98ノート・エプソン98互換ノートの
110ピン拡張バス用FDDケーブル


98ノートとエプソン98互換ノート,およびPC-9821Esの110ピン拡張バスに外付けFDDを接続するためのケーブル(NEC純正品はPC-9801N-15,エプソン純正品はPCNZFCB3)の結線状態です.PC-9801N-15と思われるケーブルと,東京Needs製のNCF-98N,およびELECOM製のCFD-98N07について調べたものです(後二者では,ケースのラベルまたは台紙裏に結線図が記載されていました).

110ピンオスコネクタのピン番号の振り方はコネクタの種類とピン番号 の記事の アンフェノール50ピンオスコネクタ のものと同様とします.
 以下,左から (50ピンオスコネクタの各端子の信号名)_50ピンオスコネクタの端子番号----110ピンオスコネクタの端子番号_(110ピンオスコネクタの各端子の信号名) の順です.アナログRGB出力関連の信号はエプソン98互換機の100ピン拡張バスコネクタ独自のものであり,98ノートとPC-9821Esのものにはありません.なお両コネクタの枠どうしも導通があります.

110ピンコネクタの端子全体の信号については 110ピン拡張バスの信号を参照して下さい.なおこの記事ではコネクタのピン番号の振り方が本記事のものと異なりますのでご注意下さい.


※外部ディスプレイ接続用コネクタ(ミニDIN10ピンメス)を備えているPC-486NOTE AS・AU・AV・AT,PC-586NOTE ATではアナログRGB信号が出力されていないとの情報がありますが,一方で,どるこむの過去ログ,SCSI HDDを繋げたい PC−486 NS2 には,エプソン総合カタログの1993年8月版に,PC-486NOTE ASでは110ピン拡張バスにRGB出力を含むとの記述があるとの情報があります.


トップページ