PCPKB4とPCKBZM31の外観


PC-486HA/HX/HG専用の独自仕様PCIグラフィックアクセラレータボードPCPKB4(PCI専用拡張ビデオボードW)とその増設VRAMユニットPCKBZM31(増設ビデオメモリ・3MB),およびセカンドキャッシュ(PCSCIAと思われるもの)の画像です.サードパーティーからこれらの同等品は出ていません.これらはウェブ上には鮮明な画像がないようですので,入手の際の参考となるよう下に画像を示します.

■PCPKB4(PCI専用拡張ビデオボードIV)
PC-486HA/HX/HG専用PCI GA.ビデオチップはS3社製86C928で,VRAMは1MB(MT42C8254DJ-7が4個).PCKBZM11の増設によりVRAMを合計2MBに,またPCKBZM31の増設によりVRAMを合計4MBにできる.
PC-486HX2GW/HX3JW/HG2GWでは標準装備(EPSON PC`s HOMEPAGE in JAPAN --> PC-486HX/HG を参照).
ボード上に3本ジャンパスイッチ2個あり(J9, J10).スイッチの設定は PCPKB4(PCI専用拡張ビデオボードIV),PCSKB4(専用拡張ビデオボードIV),PCHKB4(拡張ビデオボードIV)(EPSON) を参照.
基板名 UNIT 201227600 1895VG Board.
下図左はPCKBZM31増設時のもので,右はこれを取り外した状態のもの.


まぁ、てきとうにのんびりと〜 --> 1月3日(月)「古いカタログの取り込み」(2011年1月3日の記事)の "古いカタログ一覧" --> エプソンPC総合カタログ 1993.AUGUST には基板上に実装されている部品が若干異なったボードの画像が掲載されている(なぜかPCIコネクタの形状も異なっているように見える).なお筆者所有の上の画像のボードでは基板上にPCPKB4のシルク印刷はない.筆者所有のものはPC-486HXから抜いたものだったと記憶しているので,PC-486HX2GW/HX3JW/HG2GWの出荷時にPC本体に装着されていたもの(製品版PCPKB4の"相当品"?)なのかもしれない(注).
  注:EPSON 98互換機 Part4 の522番の投稿によると,製品版のPCPKB4でも基板上に多数のジャンパ線が配線されていたという.
・PC-486HA/HX/HG専用独自仕様PCI GAには他にPCPKB5があり(ビデオチップはS3社製Vision964でVRAMは2MB.PCKBZM21(2MB)の増設によりVRAMの合計を4MBにできる),これはPC-486HA3JWに標準装備されている.PCPKB5の画像は,Yahoo!ブログ "ぽけっとの玩具箱" のEPSON PCPKB5(2011年5月20日の記事) を参照.
・PCPKB4,PCPKB5とも,PC本体とグラフィックアクセラレータボードとを接続するケーブルはDサブ15ピン2列のオス−メスでストレート全結線(枠どうしも結線).

■PCKBZM31(増設ビデオメモリ・3MB)
PCPKB4,PCSKB4,PCHKB4用増設VRAMユニット.VRAMは3MB(MT42C8254DJ-7が12個).
スイッチの類はなし.
基板名 UNIT 201257100(3桁目の1はシール) 1895D2 Board.
 ※VRAMが1MBのPCKBZM11は 1895D1 Board.
下図は基板裏面(基板表面は上図左を参照).


■セカンドキャッシュ
PCSCIAあるいはその相当品と思われる(カタログでは128KB).PC-486HA/HX/HG専用. TOSHIBA TC55187T-20(144KBit)が8個載っている.
基板裏面に2本ジャンパスイッチ2個(J1,J2)と3本ジャンパスイッチ1個(J3)あり.各スイッチの意味は不明.HXかHGで使用されていたと思われる手元のものでは,J1とJ2がオープンで,J3が3-1間ショート(ジャンパポストの番号は231の順).
基板名 UNIT 201384800(201384800の部分はシール) 1895CA BOARD.
下図左は基板表面,右は裏面.



トップページ