにはありません.


(5) 電解コンデンサを新しいものと交換します(上図左パネルを参照).この例では耐圧が16V以上のものを使っています.コンデンサの取り付け時には極性と倒す方向に注意します.倒す方向が悪いと,基板を戻した時にコンデンサがFDDの金属部分と干渉します.

(6) 基板を戻し,ケーブルをはめ直して,蓋状のアルミ板も取り付け直して動作を確認します.


※tshさんより以下の情報をいただきました(文章を改変してあります).

・ロットによっては制御基板のパターンが異なり,使用されている電解コンデンサが違うことがある.具体的には,右下の空きパターンの部分に表面実装型の電解コンデンサが取り付けられていたものがあった.
・FD1158Dでは,10V-10μFの電解コンデンサ(VFO関係で実装されているらしい)のある場所は方向によらず余裕がなく,千石で売っている小型品の16V-10μFの電解コンデンサがギリギリ取り付けられるかどうかであった.他の場所でも余裕があるとは言いがたいのは事実で,いずれも耐圧が2ランク大きくなると取り付けられない可能性がある.
・電解コンデンサの交換作業をする場合には,スピンモーター(フライホイール)へのケーブルを一度はずしたほうが作業がしやすいかもしれない.
・FD1158C/Dが壊れやすいといわれた原因の一つは,メディアの挿入・イジェクトを1つの巻きバネで行っていることにあるようである.当該する巻きバネは,イジェクトレバーからまっすぐにたどったところにあるもので,このバネが破断するとメディアの挿入・ヘッドロード・イジェクトのすべてに影響が出る.