FD1138Tと26ピンFD1148Tの違い


本記事におけるFD138Tは,PC-9821Ap/U2などで採用されている一般的なFD1138Tを指します.
 NEC製の3.5インチ外付けFDDであるPC-FD322で使用されている,制御基板がG8MXEのFD1138Tは,外見は一般的なFD1138Tとよく似てはいるものの,信号は互換性がありません.この "特殊FD1138T" には2HD/2DDの判別孔を検出するマイクロスイッチがついており,また一般的なFD1138Tと一部の信号が異なっています.また一般的なFD1138TをPC-FD322のVFO基板に接続して通電するとFDDが焼損します(これらの情報はなおPさんからいただきました).
 この "特殊FD1138T" は,アイドルジャパン製3.5インチ外付けFDDであるID-35WEで使用されているFD1138Tと同じもの(あるいは同種のもの)かもしれません.後者では,基板裏の紙シールには G8MXE 134-838113 950411G とあり,基板裏のシルク印刷は 134-838113-1-2 となっており,またトップカバーのシールには P/N 134-506026-013-0 1995. 5 とあります.イジェクトボタンは小判型ですが,縁が丸くなっていて,下(または上)から見た形も一般的なFD1138Tのものと異なっています.

またFD1148TにはFD1231Tと互換性のある34ピンコネクタのものもありますが,本記事におけるFD1148Tは,一般的なFD1138Tと互換性のある26ピンコネクタのものを指します.


■互換性
FD1138TとFD1148Tは互換性があり,相互に入れ替えおよび混在使用が可能です.

■長さ
FD1138TよりもFD1148Tの方がやや長いですが,側面のネジ穴の位置を合わせると前面が揃いますので,使用上問題とはなりません.


どちらのFDDもネジ穴に若干の遊びがありますが,これを利用してできるだけ前の方に取り付けるようにします.

■天板のツメと留めネジの有無
FD1138Tは天板の側面にツメがあり,これがFDD本体の穴にわずかにはまって固定されています.天板を外す際にこのツメがFDDの内側に折れて穴に引っかかってしまった場合,FDDの前後の隙間から精密ドライバなどを差し入れて爪を押し出します.押し出しすぎると爪がFDDの外側に大きく飛び出すように曲がりますが,これを下手に曲げ直すと(特に何度も曲げ直すと)金属疲労でツメが折れる場合があります.
FD1148Tは逆に天板側に穴があり,これがFDD本体の出っ張りにはまって固定されています.また天板上面に固定用のネジがあります.


どちらのFDDも天板は薄いアルミ板でできており,変形しやすく,また傷が付きやすいので注意が必要です.

■フラップのバネのかけ方
FD1138TとFD1148Tではフラップのバネの形状が異なります. FD1138Tでは側面前方の小さな穴にバネの一端をからめます.フラップを外す際には,このバネのかかり方をよく確認しておいて下さい.またFD1148Tでは,FDD側面前方の,FDDの内側に向いた突起にバネの一方を引っかけます. いずれのFDDでも,フラップを外す際にはバネを飛ばしたり,バネの端を指に刺さないよう注意して下さい.


フラップ左端の,バネをはめる長い突起は元々折れやすく,経年劣化が進んでいる個体が多いであろう今日ではますます折れやすくなっているため,フラップを外す,あるいは再びはめる際には十分注意して下さい.また天板を戻す際にFDDの前の方に下手に力をかけると,この突起が折れることがありますので注意して下さい.


■3本ケーブル
FD1138Tの前期ロットではこのケーブルには被覆コードが使用されていますが,FD1138Tの後期ロットおよびFD1148Tではフィルムケーブル状のものに替わっています.


■高さと前面の突起
FD1148Tの方が高さがあり,またより厚い金属板が使用されています.これらの違いはわずかなもので,互換性について通常問題となることはありません.しかしファイルスロットFDDであるPC-FD321Fでは,フロントパネルがFD1138Tに合わせて形成されており,フロントパネル裏面の突起がFD1148Tの前面の突起とわずかに干渉するため,PC-FD321FのFD1138TをFD1148Tに交換する場合には,PC-FD321Fのフロントパネルを加工する必要があります.