FD1139C・FD1139Tについて


PC-9801NC/NS/E/NS/T/USの3.5インチ2モードFDDであるFD1139Cと,PC-9801NX/C/NS/R/NS/A,PC-9821Ne/Ne2/Nd/Np/Nf/Na9等用の3.5インチ3モードFDDであるFD1139Tについての考察です.

FD1139CとFD1139Tには以下の特徴があります.

・分解の仕方は基本的にFD1138Tなどと同じ.
・基板上に電解コンデンサが2個ある(ともに10V-10μF).
  ※分解方法と制御基板上の電解コンデンサの交換については,FD1139C・FD1139Tの分解と修理をご覧下さい.


・フィルムケーブルはともに26ピンで,片面しかパタンが露出していないが,FDD側のメスコネクタが上下にピンを持っている(上下のピン間には導通がある)ため,上向き下向きどちらでも挿せるようになっており危険である(逆刺しするとFDD・ケーブルとも破損する).下はFDD側のメスコネクタのピン番号(FD1238Tのものと左右が逆なので注意.テスターでGNDピンの位置を確認することを強く推奨).


・両者は基板がよく似ている.
 ※実際,FD1139TはFD1139C相当品に改造することが可能(2モードFDDの3モード化改造 を参照).
・両者の+5VピンとGNDピンはそれぞれ下記の通り:
   FD1139C --> 1・3・5 = +5V/13・15・17・19・21・23・25 = GND
   FD1139T --> 1・3・5 = +5V/15・17・19・21・23・25 = GND
・両者ともにDX設定ピンがない.USでは1台目のFD1139Cと1台目のFD1139Cをそのまま交換してもFDDの動作に問題はない.
  --> USのFDDバックボードであるG8LRE上のFDDケーブルコネクタでは,2個のコネクタ間で4ピンと7ピンのみが導通がない(G8LREは2つのFDDケーブルコネクタを持ち,その各々が別々のFD1139Cと接続).
  --> 1台目のFD1139Cの信号コネクタの4ピンはG8LREとマザーボードとの接続用100ピンコネクタのA04ピン,また2台目のFD1139Cの信号コネクタの4ピンは同じくA05ピンと導通がある.一方両FDDの信号コネクタともに7ピンは100ピンコネクタのどのピンとも導通がない.


以上の事実から次の推測を行いました.

(1) FD1139CはFD1138Cを,FD1139Tは(FD1238Tと同じく)FD1138Tをそれぞれ小型化したFDDではないか.型番もそれを思わせる.
(2) とすれば,+5VピンとGNDピンの位置からみて,FD1139CはFD1138Cと,またFD1139TはFD1138Tと,信号コネクタのピンアサインがDrive Select (DS) を除き同一ではないか.
  ※FD1138Tの信号コネクタのピンアサインは,HAMLIN's PAGE --> FDD関係 --> FDD_6 2台接続用ケーブル回路図 26PIN_FDD用 PC-9801BX2/U2標準接続回路図 を参照.
(3) FD1139C・FD1139TともDX設定ピンがないこと,また4ピンへの結線の状況から,4ピンに入力されるDS信号の種類により当該FDDのドライブ番号が決まるのではないか.


これらの推測の妥当性を検証するため,26極フィルムケーブルを26ピンフラットケーブルに変換し,上記の2種類のFDDのそれぞれを1台目のFDDとしてPC-9801BX2に接続し(2台目のFDDは接続しませんでした),FDD動作テストを行いました.

結果,FD1139Cは2モードで,FD1139Tは3モードで問題なく動作しましたので,上記の推測は妥当と判断しました.なおFD1139Cでは13ピンへのラインを切断してもしなくても挙動に変化はありませんでした.FD1238Tのピンアサインの記事もご覧下さい.
 ※PC/AT互換機用のFD1139Hでは,9ピンと11ピンがNC(FD1139TではそれぞれHead LoadとDensity),13ピンがGND(同360/300)となっています(サイトウサイト --> ピンアサインとか を参照).


トップページ