ファイルスロットバックボードのFDDケーブルコネクタ
−ファイルスロットFDDコネクタ間結線


PC-9821Ap/U2とAp3/U2のファイルスロットバックボードのFDDケーブル接続用30ピンオスコネクタ,ファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタ,PC-FD511F内部のFD1158Dの34ピンオスコネクタの三者間での結線の状態です.

FDDケーブル接続用30ピンオスコネクタの隣にシルク印刷されたピン番号の振り方はコネクタの種類とピン番号のものと等しくなっています.

またファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタは3ピン−5ピン/4ピン−6ピン間に仕切がないタイプであり,コネクタの1番ピンの位置がはっきりしませんので,本記事ではこのコネクタのピン番号の振り方をコネクタ脇にシルク印刷されたものに従いました.

以下,(信号名) FD1158Dの34ピンオスコネクタのピン番号 - ファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタのピン番号 - ファイルスロットバックボードのFDDケーブル接続用30ピンオスコネクタのピン番号 (信号名) の順です.



FD1158Dの34ピンオスコネクタのピン番号とファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタのピン番号の対応は,FD1158Dの信号コネクタのピン番号と44ピンカードエッジオスコネクタのピン番号の対応と若干異なります(PC-FD511Fの内部結線を参照).

CoralテクニカルシリーズNo.7 PC-9800データブック1 ――メモリカード・拡張カードスロット・ファイルスロット編―― コーラル(1992年刊) によれば,ファイルスロットFDD接続用44ピンカードエッジメスコネクタの9ピンはFDIN30といい(ファイルスロットFDD接続用コネクタのピンアサイン を参照),これがLOWの場合にファイルスロットFDDの実装が検出されます.このピンはファイルスロットFDD側でGNDに接続されています(PC-FD511Fの内部結線 を参照).